« 次回記事の予告です | トップページ | 摩周湖 »

2006年8月 2日 (水)

感動?亀田興毅!

やったね亀田興毅!

試合開始のゴングが鳴り1ラウンド興毅のペース

これはイケルと・・・しかし次の瞬間、目を疑う光景が飛び込んできた

なんと1ラウンド終了間際に興毅がダウンを奪われる。

でもここからの興毅はそのへんのボクサーとは違った!

ダウンを奪われてからの2ラウンド以降その戦い振りは

やはり天才!じゃなく普通のボクサーの何倍もの

トレーニングや血のにじむ努力だと思う。

冷静さを欠くことなくひたすら自分のボクシングスタイルを貫く、

ランダエタに比べボクシング経験の浅い19才の少年とは思えない。

それ以降の全てのラウンドを興毅は力の限り戦った。

興毅の左右への効果的なワンツーからボディーブロー、

テレビから目が離せない、

全てのラウンドが終わった。

きっと微妙な判定になるだろうと思いつつも

興毅ってくれと祈る。

ラウンドにダウンを奪われた興毅が不利なのか・・・

結果がどう出てもマチガイナク良い試合だった。

でもそれ以降の全てのラウンドで興毅が勝っていただろう、

などと俺もいろんな考えを巡らせながら判定を待つ。

判定の結果は2-1で興毅の勝利!

ここまでの内容ならカテゴリーを大きく外れてまでこの記事を

俺も書かなかったと思う。

スポーツボクシングが主体のブログもたくさん有り

俺なんかより詳しく専門的な記事をきっと書いてくれる、

最後のあの場面を見なかったら俺も、

誰かのブログを見て楽しんでたと思います。

でも判定で勝利を掴んだのを知った瞬間の興毅が見せた

そこにはいつものパフォーマンスも無く

そこには普通の19才の少年が居た。

顔をクシャクシャにしてオンオンとなく興毅の顔を見て

こっちまでジーンときて貰い泣き、

ボクシングの試合でこんなに感動したのは何年振りだろう

シナリオが出来てたような感動劇。。。

この判定には、この後いろいろな批評が出ると思う!

興毅の勝利は実力でもぎ取った勝利だと?思っています。

親子で掴んだ世界!

「オヤジのボクシングが世界に通じる証明が出来たのがよかったオヤジありがとう」

ベルトを腰にまかないんですかとのアナウンサーに

「このベルトはオヤジにやります」

クシャクシャの顔で泣きながら話す興毅の姿・・・

少し内容が違うかもしれませんが熱くなってた俺にはこう聞こえました。

興毅すばらしい試合をありがとう!

でもテレビ番組のインタビューでの態度はかっこわるぅ・・・

« 次回記事の予告です | トップページ | 摩周湖 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すこしはボクシングを勉強してください。
あれは国辱物の判定です。
日本は世界でもクリーンな判定をする
評判のいい国だったのに。。
亀田選手もはっきり言って実力不足。
対戦相手も世界レベルではそれほど強くない。
WOWWOWなど海外の試合をこの目で見て
採点してみればわかります。
世界戦とは思えぬ低レベル。
はっきりいって貴方はマスコミにだまされているアホウにしか思えません。
すこしは自分の頭で考え

3歳で母親と死別…、街で喧嘩ばかりしているので見かねた父親がボクシングを薦めたそうな。…が、その父親は11歳で他界。以来歳の離れた兄を父親代わりに…。

ランダエタは親さえ居ない。

☆がっつんさん

的を得たご指摘有難う御座いました。
勉強不足のようでしたね、試合終了後の親子の感動シーンを見ながら少しひいきな記事になったと反省しています。

優勢に思えたラウンドも確かに有りましたがダウンの判定を覆すほどのものでは無かったようです、相手もそれなりに手数を出していましたね

>対戦相手も世界レベルではそれほど強くない。
>WOWWOWなど海外の試合をこの目で見て
採点してみればわかります。

対戦相手は世界レベルでは強くないんですか?
海外の試合を見て少し勉強しますね。

マスコミの報道に左右されて書いたものではないんですが結果そのようにとられてもおかしくない内容でした。
試合終了後の生出演番組などでのコメントを聞いて試合後の感動もどこかえ消え去りました。
わざとダウンしたとか全然効いていなかったなどと勝たせてもらった試合をそれも誰にでもタメ口のあの横暴過ぎる態度にはガッカリしました。
あなたの言うようにマスコミに踊らされて居たのかも知れませんね。

たけしさん。
コメントいただきまして
ありがとうございます。
私のコメントは
少々きついものだったと
反省しております。
いわゆる亀田ファン
はあまりにも勉強しない・・・
特に女性の方々は
中身を見ずに亀田をもてはやす
傾向があり、あなたのように
キチンと振り返る
方が少ないのが現状です。

ただボクシングは非常に危険な
スポーツであり、比ゆでも
なんでもなく選手は命を賭けている
のです。
であるならば、ボクサーに対する
礼儀として、観客である我々も
それなりの勉強を積むべきなのでは
ないか、というものが
私のスタンスであります。

今回の亀田の対戦相手のランダエダ
選手は、もともと亀田の2階級下、ミニマム級で一度暫定王者になった経験があります。
世界ランカーの実力はあるが
、今ひとつ抜き出たモノがない。
引退寸前の選手でもありました。
だからこそ亀田にトドメをさせなかったので
ありますが。

また亀田も本来フライ級の選手でありますが
同級の王者があまりにも強く、勝ち目が無い。
そこで一階級下のライトフライが空位となったため、王座決定戦を企画したというのが、今回の試合の経緯です。

あえてキツイ表現を使いますが、世界王者に
なる程の才能の持ち主は、日本王者「ぐらい
」簡単に取ることができます。
日本人と戦わず、強豪とも戦わす、世界戦
まで来たということは、亀田の実力不足を
露呈しているのではないのでしょうか。

また亀田の父が、ダウン後の亀田に気合を
いれるためビンタをかましていましたが
あれはいけません。脳に衝撃を与えられた
選手に、さらにダメージを加える危険が
あります。

このように無知は残酷な結果を生み出す
可能性があります。
ボクシングにおいて無知は罪なのです。

私はボクシングを学んだ経験があり、
ボクシングが大好きで、ボクサーを
尊敬しています。
だからこそ、楽しむためにも
学びつづけなければいけないと
考えています。

大変冗長なコメントを
書いてしまい申し訳ありません。

たけしさん、久々に来ましたよ♪(*^_^*)

私はボクシングの事なんて全くわからないし、この試合も見ていませんでした。
「今日の出来事」で結果を知りましたが、素人の私から見てもあの勝ち方はどうかと思います。

相手の方が勝っていた事は自分でもわかったと思います。「いや、俺は負けた」とか言って、勝ちを相手に譲るとかすれば「おお~かっこええ!」って思えたんですけど…。

たけしさんが予想されたとおり、テレビや新聞でも批判がすごいですね。
試合後に出演していたテレビも見てないですけど、どんな感じだったかはだいたい想像できます。そりゃ皆さん冷めますよね。

☆ぶちさん

お久しぶりです。
ブログ更新がんばってますね。
機能も増えて楽しいですよ♪

興毅の試合ですが、後から冷静に分析してみると納得いかない点が多々ありますね。

>たけしさんが予想されたとおり、テレビや新聞でも批判がすごいですね。

そのようですね記事のほうは試合終了直後に書いたものでまだ評価のされる前でした。
興毅のファンなので直後はひいき目になっていたんですね、後からのコメントをTVで見ていてガッカリです。

漁師もハングリーで厳しい世界なのでボクシングというスポーツにも共感持っていましたが興毅と関係者にはちょっと失望です。

☆くくさん

どうコメントして良いのか悩んで遅くなりすみません。

>3歳で母親と死別…、街で喧嘩ばかりしているので見かねた父親がボクシングを薦めたそうな。…が、その父親は11歳で他界。以来歳の離れた兄を父親代わりに…。

このような境遇からボクシングを始める選手が多いですね。

>ランダエタは親さえ居ない。

境遇が興毅より悲惨ということを書きたかったのでしょうか?


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/2909566

この記事へのトラックバック一覧です: 感動?亀田興毅!:

« 次回記事の予告です | トップページ | 摩周湖 »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ