« 17の頃 | トップページ | いろいろ発見! »

2006年7月 7日 (金)

知床をどう捉える

人が立ち入るのを長年拒み続けてきた知床だがここ何年かの知床ブームと世界遺産への登録で訪れる人が増えている。

いろいろな知床をもっと知ってもらいたい、ツアーでの観光、車での家族旅行、バイクでの一人旅と楽しみ方も人それぞれ、でも気になったことが一つ、今日のこと、好評だった知床の第3弾と思い知床峠に、そこはいつものように観光で訪れた人で賑わっていた。
Dscf2435

何枚かの写真を撮り時間の関係で今日はここから引き返そうと車にそこで観光で来ているという一人の中年男性に声をかけられ振り返る(写真を撮る前に遠くからのもの以外はその旨を話してから許可をもらい撮ってます)この人は俺が地元とわかり声をかけて来たようだ。

男性「あんた知床をPRしてるんだろう同じ知床で羅臼とウトロはサービス精神が違いすぎるな」と少し怒り口調

俺  (この人何言いたいんだろう・・・?)

男性「羅臼ってとこはなんだ、土産屋も何も無いし高い金出してここまで来たのに」

「・・・・あの何も無いって他に何が無いんです」

男性「だから土産屋とか・・・」

このまま男性と別れる、正直痛いとこ突かれたって感じでした。
事実なんです。羅臼はウトロからみると観光には半分も力を入れていないし土産店といっても有名なのは道の駅となりの羅臼海鮮工房くらいのもん、反論もありましたがあの男性の言うのにも一理あるし宿泊施設も格段の差がある。
Dscf0240

でも何も無いわけじゃないし見せたいのは知床で土産じゃないんでその辺の勘違いはして貰いたくない。
俺、確かに知床好き!写真撮っているとよく変な団体(怒られるかな)に声かけられることあるんです。

自然○○団体とか、知床を守ろう会みたいな団体、この人たちは知床にこれ以上人の立ち入るのを制限しようみたいのやってる団体もいるなわけ。

勘違いしてもらいたくない、俺が知床を好きなのは俺流で人の立ち入りに制限とか禁止とかって考えたこともないしね。
Dscf2558

それよりお前らどこから来たのって思うよ、地元じゃないのは確かで風呂もろくに入ってないのか臭うし寝泊りは車かテント、飯はコンビニの添加物こてこてのやつ。


「知床綺麗にする前にお前ら体綺麗にしろ、エンジンかけっぱで朝まで寝るんじゃね~」って実は某団体にほんとうに言ってしまった(・_・;)

こいつら根本的に何か間違っているような気がします。

Dscf2829_1

先に話した男性も先日羅臼で会った団体も何か大切なもの忘れてるような。

突き詰めると限度が無いってこと、先の男性もそう知床に来て思い出が土産じゃ哀しいし土産が大事じゃないって事じゃないんです。
俺も何処かへ旅行すると必ず思い出に残る品を買いますし、土産は思い出を形にして残そうとする大切なもの、必要ないとは言いませんでも他にも知床で沢山の事知ると思う。
Dscf2836

何とか団体もそう、立派なのはあるんだろうけど少なくとも俺の会った奴らは少し考えが食い違った。

知床はたまたま未開の地が残り野生動物も数多く棲む、解かるけど此処への立ち入りを制限したり禁止することには俺は反対で残された最後の秘境をほんとうに守ろうとした時に一つ二つの団体が制限を訴えるより、皆が自分の目で見て肌で感じないといけない。
Dscf2571 それで大切さが湧くんじゃないかな。

俺はその主義でブログ立ち上げてるしPRもどんどんしていくつもり、こんな綺麗な景色見せないなんて[もったいないオバケ]出るかもよ♪

Dscf2577

俺、正直いってよく言われますよ、ブログに一貫性が無いとかお前のようなふざけた奴に語る権利が無いとか、俺の性格だからどうしようもない訳、おふざけもやるし怒りもする。

でもそれに興味をしめしてくれる人がついでにブログで知床をみて感動してくれればそれはそれで一つ何かの役にたったかなって思うわけそれで十分!

お堅いのは性に合わないし眠くなるほうなんで仕方ないんです。

Dscf2845

知床に関してはこんな気持ちでお伝えしていますので、これからも宜しくお願いします。

私事で明日から何日かブログの更新が出来ないかもしれないのでそのときはお許しくだされ<(_ _)>

« 17の頃 | トップページ | いろいろ発見! »

世界遺産」カテゴリの記事

知床横断道路」カテゴリの記事

羅臼」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

自然保護とか地球温暖化を声を大にして騒ぐ輩が、間違った指摘をしているとホント腹が立ちます。
自分たちが勝手にミスっているのなら、こちらは眉をしかめるだけで済みますが、矛先が向いてきたら、私は許す事は出来ません。
「人が多すぎると言うのなら、あなたがこなければ良いでしょう。」
「地球温暖化を危惧するのなら、人口一人当たりのエネルギー消費量の少ない発展途上国に行き、オーガニックな生活をなさってはいかがですか!?」
と思います。
人や動物や植物がいて、いろいろな事がおこれば、前の時間とその後の時間とでは、何かが変わってしまって当たり前だと思います。
生態系を大きな括りで考えた場合、「自然保護」という考え自体が奢りであり、自然への敵意むき出しの行動なのかもしれないと思えないこともありません。

みわひめこさん、お久しぶりです。
何が正しく何が間違いなのかは人それぞれの捉え方でありあの方達も自分の主張を誇りに想っての行動なのかもしれませんが俺は長々と話は聞いていませんでした。
直感的に肌の合う人種じゃないってそれだけです。
文明はもう後戻りも出来ませんし、どう付き合うかは一団体の決めることでもなく上辺だけなら必要もないです。

自然環境を守っていくのは大切なことですが、締め出すのではなく共存を考えるべきかもしれない。
あの手の方にはもう少し勉強してからきてもらいたいのが本音です。

勉強といえば以前ある団体が北方領土に関する記事で、北方領土が返還されたなら開発の手が伸びる前に自然保護区域に指定する法律をつくり、いっさいの立ち入りを禁じ住むことも許すなといっておりました。

どこの生まれ(故郷)の方か存じませんし、正しい意見なのかも知れませんが、北方領土には間違いなく侵略前に島民が住み、全員生まれ故郷を追われて逃げてきました。

この引揚者たちには戻ることの出来ない故郷でいつの日か戻り暮らすことを今も夢見ています。
先祖代々住み暮らしていました。
元島民の中にもきっとこの団体の記事を目にする者もいるでしょう。
お偉い事を語る前に人としての配慮が足り無過ぎと感じたのがこの団体にもった俺の印象でしたね。

長くなりすみませんでした俺の父親も元島民で国後島からの引き揚げ者なんです。


すばらしい自然に感動! と思いきや、土産物屋が無いって怒る人、、ほんとの話ですか? と情けなくなりますね。
実際にそういう呆れるような人、庶民感覚からずれている人がいるもんです。
○○先生と呼ばれる人達に特に多いように思います。
欧米の国立公園なんか、もっと徹底していますね。 
人工的なものをもっと制限して何にも無い、、、、

ナベショーさん、こんばんは。
土産屋が悪いとは俺思ってないんですが、あの男性には視野を広くもって他にもたくさんのものをみて貰いたかったです。

>人工的なものをもっと制限して何にも無い、、、、

これには人様々色々な意見があるでしょうね一概に全ての排除もまた問題があり自然にたいしそこまで徹底する場所に観光客が入るのもどうかと思います。

欧米の国立公園にしても知床にしてもそこに行き着くまでの交通手段も人工物でして、人工的な物の全ての制限というより、ものの捉え方が大事かと思います。

>○○先生と呼ばれる人達に特に多いように思います。

立派な方も居られると思いますが、人によっては専門分野を突き進むと思考回路に応用が利かなくなる場合もあるんでしょうね。

たけしさんコンニチハ
6月2週続けて羅臼から船に乗り
1週目は羅臼の天候のすごさを知りました。
そのときの天気は突風で20m以上有るような
風と波しぶきに驚かされ、
2週目はまったく違う羅臼を見せてもらいました。波は0.5m 無風最高の条件で
景色を堪能してきました。
知床のお土産は自然を体感することだと
思うんですが どうでしょう
19tの船が岸から数十mまで近寄り
釣り糸を垂れて其処の深さは30m-50m
こんな釣りはほかの場所では創造できないですね。景色も圧巻で釣りの手を休め、
思わず見とれてしまうほどです。
私達の釣りは海を汚さないよう、ごみ袋を持ち
帰りには全部持ち帰ります。
以前釧路の船で船頭がごみを海に捨てていたことがあり、私達が怒ったことがありました。
海でお飯を食べさせてもらっているのに
何やっているの!とね
16日にまた羅臼に釣りに行きますので
また知床の自然を体感してこようと思います

はじめまして
なぎさです。ナベショーさまのところからきました。日本の西の果て、五島列島からのお便りです。北海道にはまだ行ったことはありません。わたしの北限は猪苗代湖のほとりです。
北の方、ずうーーっと憧れていますが、なかなかチャンスがありませぬ。これからブログを見せて頂きたいとおもいますのでよろしくおねがいしますねー(^_^)

あにさんお久しぶりです。
風速20m/s以上とは凄い日に釣なさってたんですね、岸が波しぶきなどで見えなかったのでは?
2週目は堪能したご様子で良かった♪

>私達の釣りは海を汚さないよう、ごみ袋を持ち
>帰りには全部持ち帰ります。

漁師とか釣人というより基本マナーですよね出来ない人も中にはいるようで・・こういう人って人が注意してもダメみたいですね、自分が気が付くことが大事なのかも(^_^)v

俺も偉そうなこと語る資格があるほど人間出来てませんが、やって良い事とやっちゃいけない事の区別の最低ルール位は守りますよ

16日の釣も良い成果がでることをお祈りします。
少しの間、私用で更新が遅れるかとおもいますがこれからもどうぞ遊んでいって下さい。

なぎささん、はじめまして。
五島列島ですかぁ。。昔、五島列島出身の方とある仕事で仲良くなりそちらのことを聞かせて貰いました。
もう10年以上前のことですが懐かしいです。
なぎささん、俺のブログはあまり難しく考えないで見てくだされ。

おふざけも所々混じりますがご勘弁を、基本は楽しくと思ってやっています。
これからもどうぞ宜しくお願いします。

色々な方の捉え方が有るとは思います・・・でも、何か違うような・・・人間だけがこの星の別格だと勘違いされている、頭でっかちの方が多い気がします、人もこの星の一部に過ぎません・・確かに優れた知能を持ち、夢を実現化する力が有ります。だからと言って自然の生態系の中にいる私達が自然と別離で生きて行く事が出来るのでしょうか??自然を壊して来たから、今度は(人を入れないで)守り保護しよう?!・・で、誰から何を守るんですか?!いっそうの事、ある種の人間を隔離した方が早いです!!
私達人間が余りにもこの星の生態系から飛びぬけている事は否めませんが、自然と共存していかなければ保護をしても意味が無い様に思うのですが。
ごめんなさいm(__)mつい長々と書いてしまいましたm(__)mm(__)m

知床いいですねえ。
【観光=経済効果】みたいに、本当の地元に根付いた経済よりも観光で人を集めてお金を落としていってもらおうという甘さやズレがとても鼻についているところです。
イベントや大会で人が集まるような場合は、その施設や周辺のお店などが配慮していただけたら(お弁当や場所など)ありがたいなあと思いますが、
地元の住人の満足度よりも、よそ者が喜ぶものを作って観光客を呼んだりするのはいいかげんやめればいいのにって思います。
古びた時代遅れの観光施設ってみじめでしょう?地元の人の生活に根付いた文化を大切にして欲しいなあ。これって、今貴重ですよ。

こんにちは。
私は、羅臼には行った事がありませんが、ウトロに2回行った事があります。
現在神奈川の茅ヶ崎というところに住んでいますので、知床は遠いところです。
難しいことはわかりませんが、綺麗な山や海を見たことが、私にとって最大のお土産です。

ミノルさん、こんばんは。
あまり難しいことは俺も解からないです。
どれが正しいかも皆意見が少しづつ違うと思います。
ミノルさんが綺麗だと感じたその気持ちが一番大事なんだと思います。

SUZUさん、こんにちは。
返事遅れてすみません。
生態系のお話興味深く読みました。
自然を守るのは大事なことで反論する気も無いですがやり方(先日の団体)が悪いなって感じました。
あの団体が来なくても知床には自発的に植林している人や川掃除をしている人たちがたくさん居ます。
TVにもでないし本も書かない、運動もしていませんがね。
また遊んでいってください(^_^)/

ゆみさん、お久しぶり大漁ですか(^_^)v

俺は観光協会の回し者じゃないのでその辺はよく解からないですが、過剰すぎるサービスもどうなんでしょうね?
羅臼は観光に走らず漁業を選びましたが、どの町も生き残りを賭けてのことで一概に何が正しいと個人が特定も出来ないですし、後は訪れる皆さんの捉え方じゃないかな。
此処まで来たという実感が持てればそれで良いんです。

はじめまして
そのとおりだと思います
お土産屋がなくてもかまいません
もっと大事なことがあるとわたしもおもいます
厳しい自然のなかで一生懸命生活してる人々の姿、季節の折々に見せる山や川や海の姿の素晴らしさ。
これが最高のお土産ではないでしょうか。

来週月曜日から仕事で道東方面に出張に行きます。
一日だけ空き時間があるので知床に行くことにしました。
生まれて初めての知床、楽しみです。
夕日はどこで撮るのが美しいでしょうか。

☆saxboss2さんへ

はじめまして
知床に土産屋があるほうが良いとか無いほうが良いとかというより、知床に求めているものが違いすぎだね。
夕日でしたら俺たちの住んでいる羅臼側より知床半島を跨いで隣に位置する斜里町ウトロが良いかとおもいます。
俺が載せた夕日もオシンコシンの滝から国道を挟んだ海岸ぶちから撮影したものです。
写真はなんせ初心者なもんで安い500万画素のデジカメで撮ったものです。
saxboss2さんのように素晴らしい写真を撮るかたなら最高な夕日の景色が撮れると思いますよ。
(さきほどブログ拝見してきました。今度ゆっくりお邪魔に上がらせていただきますね)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/2538157

この記事へのトラックバック一覧です: 知床をどう捉える:

« 17の頃 | トップページ | いろいろ発見! »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ