« 視界不良です! | トップページ | 第45回知床開き »

2006年6月17日 (土)

俺のだぁ・ガルゥー!

南東の風 2m/s 波の高さ1.5m 天候 雨!

折からの前線の影響も抜けきれず、今日も朝から愚図ついた天気。

知床開き第一日目は残念ながら天候の回復が期待できないようです。

大降りじゃないけどジトジトと長雨、内地の梅雨ってこんな感じなんだろうか?

Dscf1625 今日は、せ縄について少し書きます。せ縄は海底に沈めた網と海上に浮かぶ、浮き玉を結ぶロープのことをいいます。

この、せ縄と呼ばれるロープをドラムと呼ばれる巻き上げ機を使い海底の網を船まで引き揚げます。

引き揚げるまでに、例えば水深150mの海でしたら余裕を少し加えて約160~170mの長さのせ縄を使う。巻き上げられたせ縄はこのように船の上に綺麗に輪にされ次の投網に備えておきます。

特殊な仕事の為、皆さんには専門用語ばかりで意味不明にさせては申し訳ないので簡単に載せときました。おもしろくない講座終了です(^_^;)

Dscf1635 今日の収穫の魚の種類です。先頭が、やなぎガレイ(羅臼ではナメッタとも呼ぶ)上が青ゾイその下が真ホッケその次が、スケソ(スケトウダラ)その前がどすイカそして一番下が真タラです。

これらの種類が今日の水揚げでした。と終了するはずでしたが、今日は、そうはイカの○○玉です。:イカさんから引用(^_^;)

Dscf1654 キンキです。メンメです。美味しそうです(^^♪

俺の漁場では珍しい、網ににかかりました。さっそく夕飯のオカズです。俺のです!誰にもあげない。若い衆がこっちを見てる。

一人が欲しがってる様子が窺える。こっちに向ってくる。。

(俺)「ガルゥー」とうなる、餌を独り占めしている野良犬の気分。」

(若い衆S)「俺、最近メンメ食べてないんだよなぁ~」とこちらを覗き込む。

(俺)「買って食えばぁ。。これは俺のだもね~」(船頭の特権と横暴さを惜しみなく使う)

(若い衆S)「あんたそれでも人間かぁ」と吠える。

(俺)「メンメの為なら人間やめます」と、うそぶく。。

(若い衆)「もういいよ、今度掛かったら俺にくれよ」

(俺)「約束するよ、こんどはおまえにあげる」もう掛かるかバ~カ。。でももし掛かったら・・・また横暴に人間やめてハイエナになっちゃお(^^♪

Dscf1658 こうして無事メンメは悪の魔の手逃れ無事俺の腹におさまるのでしたって俺が一番の悪の親玉でした。(^_^;)

でも美味しそうでしょう。この魚の前では、あなたもきっとショッカー顔負けの悪党になるかも、脂のってる。

「刺身にしよかなぁ、まてよ塩焼きかな、ん~煮付けも良いし」迷う

Dscf1412 今の俺の表情は、このカスベのようにニヤついているのでは(^_^;)

ではこれからメンメの試食に行って参りますので、皆さんには後日その感想などを嫌みったらしくお伝えしますね。

ウソです。味のご報告と訂正させて貰い、ブーイングが押し寄せるまえに今日のところは退散でござる<(_ _)>

素材辞典 Vol.144 鮨・刺身 ~和食のイメージ編 Software 素材辞典 Vol.144 鮨・刺身 ~和食のイメージ編

販売元:データクラフト
発売日:2004/08/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

創造素材 食(2) 和風料理 2(寿司・刺身・肉魚料理) Software 創造素材 食(2) 和風料理 2(寿司・刺身・肉魚料理)

販売元:イメージランド
発売日:2004/08/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おくぞの流簡単激早 ぴちぴちお魚おかず202 Book おくぞの流簡単激早 ぴちぴちお魚おかず202

著者:奥薗 寿子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 視界不良です! | トップページ | 第45回知床開き »

世界遺産」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

漁師」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ヤナギガレイ好きです。
拙宅では昔から略してヤナギと言ってます。
卵が美味しいですよね。
真ホッケをこちらで見かけることはありませんね。縞ホッケは良く見かけるし、店でも「縞」と書いてあることがありますけど、「真」と書いてあるものを見ていません。
流通しずらいものなのでしょうか。
北の魚は、とても魅力的ですね。

みわひめこさん、こんにちは。
そちらでもヤナギと言うんですね。魚は地域が変わると名前のほうもよく変わるので不安でした。このカレイも色々な調理法があって美味しいですよね(^_^)v

>真ホッケをこちらで見かけることはありませんね。

そうでしたか、ホッケの一番のブランドのことを真ホッケといいます。味は俺が太鼓判を押しますよ、このホッケの脂ののりは、他のホッケの比ではないです。
特に羅臼産は全国一との声もあり嬉しいかぎりです。

>流通しずらいものなのでしょうか。

「真」と書かないで、たんにホッケと書いて出されているか、羅臼産ホッケで出しているところもあるかも知れませんね。
流通には問題ないと思われます。数量の少ない魚では無いので、値段が縞ホッケなどより少し高めなので各魚屋さんの経営方針で入れるのではと思います。

>北の魚は、とても魅力的ですね。

有難う御座います。皆さんのそのお言葉が、いつも明日の漁への励みになります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/2261416

この記事へのトラックバック一覧です: 俺のだぁ・ガルゥー!:

« 視界不良です! | トップページ | 第45回知床開き »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ