« ハイテク機器が必要な現状 | トップページ | マッカウス洞窟のヒカリゴケ »

2006年5月 2日 (火)

知床横断道路の開通日が延期!

北の風10m/s 波の高さ4m 天候 雪!
今日も悪天候のなかの出漁となる、この時期の知床は、ほんとうに天候の変化が激しく、俺たち漁師に海が牙を剥く
先日の突風といい今日の高波といい4月~5月中頃までは、気が抜け無い日が続く。

この天候の影響もあり、本日開通の予定だった知床横断道路は、悪天候により開通が延期になる。
地方から訪れた観光客の皆さんも横断道路入り口から残念そうに戻っていた。



知床横断道路羅臼側入り口(ゲート)から入り、知床半島の裏側、ウトロに向う予定でいたのだろう。
可哀そうですが、こればかりは、気まぐれな知床の天候を恨むしかなさそうです。



横断道路の通る山々は、ご覧の通りの雪降り、事故防止のための、延期は仕方の無い事です。
羅臼に宿をとり横断道路が開く日まで待つか、帰路につくか観光客の皆さんも迷ってる様子が窺える。

ここまで来て知床横断道路に入れないで逆戻りとなった場合、何か足跡だけでもと、お考えの方は、是非先日もお伝えした熊の湯に浸かっていって下さい。



長旅の疲れが吹っ飛ぶ事間違いありません。
あとは、ゆっくり羅臼見物でもしてまたの機会に起しになるか、天候が回復するのを待って再度チャレンジして下さい。

観光観光してない漁業の町(羅臼)には、ウトロのような素晴らしいホテル土産売り場も少なく、それを求めての皆さんには物足りなさを感じさせるかも知れません。



沿岸漁業で生計を立てる我が町は、観光に、今一うとくて野放し状態というのが現状のようです。(反省点?)
中には、それがいいといってくれる方もおり毎年、羅臼を訪れてくれます。

観光地としては、ウトロに遅れをとる羅臼ですが、海の幸(魚介類)のことでしたら、何処にも負けないと思いますので目的が手付かずの自然または、魚介類という方には、知床半島・羅臼は、お薦めです。

最後になりましたが、横断道路が通行止めでも、どうしてもウトロが見てみたいという方も居られるかと、この場合、羅臼まで来た道程をまた戻り、約40㎞程行くと、根北峠というに入る道がありますので、そちらを通ってもウトロの町に行けます。

ウトロという所は、日本有数の観光地の一つであり、我が羅臼町とは、比べ物にならないほどの観光設備が揃っています。
景色も素晴らしく、此処からオホーツク海に沈む夕日は、感動の一言です。

1000ピース ウトロ灯台と観光船  1000-S10 Toy 1000ピース ウトロ灯台と観光船 1000-S10

販売元:エンスカイ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ハイテク機器が必要な現状 | トップページ | マッカウス洞窟のヒカリゴケ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

たけしさんへ
私は今の羅臼の雰囲気が好きですよ。はげしく羅臼ファンです。
実は前回羅臼にいって以来、頭の中が羅臼でいっぱいなんです。
こうしてブログを読ませていただくことで、羅臼の空気を思い出してひたってます。

☆りんごさん、こんばんは。

羅臼のファンとは、うれしいお言葉をありがとう。

>実は前回羅臼にいって以来、頭の中が羅臼でいっぱいなんです。

何が良かったんでしょうね、景色かな?

>こうしてブログを読ませていただくことで、羅臼の空気を思い出してひたってます。

こんなブログで思い出にひたれるのならいつでもお越しください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/1650628

この記事へのトラックバック一覧です: 知床横断道路の開通日が延期!:

» 羅臼岳 [世界の山々]
羅臼岳羅臼岳 (らうすだけ)は、北海道、知床半島にある火山群の主峰、標高1660m。古くはアイヌ語でチャチャヌプリ、また良牛岳と記されたこともある。流紋岩質〜安山岩質の溶岩による活動は成層火山を形成したものの、最終的に山頂付近は溶岩円頂丘を形成させている。約500年前まで火山活動を続けていた活火山で...... [続きを読む]

« ハイテク機器が必要な現状 | トップページ | マッカウス洞窟のヒカリゴケ »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ