« 超大型低気圧接近! | トップページ | 託けです »

2006年10月 8日 (日)

高波!

波と風の合い間で出来る一瞬のチャンスを待つこと2時間!

その時が訪れる、若い衆たちに号令を掛け、イチかバチか港から船を離す。

これを決断するには勇気と時間がかかった。

映像のように沖岸壁は相変らず高さ10m近い防波堤の上を大波が軽々乗り越えてきている。

この映像は一瞬風が凪たときにとったもので船を離すときにはこの波に強風もふきあれていた。

いよいよモライ綱を離す決心が固まる。

これに失敗したら船も俺も海のモクズとなる!

根室港での船の沈没事故をニュースで見ていたので恐怖はさらに強まる。

朝には恐怖心が走り決断出来ないでいたが、このままここにコイツをおいてはいられない。

俺と共にこの海で一緒に戦ってきた相棒です。

こうして船を港から離す決断をしたが、船を離す為に集まってくれた漁師仲間が再度確認の声を俺にかけてくる。

内容は、「本当に離して良いのか」ということ。

一人船の操縦席に入る俺に向け最後の確認でした。

窓を開けOKのサインを送る。

船は離された!

全速で船を港から離し、一つ中(奥)にある港に船を向ける。

外海に出る訳では無いが、この港の中でも風や波がもの凄い。

根室で港のなかで船が沈没したのも解かる。

なんとか無事移動に成功し港に船をつけモライ綱を何本もとりそなえる。

今はカワシという時間帯に入る少し前です。

カワシとは、低気圧や台風が通り過ぎてから吹いてくる強い風のことをいう。

このカワシのまえに数十分風が凪ぎます。

この隙をみてまた作業着の取替えと更新に来た次第です。

そろそろ時間が近づいてきたようです。

これから襲ってくるこのカワシという風がは、おそらくこの低気圧が昨日から与えた影響のなかでも一番強い風となります。

根室の船舶沈没のこともあり、今夜は風がナギルまで船泊まりとなるでしょう。

正直この風への対策はもうありません。

でも相棒(愛船)をひとり港に残す訳にもいかないです。

せめて俺が一緒に船に居てやろうとおもいます。

皆さんも、この強風にはくれぐれも御気をつけください。

低気圧の針路が少しでも知床を避けてくれるのを願いながら港へ・・・

« 超大型低気圧接近! | トップページ | 託けです »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

せっぱ詰まった状況に引き込まれました。
どんな厳しい状況にも真正面から取り組まれる姿勢に感銘しました。
いつもすばらしい!

台風並みの低気圧、ご無事をお祈りします。

たけしさん心配です!!
いつも何かに向かって行ってしまう。
絶対絶命の時は、どうか!
逃げてくださいね!

愛船も、たけしさんも
どうかご無事で有ります様に!<(_ _)>
背中の守り神にお祈りします!!!

金沢は今晩午前1時出港予定です。


>カワシとは、低気圧や台風が通り過ぎてから吹いてくる強い風のことをいう。
私たちが言う「ぶっ返し(ぶり返し)」の風のことを言うのかな?
(台風のときに使ってるんですが・・・)

ニュースなんかでは「吹き返しの風」??


しかし、秋は海の事故が多い気がするんですが…

2005/9/29 秋は事故が多い?
http://today.koufukumaru.jp/?eid=301243

2005/10/7 転落事故…
http://today.koufukumaru.jp/?eid=309045

私の過去の投稿です。良かったら見てください。

僕も根室のニュースを見ました。
たけしさんの事が、とても心配になりました。
瞬間最大風速42m以上という、観測史上最大の風だとか。
港に停泊していた漁船が、数隻沈没していました。
知床は大丈夫だろうか。。。今は無事を祈ることしか出来ません。
このブログが更新されて、無事が確認できるのを待っています。

しばらく来られないでいたのですが、こんな大変な事になっていたとは!!
たけしさん、船共々どうかご無事でありますように!(-人-)

☆花さん

俺に限ってのことじゃ無いです。
ヤンシューは皆、こんな感じですね。

☆ナベショーさん

まだ少し影響が残っています。
今日の出漁は安全第一で中止です。
いつもすみません。

☆ろんたんさん

ご心配お掛けしました。
無事帰還しましたよ、また遊びましょう。

☆Bancoさん

知床の山場は過ぎたようです。
ご心配おかけして申し訳なかったです。
これからも宜しく。

☆ぶちさん

ぶちさんの故郷もたしか漁師町でしたね。
今回は大丈夫でしたか。
ご心配お掛けして申し訳なかったです。
民生ブログ頑張ってますか、また遊びにきてくだされ。

☆光福丸の娘さん

今回は心配掛けてすみません。

返し風のことでいいですよ。
同じ意味の風のことをいいます。
そちらではぶっ返しと呼ぶんですね。

>http://today.koufukumaru.jp/?eid=301243

>http://today.koufukumaru.jp/?eid=309045

あとでゆっくり読ませてもらいますね。

前回ご紹介いただいた記事読ませてもらいました。

光福丸の娘さんの気持ちよくわかります。
陸でのご苦労も察します。
これかも頑張って、過去を引きずらないのも了解です。

それのほうが、その方も喜んでいますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超大型低気圧接近! | トップページ | 託けです »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ