« 本日の漁獲報告!ババガレイとソイ | トップページ | 機関故障! »

2006年11月 5日 (日)

日曜なのに・・・

タイトルからして皆さんも大よその見当がつくことでしょう。

その通りです、日曜なのに朝早くから仕事でした。

羅臼の漁師が行なう刺し網漁という漁法は、魚の鮮度を落さぬよういろいろな努力をしています。

そのひとつが、第一・第三・第五日曜日の月に三回の日曜日には、船を出し投網が可能です。

巻き上げ作業は全日曜日とも禁止ですが投網という海に網を入れる作業だけは、この三回の日曜日に許可されています。

Dscf1060

そんなわけで、ちまたはお休みのなか午前6時に港を出て網の投網をしてきました。

日曜日を完全休日にしてしまうと刺し網を土曜日に刺し二日海に入れておくか月曜日の漁をあきらめて月曜日に投網作業だけ行なうかの二つの選択になり、俺たちはたいへん困るわけ。

それなのに何故なぜ今日のタイトルに「日曜なのに・・・」というように残念そうな題名をつけたのかというと、これは若い衆たちの気持ちの代弁といったところです。

漁業経営者には、ありがたい日曜日の投網も、従業員(若い衆)たちにとっては、もしかしたら地獄かもしれない。

漁師以外の人は殆んどが特別な日曜出勤でもない限り、まだ布団の中もしくは朝帰り。。

可哀そうだけどこれもお仕事。

Dscf1043_1

働きに来たときに交わした契約なんです。

俺も若いころには経験しています。

自分の家が漁業経営をしていても、殆んどの跡継ぎが若いころは人(他所)の飯を食べに出されます。

理由は二つあり、一つは自分の家の持つ漁業権利の使えない時期、例えば俺たち5トン未満船という船型の船は羅臼での漁を1月~3月まで休業しなければいけません。

この時期の収入が3ヶ月途絶えるので1月~3月でも漁にでることが出来る船に乗るか、どこかに出稼ぎにいかなければいけません。

もう一つの理由が板前さんみたいなもんで甘えの出る我が家から出され他人の船での修業的なもんです。

長くなりましたが、上のほうで書いた内容を憶えていてくれているでしょうか。

日曜日の投網は若い衆が「日曜なのに・・・」とは、自分も経験済みでして気持ちもよ~くわかっております。

Dscf1036

「従業員のみなさん、ご苦労様です。」

投網のみのため港に帰ってからの魚外し作業はないので、船に明日使う分の網をたいて終わりです。

「たいて」という表現前にも少し紹介しましたがもう載せますね。

「たいて」とは「網たき」という漁師ことばで、次回使う網を船の後部にある網箱というスペースに浮き側とオモリ(石を編んだもの)側にきれいに順番どおり並べる作業をいいます。

Dscf1040

ウミネコが見送るなか帰港です。

« 本日の漁獲報告!ババガレイとソイ | トップページ | 機関故障! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そちらはすでに寒いことでしょうね。
こちらは日中はまだまだ暑いですよ!

たけし様は意外と(しつれい)文学青年(?)ですね。そんなふうに感じました。

知床の空と海の色はアオ と一言では言えないようですね。きっとちゃんとした色の名前があることでしょう。ぺルシャン・ブルー、とかコバルト・ブルーとか。

朝焼けの紅い色もすごかったですね。あのような朝焼けの色はみたことがありません。朝焼けすると、天気がくずれる、、、とこちらでは言うようですよ^^

日曜でもオシゴト、ご苦労様です、たけしさん。

アッシら「サラ」は週休2日制だの、有給休暇、夏期休暇、正月休暇等々、年間の1/3がお休みです。
アッシの本業は106日休日がありますが、それでも公務員や大手企業よりは少ないので若者は文句を言ってます。

寒くなりますが、頑張ってください。

☆なぎささん

11月に入ってからは、10月のうちより暖かい気がしますね。
この後、明日からは時化模様のようなので知床はこの時化後また寒さが戻ってくるとの予報です。

>たけし様は意外と(しつれい)文学青年(?)ですね。そんなふうに感じました。

本を読むのは嫌いなほうではないですが、書くほうはメチャクチャですよ、読み返してみると「ここの繋がりは変」とか「「~ました。」ばかりの小学生のような文章が多かったりでお恥ずかしいです。

空の色ですが、決まったネーミングはありませんね、強いて名前をつけると「寒くてブル・ブルー」といったとこかな(^_^;)

朝焼けですが、こちらでも、朝焼けの後は時化といいます。
少しブログでも書いたんですが、低気圧接近前にこの現象が起こること多いです。
あの異常なまで真っ赤な朝焼けは、上空の大気状態が影響するようです。

☆ミノルさん

ミノルさんも、お疲れ様です。
漁師は休みがホント少ないですね。
でも一日の仕事に決まった時間枠もなく漁の無い日は昼前に仕事が終わることもよく有ります。

仕事は自分達の手早さ次第で早くも遅くもなるので、若い衆たちも自ずと仕事に身が入ります。

日曜日ですが俺が漁師をやり始めたころには、日曜日が月に一度も無かったんです。
今の若い奴らはこれでも恵まれているんですよ、
昔は魚も今より大漁で俺たちが他所の船で使われていたころは、夜中に出港して網を巻き、大漁で次の日の夜中まで魚外し作業をして寝ないでそのまま次の航海に出ることもちょくちょく有りました。

あのころは、漁師の世界はホント厳しい世界でしたね、まだ18・19才の遊び盛りのころです。
漁師が務まらなく辞めていく人も大勢いました。
通称「夜逃げ」といって羅臼以外の漁師町から羅臼に出稼ぎに来て船に乗るんですが、羅臼の厳しさについて行けず夜中、地元に何も言わず帰ってしまうのが大流行したことも・・・(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/4076843

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜なのに・・・:

« 本日の漁獲報告!ババガレイとソイ | トップページ | 機関故障! »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ