« 雪の妖精、久々の登場! | トップページ | 雨と違って »

2006年12月 8日 (金)

陸は吹雪!海底は潮流!

北の風 9m/s 波の高さ 4m 気温 -4℃ 天候は雪、積雪6cm!

前回の記事は大雪でしたが、大雪とくれば北国では、セットのようにつきものがあります。

それが吹雪、材料はさえあればいい。

この季節、一番簡単に起こる自然現象なのでは・・・

なんでかって・・・雪も毎日のように降り、風も毎日のように吹くから!

そしたら、書いて字のごとく吹雪となるわけ(^_^;)

Dscf1638

操船中も吹雪で前方の確認が鈍る。

このときは、まだ網巻き作業中なので、航行していませんが走り出すと雪はいっそう横殴りになるので前方が見にくくなってくることだろう。

周りにいるはずの船団仲間の船も雪のためその灯りが見え隠れしている。

肝心なのほうですが、昨日から風が北西や北よりとなり、海上も少しうねりが出てきたためか、お蔭か、の一部が復帰してきました。

本日巻き上げた網の種類ですが、スケソ網を2本とソイ網を2本です。

ソイのほうは残念ながらまだまだですね、でもスケソはここ何日かで一番良かったです。

Dscf1640

ここ一週間のスケソ水揚げが悪く、箱数の平均が15箱程度でしたが、今日は70箱ちかい漁があり、最後の追い込みとなるこの時期に拍車が掛かる。

魚が増えてきた原因は先日お話したように、風も西よりから北西や北に変わったこともあります。

それともう一つ、実は前回お話できませんでしたが不漁となる原因には海のも大きく関わります。

前日ぐらいまでは大潮でした、月の満ち欠けにより起こるこの潮の満ち引きが漁獲量と漁師に重大な影響を与えます。

この大潮は、漁師にとって有り難くない現象なんです。

Dscf0975

大潮になると満潮時と干潮時の海底までの深さに大きな差が出る、短時間にこの満ち引きが起こるということは、つまりそれだけ海流も速くなるということ。

そうなると、海底に沈めてある我々漁師の刺し網もその潮の速い流れを受け、まともに海底に真っ直ぐ立ちません。

下の図を海底の網と思ってください網に見えないかたも無理やり網と思ってくだされ。

普段潮の良いときは、網も下の図のように海底からピンと立ち結果海底から海上までの距離を詰め魚のかかる確率も上がります。

~~~~~~~~~~~~~~~~

||||||<゜)))|||||||

潮の流れが速いときには、下の図のように海底の網が潮の流れを受け斜めになり、それだけ海中の魚を受ける確立も減るわけ。

~~~~~~~~~~~~~~~

       <゜)))彡
///////////////

つまり網の上を <゜)))彡がゆうゆうと泳いでしまう。

こんなで解かるのだろうかおもいつつも無理やり載せてしまう自分が恐い(^_^;)

に関してはこんなところでしょうか、潮によって魚が網にかからなくなる理由はこのほかにもまだまだたくさんあるんですが、紙上の関係上今日はこのぐらいにしときましょう。

最後にタイトルどおり吹雪を載せておきます。

まだまだ、本格的な吹雪とはいえませんが、この時期ならこんなもんかな。。

« 雪の妖精、久々の登場! | トップページ | 雨と違って »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漁師」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

先日羅臼産のスケソウ鱈とハタハタを
お鍋にして食べました。おいしかった
ですよ。でもハタハタは身が崩れて
たまご以外の身はどこかへ消えてしまい
ました。つくり方悪いのかなー?

☆花さん、こんばんは。

>先日羅臼産のスケソウ鱈とハタハタを
お鍋にして食べました。おいしかった

寒くなるとスケソや鱈の鍋料理美味しいでしょう。

地元でもよくやりますが、やはりこの季節が旨いです。

>でもハタハタは身が崩れて
たまご以外の身はどこかへ消えてしまい
ました。

ハタハタは身を楽しみたいならオスですね、卵が好きな方にはメスといったところかな。

メスはどうしても卵に栄養をとられ身が薄くもろくなります。
花さんのつくりかたが悪いわけじゃないとおもいますよ。

おはようございます。

潮が動かないと、って言いますが、
川の流れのようになると、
アッシのような『下手くそ』には、手に負えなくなります。

網も斜めになるとは…

目からウロコです。

☆ミノルさん、おはよう。

潮は、魚の動きに大事な役割を果たしますが、極端に速くなるとブログに書いたように網が斜めになり、北海道の漁師はこれを網がネマル・ネルといいます。

こうなっては、網から水面までの距離が開き魚のかかる確率も悪くなりますね。

こんばんは~~

お魚のお絵描き、たいへん上手でした!
そちらは寒くてたいへんそう。

うちには今のところ、寒暖計がないので、今何度、とわかりませんが、明日にでも買ってきてご報告しようかな~。

ちょっとたけし様をうらやましがらせるんじゃないかとおもいますが。(10度くらいかな)

☆なぎささん、こんばんは。

寒いですよ~「南国育ちの」なぎささんには、どう説明するのが良いかな?

う~ん・・・そうだぁ!「冷蔵庫の冷凍室に手を入れてみてくだされ、それが24時間続くとおもってもらえればいいかな(^_^;)

1月~2月はそれ以上です。
でも、知床は北海道ではまだまだ暖かいほうなんですよ、阿寒では今日の最低気温が氷点下16℃だったそうです。

鼻水も凍るとはこのことですね、凄いでしょう(・。・;
阿寒やその他にも極寒で有名なところではこの-16℃も序の口らしいです。

>うちには今のところ、寒暖計がないので、今何度、とわかりませんが、明日にでも買ってきてご報告しようかな~。

体温計じゃダメだよね・・・スミマセン
<(_ _)>

俺の夢は暖かいとこで暮らすことです。
なぎささんは良いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/4470115

この記事へのトラックバック一覧です: 陸は吹雪!海底は潮流!:

« 雪の妖精、久々の登場! | トップページ | 雨と違って »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ