« オシンコシンの滝 | トップページ | 沖止め »

2006年5月31日 (水)

早めの帰港

西南西の風3m/s 波の高さ1.5m 天候は、曇り!

いつもの漁場に、いつもの時間、いつもの網を巻き、いつもの魚!考えてみると、いつも同じ作業の繰り返し。これじゃぁネタに尽きるはず。今頃気付いても遅いですね(^_^;)

Dscf0648_1 朝一の網まで到着、早速巻き始める。先日、話した一番浅い水深に仕掛けたホッケ網です。ボンデンをつかみ、セ縄を巻き終え、いよいよ網がくる。

あれ!変だぞ。ホッケがいない。ここ何日か、くさい鳥もたくさん目撃され、海中は、餌となるプランクトンで、いっぱいのはず。魚探で調べると、そこには、エサダの反応も魚影も映らない。

Dscf0668 仲間の船と、共に次々と網を巻き上げるが、やはり結果は、同じ。今日は、惨敗です。ちなみに写真に写るこの前から二艘船長と俺は、殆どの網を一緒にタックでやっており、仲良いです。

丘では、良き友であり、俺より数年早く船長になった良き先輩でもあり、呑み友達といったところ。三人で相談した結果、今日は、早めに漁を切り上げて丘に帰ろうと言う事になり、早速、帰り支度に入る。他の漁師たちは、漁の無い時ほど、頑張って沖で沢山の網を巻き少しでも水揚げを、上げようとするのですが、俺や奴は、居ないものは幾ら巻いても一緒という主義、早々に決め帰る。どちらかと言うと俺も奴も、あと仲間数人は、漁師仲間の間では、わがままで通っているらしい。他の漁師や長老たちの目の上のタンコブといったところかなぁ。(^_^;)

Dscf0683 数隻での投網を終え、港へ帰る。殆どの船が、残り、結果の出ない網を巻くなか、仲間数隻と共に帰港。こんなこと書くと、怒られるかも知れないが、魚の居ないのは事実!やってられない。。

わがまま船団は、気にせず港を目指す。でも魚の居る時は、俺たち頑張りますよ。他の漁師が、仕事を終えてからも、まだかというくらい頑張る。これが、俺たちの仲間でやってきた昔からのやり方なので、気にしてない。皆も、また始まったかぐらいに思ってるから、こっちもやりやすい。背中も痛いし早く帰って寝ます。仲間達と酒が飲めないのがちょっとくやしい。

Dscf0862_1 Dscf0865 Dscf2454_1 そんな訳で、漁から帰って来た為、お伝えする内容に尽きたので、先日載せたオシンコシンの滝の写真がまだ残っていたので載せときますね。それと珍しい岩も載せときます。この岩、ガメラに似てるでしょう。オシンコシンの滝へ行く途中にあります。名前何というのか俺、知らないです。地元の人は、知ってると思うので今度行ったら聞いときますね。そのままガメラ岩だったりして(^_^;)

virtual trip 釧路・知床-frozen land-(ジャケットリニューアル) DVD virtual trip 釧路・知床-frozen land-(ジャケットリニューアル)

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2003/11/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« オシンコシンの滝 | トップページ | 沖止め »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

たけしさん、今晩は。
何気なく検索してみたら見つけちゃって・・・
私なんかコメントしちゃいけないって思ったけど黙って帰るのも失礼な気がして足跡残しますね。

あまり体調良くないようにお見受けしましたが大丈夫ですか?
若い衆もいるしのんびり家で休んで居る訳にはいかないようですが、くれぐれもお身体に気をつけて下さいね。

そうそう、私ね縞ホッケが大好き♪
パリパリに焼けた皮も香ばしくて美味しいよね。
今日は残念ながらホッケには出会えなかったようですが(^^ゞ

ちょっとだけのつもりが長々と・・・
もしご迷惑でしたらコメント削除しちゃってね(^_-)-☆

みちりんさん、お久しぶりです。

コメント有難う御座います。<(_ _)>
俺のブログ見つけてくれてありがとう。
いつでも気兼ねなく遊びに来てください。
Pでは、Pの顔。此処では、一漁師としての俺が、存在しています。

皆さんには、体のことでご心配かけてすみません。若い衆のことを考えると泣き言もいってられないです。皆、生活がありますから。

縞ホッケ好きですか、美味しいですよね。
ホッケの皮は、俺も大好きです。コメントくれる皆さん、ホッケが大好きと言ってくれるので、俺も励みになります。

残念な事に今のところホッケが少し知床の海に来るのが遅れているようです。しかも時化続き、今日も時化(海が荒れる)で沖止めになり、今、帰宅です。ブログを開き、みちりんさんのコメントを見つけたよ(^_^)v

迷惑だなんて、とんでもないです。いつでも気兼ねなく遊びに来て下さい。俺、そんなふうに見えます?思ったことは、率直に答えてしまい不器用ですが、みちりんさんのご迷惑でなければ、此処で楽しんで下され。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/2012457

この記事へのトラックバック一覧です: 早めの帰港:

« オシンコシンの滝 | トップページ | 沖止め »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ