« 海上からの景色 | トップページ | 神秘の湖 知床五湖 »

2006年5月20日 (土)

帰らないオジロ鷲

北西の風6m/s 波の高さ1.5m 天候 雨のち晴れ!

Dscf0738 夜中の真っ暗闇の海上を、SW(南西)に針路をとり、ホッケ網の漁場へ一直線に向う。前にホッケ網を最後に巻いて帰ると書きましたが、これからは、朝一(漁師は、夜中でも最初の作業を朝一といいます。)からホッケ網を、殆どの船が巻きます。これには、また、訳があります。今は、殆どの船がホッケ網専門に変わり、タラ網をやめたので朝一からホッケ網を巻きます。前回、最後に巻いて鮮度を保つと云いましたが、あくまでこれは、タラ網とホッケ網を兼用でやっている頃のことで、ホッケ専業になった今は、朝一からホッケ網を巻きます。ホッケの鮮度を保つ為の準備にも万全を尽くしてます。船の底は、ハッチという格納庫が有り、そこは、外気より温度が低く、沖で素早くはずされたホッケを港に帰るまで、入れて鮮度を保ちます。

Dscf0666 これが、船のハッチ(ダンブルともいう)です。ここから、空箱を出し、網から、はずれたホッケを詰め、空箱の変わりにホッケの詰まった箱をハッチの中に積み、外気や日差しから、ホッケを守ります。

この作業の繰り返しで、今日は、6本のホッケ網を巻き終えて港に帰る予定です。

Dscf0766 午前8時30分、港へ帰る。帰り航海中もホッケはずしの作業が続く。漁場から離れて20分、が大分近くなってきた。あともう少しです。

漁場から離れ、約35分港に着く。港に帰り何時ものようにホッケを選別し終わり、市場に運ぼうとしていた時に、若い衆たちが、何かを指差して騒いでいる。その方向を見るとそこには、季節外れのオジロ鷲がいた。

Dscf0789 警戒心が、強く、あまりそばまで寄れず、申し訳ないですが、間違いなくカラスの横に居るのはオジロ鷲です。

Dscf0791 専門家では無いので、はっきりした事は、解りませんが、この時期のオジロ鷲は、珍しいです。冬場遠くシベリアか何処かから越冬の為に渡ってきて知床で餌をとり過ごし春先には、また帰って行くものだと思っていたので、俺もこの時期に見るのは、初めてです。

Dscf0785 聞くところによると、知床半島に永住して北に帰ることを辞めたオジロ鷲の群れが居るという話です。

Dscf0787 カモメに混じって一羽オジロ鷲が、飛んでるのが解かるでしょうか。このように知床オジロ鷲が永住することが、学者が言うように、はたして、自然的に良い事なのか悪い事なのか、また、生態系を狂わすのか俺には、解かりません。オジロ鷲からしたら、大きなお世話だと思う人間のほうが、よっぽど悪い、何かの資源を見つけたり、に成りそうな物があれば、何処でも住み、自然も生態系も平気で狂わす。

Book 真白い炎―生命たちの知床半島

著者:岡田 昇
販売元:情報センター出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知床の森に巨鳥オジロワシが舞う/石井英二 DVD 知床の森に巨鳥オジロワシが舞う/石井英二

販売元:BMG JAPAN
発売日:2005/12/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

IWOR―知床・生命の聖域 Book IWOR―知床・生命の聖域

著者:後藤 昌美
販売元:山と溪谷社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 海上からの景色 | トップページ | 神秘の湖 知床五湖 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

観光ポスターなどだと、オジロワシというと流氷がセットの写真などが多いですよね。
確かに、この時期にオジロワシというのはあまり季節ハズレのような気がします。
オジロワシが飛んでいる所には、魚がたくさんいたりするようなことはないのでしょうか!?

みわひめこさん、今晩は。
オジロ鷲ですが、俺は、専門家じゃないので詳しい事は解かりませんが、確かにここ数年この時期というか、一年中知床のどこか深い山の中に巣を作り、永住しているオジロ鷲がいるようです。元は、みわひめこさんの言うように流氷とセットが俺の記憶にも焼きついています。また、オジロ鷲の飛んでいる所に魚がいたりするのかという質問ですが、俺の知る限り、知床に越冬して来るオジロ鷲は、自分で生きた獲物をあまり獲らないようです。漁師の網から逃げた魚や他の動物が捕獲した獲物を横取りしたりする方が多く、結果てきに、自分で獲物の上を飛ぶというより、他の鳥類のそばから離れないで居るほうが多いです。どうしても餌にありつけない時は、自分で狩りをするんでしょうね。このように簡単に餌にありつける事が、オジロ鷲を知床に永住させたとも一説では、言われています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/1869631

この記事へのトラックバック一覧です: 帰らないオジロ鷲:

« 海上からの景色 | トップページ | 神秘の湖 知床五湖 »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ