« 今期初の魚群反応 | トップページ | 季節はずれの大雪 »

2006年4月15日 (土)

魚群探知機の反応は、やはり魚の群れ

本日北西の風3m/s・波の高さ1.5m天候はくもり。
昨日の記事で魚群探知機に反応がと、お伝えしましたが嬉しい事にやはり魚の群れが探知されていたのでした。

今年は、いつもの年にくらべ嬉しさが倍増します。
何故かと言うと、今年知床のわが町に流氷接岸が無かったのです。

流氷接岸の無い年には、魚が獲れないと地元の長老達が口を揃え漁解禁になる寸前まで言っており魚群探知機に魚影を発見した時には、明日巻き上げる網に魚がついてますようにと祈る気持ちでした。

Dscf0071

祈る気持ちで掴んだ網を巻き上げるとそこには、いつもの年と変わらない、もしくはそれ以上の魚(スケソウダラ)の群れが付いており、知床の漁師にもやっと遅い春の便りが届いたような気分に浸って居りました。

« 今期初の魚群反応 | トップページ | 季節はずれの大雪 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/1416018

この記事へのトラックバック一覧です: 魚群探知機の反応は、やはり魚の群れ:

« 今期初の魚群反応 | トップページ | 季節はずれの大雪 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ