« 春漁の切り揚げ | トップページ | 知床の春 »

2006年6月29日 (木)

上架場

南の風3m/s 波の高さ1m 天候は晴れのち雨、霧!

4月から始まった春漁を昨日で切揚げ今日は船を上架場という所へ運び7月~9月まで預かって貰います。午前8時上架場のある港へ向け出航する。

Dscf2117

沖での作業が昨日で終わったので船にかけていたテントは外しました。今日も生憎の、上架場まで慎重に操船となる。

Dscf2134

港を出て約20分後、上架場のある港に到着、港の中で順番待ちの待機をすること15分、俺の番です。

Dscf2131

前にあるこの物体を船台といいこれが海の中まで降りてきてこの真上に俺が船を乗せてOKが出るとそのまま巻き上げて貰います。

Dscf2133

船台が水中に入っていく様子です。

Dscf2141

船台に無事乗り終わるとこうしてワイヤーのかかった船巻きという機械で巻いて貰う。

Dscf2142

俺より先に巻き上げられた船の隣まで運ばれこのように並べられる。

Dscf2145

普段お見せ出来ない船の船底(底)です。普段は海に浮かんでるので此処は見せれませんね(^_^)v

Dscf2149

巻き上げ作業も順調に進みいよいよ3ヶ月間の船(俺の相棒)への感謝をしながら船を洗う。

Dscf2156_1

このように3ヶ月の間に海水などの水垢海藻が付着しそれを洗浄機デッキブラシで綺麗に落とし美人だった頃に戻してあげる。

Dscf2165

に付いた全ての水垢や海藻を洗い流し、乾いたら来月には化粧直しです。船は漁師にとってよく女房役に譬えられる。自分の女房なので、綺麗にしてあげたいので今おこなってる作業が女性で譬えると洗顔ってとこかな。この後おこなうペイントを漁師は化粧直しと呼ぶ。アイツの女房が一番綺麗だと皆、誉められたいから今まで一緒に荒波で共に苦労した分綺麗にしてあげる。

Dscf2161

こうして上架場での船洗いを終え、あとは化粧直しの順番待ちに入ります。

今日で化粧直し以外、全ての作業が終了、若い衆たちとも来年の春までお別れです。一人は秋にも来ますが、残りの若い衆は秋は自分の家も秋漁をやっているので春までお別れです。「皆、ご苦労さんでした」あとは自宅に帰り若い衆を呼んで3か月分の給料をわたして全て終了です。

この3ヶ月間「知床からよろしく!」で少しでも知床と漁業についてお役にたてたなら幸いです。何時も皆さんには[春漁]の応援をしてもらい感謝です。[昆布漁]でも宜しくお願いします<(_ _)>

Book 日本漁船機関技術史

販売元:成山堂書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book メール 空まで届いてほしい―漁船海難遺児と母の文集

販売元:海文堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

漁師になろうよ―すてきな「海の男たち」の生き方 Book 漁師になろうよ―すてきな「海の男たち」の生き方

著者:垂見 健吾,吉村 喜彦
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 春漁の切り揚げ | トップページ | 知床の春 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとゴザンス(^^)/
船揚げたんですねお疲れ様〜ですね
昆布は別の船でやるんですか?
ところで成人式×2とは
m(__)m
もっと若く見えた〜〜
5日からまた多忙ですね
釧路町は昆布を干す場所が
広くバラスを敷いてありますが
羅臼はどうするのですか?
小生のブログは馬鹿な事ばかり書いていて
メインはあに様の「釧路の沖」
なんせ小生は釧路の沖広報部長ですから
アハハ〜
ただ、ブログ検索とかで
釧路関係の釣を検索すると
引っ掛かったり
釣〜りんぐ北海道でも
でるんでまあ地元の釣に興味のある人が
見てくれたりして
写真も多く掲載しているし
船でご一緒して写真を写させて頂いた方には
自分のブログに掲載して良いかの了解を頂き
ブログの案内もしているので尚更に
小さい釧路ですから、顔見知りが
横つながりになるんでしょうね
希望としては釧路の釣好きな
皆さんと楽しく交流ができればと
思ってますが
なかなか、コメントまでは
書いてくれませんね(笑)
たけしさんは地元を沖から見て
自然の優しさ厳しさを素直にアップして
とても人間味があって引かれますよ
行ってみたい羅臼
会ってみたいたけしさん
と思いますもの
さてまた来ますね

釣ノリノリさん、こんばんはぁ。
船揚げましたよ、昆布は和船という船外機を付けた小さい船で獲ります。
今度その船もブログで紹介しますね。
船は雑業に使う本船の他に昆布に使うのが2艘で計3艘の船を所有しています。
釣ノリノリさんもなかなかの有名人じゃないですか(^_^)v
ブログを拝見してお人柄の良さやお仲間を大切にしている姿勢が窺えますよ。
また、マスコミ関係にもお知り合いがおられるノリノリさんは、凄い!
マスコミには知り合いがいませんが俺も数年前に漁師町知床を舞台にしたコマーシャルにエキストラの募集で受かり出たことあるんですよ。今よりずっとずっとわか~い頃です(・_・;)
いつもブログ応援してもらいありがとうございます。
これからもお互い北海道の魅力を全国に伝えていければ良いですね(^_^)v

春漁お疲れ様でした。
相棒さんに対する愛情がヒシヒシと
伝わってきました。
 

送信したつもりが反映されていないようなのでもう一度、

春漁お疲れ様でした。一仕事を終えた「相棒さん」に対する愛情がヒシヒシと伝わってきました。
私が以前テレビで見た昆布漁は海岸から錨みたいなのを投げて引っ掛けて採る方法でした。いろいろな採り方があるんですね。

コメントの不備でご迷惑お掛けしてすみません。
どちらも無事に届いております。

>相棒さんに対する愛情がヒシヒシと

荒波の海も期間中に起こる泣き・笑いも共に過ごし何時も見守ってくれてますからね。

昆布漁ですが、地域や権利によって色々な手法がありますね、引っ掛けてとるのはきっと拾い昆布という権利の手法ではと思います。主に日高や道南の方でやってます。
羅臼にもこの権利を持つ人もいますが手法は違い浜辺に寄ってくる昆布を拾い集めるやり方ですね。

俺たちの獲り方は船から昆布竿と呼ばれる海の底(水深10mぐらいまで)まで届く竿にカギと呼ばれる二股に分かれた棒状の物を付けこれで昆布を挟んで獲ります。
詳しくは、ブログでお伝えしていきますね。

たけしさん
ちょっと小生のブログで6/24ガヤの前の
投稿チェックしてくれませんか
港だ釣り上げた魚・・・
ガンジでない様な気がしますが
何という魚ですかね?
突然すみません

釣ノリノリさん、よく意味が読み取れませんでしたすんません<(_ _)>
6月24日の記事を拝見すると可愛い紅一点のヒットちゃんっていいましたかね。その子しか載っていなかったような?
今ちょっとお酒入ってるので頭が回らず、理解不能でござる(^_^;)
今度もう少し砕いて教えて下され<(_ _)>
もしヒットちゃんのことでしたら人魚ってとこですか、でも前にガヤいないしなぁ?

こんにちは
ナベショーといいます。
はじめて訪問します。
すっごい迫力あるブロブですね。
元気がでます!
漁船、漁、海、、、写真もすばらしいです。

ナベショーさん、はじめまして。
訪問有難う御座います。
これでも普段の生活そのままを伝えているんです。

>元気がでます!

そう言って貰えると嬉しいです。
写真はまだまだ初心者の域を抜けられなでいますが心を込めて撮ってはいるつもりです。

どうぞこれからも宜しくお願いします。
ナベショーさんのブログにも今度遊びに行きますね。

(^^ゞすみません
24日はモブログ投稿で
何件も記事があり
たけしさんの船の次の投稿です
わかりにくくてm(__)m
釧路は快晴です

まだ20世紀だった頃、お盆休みに羅臼の「ビジネスホテルいさり○」に泊まったことがあります。
私は観光でやってきたのですが、ビジネスでやってきた人が大量の蟹や魚を差し入れしてくれて、ご相伴させていただいたことがあります。
聞けば、船の修理をする人たちでお盆には殺生しないと漁は休みのため、忙しいのだとか。
でも、仕事であたった船主から毎日いただくからと、二泊した私も幸せでした。
それから、「とおまわ○」の食事のボリュームも凄かった。
羅臼の宿は、いつもご馳走でした。

釣ノリノリさん、何度もすみません。
実はまだどの記事か把握できないでいます。
こんな馬鹿チンな俺なんで、きっとその魚を見ても解からないか知れませんね(^_^;)

みわひめこさん、お久しぶりです。

>まだ20世紀だった頃

おもしろい表現ですね。
その頃は、俺まだ少年でした・・・すみません聞き流してくだされ。
「ビジネスホテルいさり○」了解です!
今でもありますよ、ここのおやっさんはイキな良い人です。
当時は盆休みに船を修理することが多かったかも知れませんね。
蟹もあの頃は獲り放題でしたね。
混獲という権利で蟹も獲り放題でしたが、今は規則が厳しくなり許可が出ずごく一部の漁業者しかこちらでは権利がありません。
その他の魚は昔同様に羅臼の味覚として今だ健在です。
また羅臼に訪れることがあってもご馳走は期待出来ますよ(^_^)v

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/2430069

この記事へのトラックバック一覧です: 上架場:

« 春漁の切り揚げ | トップページ | 知床の春 »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ