« 蝦夷しか | トップページ | 出航前日の点検 »

2006年5月 5日 (金)

羅臼の海猿?

南東の風2m/s 波の高さ1.5m 天候は、くもり!

漁師の連休3日目、そろそろ沖が少し恋しくなるころ、ふらっと港へ、何を写そうかなぁ。。港を見回すと巡視船が見えた。今日は、これにします。

二隻は、羅臼に配属されてる巡視船で前が、巡視艇かわぎりといい、後ろが、砕氷船てしおという。



海難事故救助密漁などの取り締まりを主におこなう。
また、ロシアとの国境(規制ライン)の取り締まりも、この二隻の仕事だ。

これが、巡視艇PC210かわぎり。総トン数157トン、全長31m、全幅6.5m、速力30ノット以上!



こちらは、砕氷船PM-15てしお、総トン数500トン以上、全長約55m 幅約10m 速力15ノット



二隻は、何時もこのように並んで羅臼港に係船している。



巡視艇海上保安に興味のあるかたは、ここ羅臼で、6月の第三土曜と日曜に行なわれる知床開きというお祭りのときに、砕氷船てしお体験航海があり、知床の海に出てくれますので是非体験してみて下さい。



知床開きのほうも、時期が近づきましたらまた、お伝えしていきますね。

海上保安庁パーフェクトガイド―最新版 Book 海上保安庁パーフェクトガイド―最新版

販売元:学研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

海上保安庁特殊部隊SST Book 海上保安庁特殊部隊SST

著者:坂本 新一,小峯 隆生
販売元:並木書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 蝦夷しか | トップページ | 出航前日の点検 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。残念ながら今年は知床方面には出かけていません。去年のGWには訪れましたが、根北峠の雪に難儀したので今回ははずしました。羅臼は鮭児やうになどのおいしいものがとれてうらやましいです。6・7月頃に行きたいと思っています。

今年の知床は、まだでしたか例年にくらべ雪も多く観光客の皆さんを悩ませたかと思います。6・7月頃にまたこちらへのご予定が、御ありですか、もし、どちらの月でも良いお仕事でしたら魚がお好きな方には、6月の第3土曜日・日曜日がお薦めです。知床開きという羅臼の祭りがこのときあり、珍しい魚介類などもたいへんお安くなりますよ。

巡視船はかっこいいです。

ウミネコさん、コメントありがとう。
巡視船、かっこいいよね。今、配属されているのは、この2隻ですが、各地から応援部隊が来たり、演習などがあるときは、他所に配属されている巡視船が集まることもあるので、チャンスがあればまた載せますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/1682459

この記事へのトラックバック一覧です: 羅臼の海猿?:

« 蝦夷しか | トップページ | 出航前日の点検 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ