« 託けです | トップページ | 今日は即席漁法 »

2006年10月 9日 (月)

超大型低気圧が山を越える

午前2時30分に若い衆たちが船に集まる。

船に何度も足を運び最後のほうは一人で船に残っていましたが、夜中中も凄い波でしたね。

暗くなってからも波の威力は衰えを見せず午前2時過ぎに若い衆が出漁のために集まる時間になってもまだ沖防波堤を大波が軽々と乗り越えていた。

真夜中暗闇で波が防波堤を乗り越えてくると船は左右に大きく揺れ、船の操舵室に一人でいましたが正直恐かったです。

船が波を受けるたびにもの凄い衝撃を受け、流されないように何本も船を固定するために取られていたロープ(モライ)のきしむ音、そのロープも張られると糸のように細くなり、正直これが切れたら終わりかなと一瞬嫌な考えが脳裏をかすめる。

ここで心配してくれた皆さんの祈りが知床に届きました。

Dscf0508_2

低気圧は相変らずの勢力を保ったままでしたが、返せ(かわせ)に入ってからの風が予想していたよりずっと弱く奇跡です。

あの勢力のまま返せるとどんな風になるのか予想もつきませんでしたが無事のりきったようです。

知床半島への直撃を避けほんの少しですが低気圧が下を通ってくれ、こちらで言う堕し風(だしかぜ)と呼ばれる、北西からの強風を受けることがありませんでした。

俺の付いている港で今回の低気圧での被害はまだ入っていません。

仲間の船も無事持ちこたえたようです。

しかし、いくら低気圧がそれたとはいってもその勢力は十数年に一度の超大型!

今日の出漁は、もちろん取り止めとなり全船沖止めです。

Dscf0526

Dscf0527

まだ、外海は6m近い波と強風が荒れ狂っています。

羅臼には港は全部で7港あり全ての港での被害は不明です。

また港以外での被害は家の浸水や昆布浜の崩壊、通行止めとかなりの被害がでたようです。

俺の昆布浜も少し被害がありましたね、昆布漁最中と2枚連続で載せます。

Dscf0332

この浜が今回の大時化でこうなる。
Dscf0521

波により浜は削られ大きな石が海から押し上げられてゴロゴロしています。

来年の昆布漁までに業者に頼んで浜を綺麗に治さなければ使い物にならんです。

浜は少し傷めましたが、他に被害が少なく無事今回の低気圧を乗り越えられたことへの感謝の気持ちのほうがつよいです。

皆さん御心配お掛けして申し訳なかったです。

俺のほうは無事帰還しました。

御心配をお掛けした皆さんやエールを送ってくれた皆さんには感謝です。

たくさんのコメントも読ませていただきました。

これからもどうぞよろしくお願いします。

« 託けです | トップページ | 今日は即席漁法 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

知床」カテゴリの記事

コメント

たーいへんなシケでしたねー。
五島も大変でしたよ。台風なみの大風だったですからね!

昆布浜の修理がまたまた、モノイリでしょうこと!

ナギルって言葉もあるのですね、ナギが動詞になると、ナギルなのですね。

☆なぎささん

こんばんは、そちらも風強かったようですね、知床もたいへんでしたよ。
昆布浜は今回今までに経験したなかで一番の崩壊です。
でもこれだけの被害ですんで本当に良かったです。
テレビを見ると今回の低気圧の影響で哀しいニュースもたくさんあり心痛みます。
「なぎる」という動詞はよく使います。
「海がなぎる・風がなぎる」と使いますね。

波風も山場を過ぎ、無事で何よりでした。
ナベショーは3,4,5日と紀伊半島一周の汽車の旅をしてきましたが、熊野灘は台風16号の影響で灰色の海と凄い白波と、空は低い真っ黒な雲、、、
こりゃ~、たいへんと思いました。

海や山で遭難事故が報道されていました。大変な荒れようだったんですね。猟師さんの仕事ってほんとに命がけなんだということがよくわかりました。防波堤を超える大波の映像はすごい迫力でした。TV報道では船からの中継はありませんから、びっくりしました。

昆布送っていただきありがとうございました。おいしい佃煮をつくるにはどうしたらいいのか、いろいろなレシピを見ながら納得のいく味を求めてつくろうと思っています。
あの昆布も猟師さんの苦労でつくられているんだと思うと、大事に使わなくてはと思います。

きょうは、blogするつもりだった。
たけしと船はblogするはずだった。

☆ナベショーさん

旅のほう十分楽しめましたか。
今回の低気圧の影響は日本各地にその爪あとを残したので、大変な旅になったのでは、このまわりバタバタしていたものでブログにもお邪魔できないでいましたが、今度ゆっくり旅のことや近況を拝見しに参ります。

☆niji05さん

昆布色々とお試しください。
品物は間違いなくブランド製品です。
niji05さんのようにご研究していろんな料理に天然羅臼昆布をつかってもらえると、生産者としてこれほど嬉しいことはありません。

今回はご心配をお掛けしてしまい申し訳ございませんでした。
皆さんの温かいエールたくさん頂き感謝しております。

ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 託けです | トップページ | 今日は即席漁法 »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ