« 漁場から見る空 | トップページ | 世界自然遺産 知床 »

2006年5月23日 (火)

早い帰港

南西の風10m/s 波の高さ3m 天候 雨のち曇り!

Dscf0916 前に瀬形の事を話したが、これが、魚探に映しだされた海の底です。すべての海底は、真っ平らでは無くこのように海底に起伏がある所がある。これを、瀬形と呼ぶ。

起伏の激しいこのような瀬形は、魚類の格好の棲み処となり、漁師には、格好の漁場となる。

Dscf0887 ここは[入り込み]という漁場。網には、ソイという魚が、掛かっていた。この魚は、主に刺身、煮付け、塩焼きが美味しい。

Dscf0938_1 網を巻き始めて3時間程たった頃、南西の方向から、強い風が吹いてくる。ホッケの掛かりも少なく風も出てきた為、仲間同士で今日の作業を早めに切り上げ帰港することにした。

Dscf0754 全船の帰港が沖で決まり、若い衆に作業の中止を伝えると、笑顔でVサイン。若い衆(従業員)は、喜びを隠せない。午前5時に決まった中止連絡、若い衆は、港に帰り、明日の網の仕度をすると今日の作業が終わりです。

Dscf0949 港に着くと今日も一羽のオジロ鷲が、出迎えをしてくれた。こいつ、此処に住みついたのかなぁ。。。?

漁師が書いた海の不思議と面白体験―たったひと息の世界にご案内 Book 漁師が書いた海の不思議と面白体験―たったひと息の世界にご案内

著者:土屋 満男
販売元:文芸社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Q&A 食べる魚の全疑問―魚屋さんもビックリその正体 Book Q&A 食べる魚の全疑問―魚屋さんもビックリその正体

著者:成瀬 宇平,高橋 素子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

漁師になろうよ―すてきな「海の男たち」の生き方 Book 漁師になろうよ―すてきな「海の男たち」の生き方

著者:垂見 健吾,吉村 喜彦
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 漁場から見る空 | トップページ | 世界自然遺産 知床 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

初めてお邪魔します。
釧路の釣りキチです。
去年初めて羅臼に船釣りに行き知床のホッケ釣りを堪能してきました。
漁場に行くまでの景色の綺麗な事、6月半ばなのにまだ雪が残っていていつもの釣りで、漁場まで2時間かかるといつも寝ているのに、羅臼では
ずーと景色を堪能していました。
ブログに映っている写真を見ますと、去年の釣行が浮かんできます。
これからも綺麗な写真や、知床の漁を発信お願いいたします。
6月第3,4日曜日に羅臼釣行を予定している
釣りバカでした。
またお邪魔いたしますので宜しくお願いいたします。

あにさん、コメント有難う御座います。
去年は、羅臼での船釣りを楽しんだご様子ですね。漁場まで2時間の現場ということは、知床の瀬ではと思います。俺の漁区域とは、少し離れますが、この方面の漁場には、釣好きには、堪らない魚が沢山釣れますよね。ソイ、メヌキ、ホッケ、キハダなどなど。今年も6月にご予定が有るとのこと、思い切り楽しんで来て下さいね。

たけし君こんばんは、脳天クラブのひちぁんだょ!お元気?人気者はお忙しいね~私初めてコメントしますがこんなで良いのかな?届くかな?大漁旗を作ってる所をテレビで放映された所観ましたが、大漁、大漁!頑張ってね。

つたない文章にコメントをお寄せ頂き、有り難う御座います(ぱらいそへの道)。

北海道は仕事と車、バイクでの渡道を含めると30回程になります。

地に足をつけて生活されている方々に(たけしさんも含めて)ご迷惑をかけているのではないか・・と、いつも意識してお邪魔しています。

たけしさんご紹介の熊の湯、3年程前に使わせて頂きました。地元の方(やはり漁師さんでしょうか)に比べ、小生はなまっちろい体でハズかしかったです(笑)。

夏は本業が忙しく、なかなか訪れる事が出来ません。オンシーズンは2回位かな?

食べ物も美味しい時期に行けないのは、相当残念です。

 現役漁師さんのブログは珍しいと思いますので、長く続けて下さい。

では、またネット上でお会いしましょう。

ひちゃんさん、お久しぶりです。
いつ遊びに来てくれるかとクビを長くして待ってました。脳天気クラブ宴会部長の俺も、嬉しいです。コメントは、これでOKですよ。
大漁旗を作ってる所をテレビで見たんですか。俺は見逃しました。ひちゃんさんが応援してくれるので大漁間違い無しだね(^_^)v

ぱらいそさん、先日は、お邪魔させて貰い楽しませてもらいました。有難う御座います。
北海道は、かなりの数訪れているんですね。この北の大地は、あまりに広く地元の俺も行ったことが無い所も沢山あります。ぱらいそさんの方が詳しいかも知れませんね。バイク乗りの、ぱらいそさん羨ましいです。俺もバイク大好きですが、ツーリングとかの暇が取れないので、ブログで楽しませて貰っています。現役漁師のブログ珍しいのかな?皆さんの励ましが、力になります。熊の湯の方にも機会があるようでしたら、また訪れて楽しんでいって下さい。

初めまして、
釣ノリノリさんのブログから、
訪ねてきました。
あに様も来ていたんですね。
知床の写真綺麗で、
すごいですね。
漁探の中層の反応は魚ですか?
アオゾイもすごいです。
また、遊びにきます。
宜しくお願いします。
m(__)m

マー坊さん、コメント有難うございます。
お恥ずかしいんですが、仕事で、腰を痛めてしまい、ブログ少しの間休業状態です。完治次第、更新していこうと思います。今回、魚群探知機に映ったのは、おそらく感度の上げすぎによる海の中の泡か何かだと思います。魚の場合は、魚種により色々な反応の形があり、今度暇をみて、ブログでも紹介しますね。また、遊びに来て下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/1907692

この記事へのトラックバック一覧です: 早い帰港:

« 漁場から見る空 | トップページ | 世界自然遺産 知床 »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ