« ホッケの知らせが来た | トップページ | 早めの帰港 »

2006年5月30日 (火)

オシンコシンの滝

南西の風3m/s 波の高さ2m 天候は、雨!

Dscf0753 今日も、背中の痛みを我慢しての出航となる。安静にしていないと治りが遅いのは、医者じゃなくても解ってるが、休んでいても食っていけない。いつもの漁場まで、痛みを堪えて進む。漁のほうは、昨日に比べるとややダウン。全てのホッケ網を何とか巻き終えて、2本だけ仕掛けていたタラ網の1本を巻いて帰る。もう背中の限界だぁ。長い時間、船の操舵室に居て、同じ姿勢のままいることや、海上という事もあり、常にどちらかに船が揺れ、辛い。網の投網は、漁師言葉で、通称タックという、並んで一緒に投網していく方法がとられるので、勝手に網を投網して帰るわけにもいかず、投網時間が来るまで痛みを堪え待つ。

Dscf0191_2 前に載せた写真です。これが、通称、タック(タックマッチからきてると思う)という綺麗に並列に何艘かの船が並び網を投網していく。これにも訳があり、タックになり、船と船の間にある程度の間隔を保ちながら網をうっていくことにより、自分の網と他船の網が、同じ場所に入らないように工夫されている。話が、だいぶ反れましたが、そろそろオシンコシンの滝の話に移りますね。

Dscf0850 知床横断道路羅臼側から入り知床峠を越え、約15分、斜里町ウトロが見えてくる。ここは、全国的にも有名な観光地の一つです。先日、知床五湖へ行った帰りに、ちょっとウトロへよってきたのでここで、紹介しておきます。このままウトロの町まで下がり、そこからさらに、車で進むこと15分、約5㌔。日本の滝100選にも、選ばれているオシンコシンの滝が姿をあらわす。

Dscf0853 落差約60mのこの滝は、ほんとうに素晴らしく、滝のすぐ目の前まで、歩いて行け、そのしぶきが顔まで飛んでくる。

Dscf0855

Dscf0860

Dscf0861

岩盤にそって二つに別れ流れる滝を、正面から眺めることができる。

オシンコシンの滝、楽しんで貰えたでしょうか。何分こんな体ですので、良いコメントも浮かばず、写真だけの掲載ですが、あとは、想像を膨らませて、此処へ来た気分に慕ってみて下さい。すみません<(_ _)>

300ピース エゾカンゾウ咲く入り江-知床 25-080S 300ピース エゾカンゾウ咲く入り江-知床 25-080S

販売元:エポック社
発売日:2006/01/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ホッケの知らせが来た | トップページ | 早めの帰港 »

世界遺産」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

知床横断道路」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

たけしさん
今晩は。
明日の為にもう休んでいますかね。
肉離れ、随分辛い様ですね。
お大事にしてください。
私も27年、具合が悪くても、
這ってでも(チョツトオーバー)
仕事を休んだ事が無です。
責任があればある程、
身を酷使してしまいますよね。
それ異常拗らさない様に、
お大事にしてくださいね。
更新の記事に、余りにも辛そうだったので、
コメント入れます。
酒は炎症に悪いですよ(笑)
これから暫く凪るのではないですか?
凪てできるだけ負担のかからない様に、
祈っています。
大漁も!

釣ノリノリさん、心配掛けて申し訳ないです。怪我した当初よりは、痛みもだいぶ治まりましたが、船からの振動や高波からの振動が応えますね。この時期になると、釣ノリノリさんの言うように凪続きの日が増えるのでそれが唯一の救いです。酒の飲めないのは、痛みより辛いかも(^_^;)

あと2時間もすれば、
沖にでるのでしょうね
今晩はたけしさん
帰宅して今見ました
酒が飲めないのが辛いのは
心底わかります(笑)
17日に羅臼に行きますから
船に一升旨い酒を置いておきます
匿名で(笑)
それまでに治して下さいネ!
オイラからの全快祝いですね
今日の漁場は水温が又下がって
いたのでは?
NOAAの画像を見ると
先日より冷たい海水が
国後と知床の間に流れみ込んで
いるようでしたね
ところで
くさい鳥とは?何という鳥ですか?
明日で五月も終わりですね
釧路の異常人達は6月は遠征の月です
羅臼に行くときは晴れてくれると
いいですね・・
たけしさん推薦の日の出を
見れるのを期待しています。
18日は知円別から出ます。
ほんとうに携帯の電波は届かないのですか?


釣ノリノリさん、いつも有難う御座います。
酒飲めないのは、ほんとに辛いですね。釣ノリノリさんも、やっぱりわかってくれますか。17日の羅臼、楽しんでください。天気が良くなるといいですね。

>一升旨い酒を置いておきます

お気持ちだけで嬉しいです。ほんとに有難う。今年は、漁初めの頃から水温が例年より低く、それが原因で漁のほうにも影響がでることもありました。くさい鳥ですが、これは、水凪鳥の一種ではと思います。鳥専門家じゃないので、詳しくは解からないです。

知円別からの出航ですか、携帯は知円別出航後、少しの間は、つながると思います。漁場は、知床の先という瀬のある場所だと思いますが、ここは、携帯はつながらないと思います。知床半島のもっとも最先端での釣り場まで行くと携帯のアンテナが有りませんからね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/1999424

この記事へのトラックバック一覧です: オシンコシンの滝:

« ホッケの知らせが来た | トップページ | 早めの帰港 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ