« 第45回知床開き | トップページ | 18の頃 »

2006年6月19日 (月)

鱈のぼり

北東の風6m/s 波の高さ3m 天候は曇り 気温7℃!

Dscf1721_1 午前1時北東からの波風を受けながら漁場に向う。

知床開きボケが抜けきらず少々疲れ気味。

ホッケの大漁を祈りつつ船を走らす。

Dscf1713_1 船長室からの外はこのように見えますって何も見えません。

真っ暗闇です(^_^;)

などと言いつつ舵をとる。

Dscf1728 真っ暗闇の中でレーダーとGPSをたよりに網の位置を割出し玉を捜し巻き上げ作業開始!

いつものようにホッケ網を日が上がるまで巻き続ける。

先日に比べホッケがやや減ですが、値段が良く、まあまあってとこかな。

Dscf1748_1 ホッケ網の巻上げ作業も無事終わり、今日は最後にタラ網を巻いていく事にした。

タラ網の漁場に向うと、ここ最近の霧でその姿を見せなかった国後島が雲の合間から少し顔をのぞかせている。

Dscf1772_1 タラ網の漁場到着、巻き上げ作業開始、船には次々とタラがあげられる。

魚は、すべて形揃いという訳ではなく大きいのから小さいのまで色々で、タラも例外に洩れずこのように大きさはマチマチです。

「親タラの上に子タラをのせて、子タラの上に孫タラのせて、孫タラの上に曾孫タラのせて、曾孫タラの上に・・・次な・なんだろ~玄孫かなぁ・・・のせて~♪」って遊んでいると何かを思い出す。「ん!鯉のぼりだぁ。。まてよタラだからのぼりだぁ」な~んてね(^_^;)

Dscf1768 今日は、もう一つ魚を紹介しときますね。

これは、八角と呼ばれる魚、なぜかというと体の形が八角形みたいなんです。

この魚はその姿からは、想像できないくらい美味しいです(^^♪

刺身良し塩焼き良し。なんせ美味しい(^_^)v

また何か珍しい魚があがるようでしたら随時お伝えしていきます。

漁師直伝!魚のたべ方400種―この魚にこの料理 Book 漁師直伝!魚のたべ方400種―この魚にこの料理

著者:奥本 光魚
販売元:農山漁村文化協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

漁師vsインターネット Book 漁師vsインターネット

著者:岩本 隼
販売元:出窓社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

聞き書き にっぽんの漁師 Book 聞き書き にっぽんの漁師

著者:塩野 米松
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 第45回知床開き | トップページ | 18の頃 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/2291259

この記事へのトラックバック一覧です: 鱈のぼり:

« 第45回知床開き | トップページ | 18の頃 »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ