« 初漁のさかなを選別します。 | トップページ | 大時化! »

2006年10月 3日 (火)

操業風景と操舵室

昨日に比べホッケが少しづつですが増えてきてるようです。

毎年10月の初めはこんなものでしてあまり魚が獲れません。

これは毎年のことで体慣らしに丁度良いのだ!

Dscf0469

ホッケ漁も盛漁期は10月終わりくらいから11月中ぐらいです。

今時期は全くホッケがかからない年もあるので今年はまだ良いほうかも知れませんね。

コメントでも質問を何人かにお受けした内容の一つをここでお見せします。

質問内容は、近くで操業している他船の操業風景や漁模様が自船から見えるのか?

このお答えですが答えから申しますと・・・見えます。

漁法ですが通常はタックと呼ばれる何隻かの船がグループになり同じ漁場で並んで網を刺します。

Dscf0683_2

↑(春漁のもの参点:2006.5)

船と船の間隔は漁場にもよりますが平均の10m~15m間隔ぐらいでしょうか。

こうして並んで刺した網を同時刻に漁場に入り一斉に巻き始めます。

ですから隣や近くにいる船の漁模様も解かりますし、無線でもそのやり取りを行なっていますね。

上のビデオクリップに写されている風景が俺の入るタックでの仲間船が網を巻いてる様子でこのようにして網を巻いてるところも漁模様もだいたい解かりますね。
また詳しい内容は無線などをしようしてお互い情報の交換をしています。
無線は、その他にも暗闇での航行や緊急連絡といろんな方面につかわれる。
秋漁の場合は春漁と違い日上がりが遅く、暗闇での作業時間が長いので船頭(船長)の俺たちも色々な機器を必要とします。

暗闇の航行や網の位地などを正確に割出す為には、レーダーとGPS、魚群探知機などを多用するようになってきてます。
上のクリップはレーダー・GPS・魚群探知機・ティッシュ?の順番で映っています。(^_^;)
レーダーは映りの良い日は約150km先ぐらいまでを映し出していくので小さな県ぐらいでしたら周囲全体をレーダーで見渡せます。
Dscf0645_3
このようにして真っ暗闇を漁師は克服して作業をするこの世で二番目に暗闇での作業が得意な職業です。
「一番は何かって聞きました」。。。泥棒です!(^_^;)
今日はこんなところでしょうかね♪
いつも皆様にお世話になっております。

« 初漁のさかなを選別します。 | トップページ | 大時化! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

知床」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

たけしさん、こんにちは。
ほっけがまずまずのようで、良かったですね。
一緒に操業している船、見えますね。大海原に一人ポツンというのではなくて、安心。

何艘かの船とタックを組んでも、上がった魚を均等に分けるということはしないんですか。10~15メートル離れていて、こっちの船ではよく獲れてもあっちはまるでダメなんてこともあるのですか。

いろんな機械があって、船の値段の高いのに納得です。そして、魚の値段の高さにも納得して、いただきま~す。
そういえば、今日の夕食はほっけの開きです・・大根おろしとレモンでおいしくいただきま~す・・・(=^・^=)

ホッケってなんかよくしりませんので、ついでの時に教えてくださいねー。

☆ノアさん

ホッケ漁はまずまずのでだしでホッとしてますね。
タックの魚は分けることありますよ。
同じタック内で魚を大漁した船が一番獲れなかった船に魚を分けてやることはよくあります。
普段は自分のプライドとポリシーもあり、あまり他人をあてにしませんが不漁続きだと、魚をもらうことあります。
もらうというより仲間たちのほうから、魚あまっているから貰ってくれと声を掛けてきますね。

☆なぎささん、お久しぶりです。

>ホッケってなんかよくしりませんので、ついでの時に教えてくださいねー。

ホッケというのは主に北海道近海で獲れる、魚です。
その生息地は北海道のほぼ全域にわたりどの漁村の漁師もホッケ漁を行なっています。
秋口のホッケは脂がのり身も厚く最高です。

中でも羅臼ホッケは全国の皆様からその味や風味に絶大な指示を受ける超ブランドです。

種類も色々いて羅臼では主に「真ホッケ・縞ホッケ」が有名ですね。

縞ボッケはお値段も手ごろでお魚屋さんによく並びます。
羅臼産真ホッケのほうは高級料亭や居酒屋などに卸されていきますね。


ご無沙汰です、たけしさん。
このホッケが一匹でも欲しい。
そうケチな考えが浮かびます。
アッシは、毎日お肉を切り刻んでいるので、肉好きなアッシも、そんなに興味を示さなくなりました。
その点、お魚は旨い!!!
北海道に4年住んでいましたが、
そこ(寮)で出されるホッケは、
まるで沖縄で獲れたかのような、脂っけのないものでした。
こちら(神奈川)でもホッケは売ってますが、シマが多いですな。

飲み屋も全部当然『シマ』です。

おいしいお肉と、取替えっこしたいです。

北海道でウェブマガジンやってます!
http://www.i-flap.com

北海道ならではの素敵を、北海道から発信したい。
あなたの日常の中で、ふと北国の空気感にふれるひとときを愉しんでほしい。北の地のライフスタイルや日々あちらこちらで生まれるストーリーをお伝えしていきます。さぁ、北海道へ心を羽ばたかせるひとときを、ご一緒に…。

■今月の特集は一級建築士の川村さん!
施主と二人三脚で家を作り上げて行くプロセスはすごいの一言。

■その他も喫茶店王国を代表して、有名カフェオーナーの
コーヒー(人生)論、北国のお花屋さんのラブリーなストーリーなど。。。

見どころ、読みどころ満載の

おしゃれで小粋な北海道モノ語り・人語り
北海道発ウェブマガジン FLAP

好評連載中です!

↓詳しくはコチラから
http://www.i-flap.com

編集部からでした。おじゃましました〜。


(不適切な部分あればお手数ですが削除してください。)

☆ミノルさん、こんにちは。

お返事遅れて申し訳御座いませんでした。
秋漁が始まったばかりで、会議や会合と家に帰るのが遅れててごめんなさい。

>北海道に4年住んでいましたが、
そこ(寮)で出されるホッケは、
まるで沖縄で獲れたかのような、脂っけのないものでした。
こちら(神奈川)でもホッケは売ってますが、シマが多いですな

羅臼のホッケは脂がのっていますよ♪
そちらは縞ボッケが多いとのこと。
縞ホッケはやはり真ボッケからみると少し味が落ちますね。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初漁のさかなを選別します。 | トップページ | 大時化! »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ