« 北国 | トップページ | また爆弾低気圧接近! »

2007年1月 6日 (土)

ドラマ「マグロ」

「マグロ」前編・後編も最後まで魅入ってました。

掲載できる写真がないので知床の風景ですが我慢してくださいね。

Dscf3269

この新春ドラマは見ごたえありましたよ。

前編では、長男ヒロミチの漁最中事故での片腕切断から始まり、父ちゃんの船が海難事故と波乱つづき、ヒロミチはこの事故以来家を出て行く。

あとを追うように次男ワタルも家を出る、体の弱い次男を心配して母ちゃんと次女マイも家を離れることに。

ワタルは、バンド仲間に騙され町金に多額の借金をしてしまいそれを知った長女ナツミが借金を返済する。

そのあとにも町金からの取立ては必要以上に続きここでワタルは傷害事件を起こしてしまう。

警察から連絡を受けたはワタルの元へ車を走らせるが、目に障害のある母は眩しい光に弱く、途中で事故を・・・

ここまでが前編の大まかなあらすじでした。

Dscf0318_2

↑これは知床の漁師ですが、皆いろいろあります。

これはドラマでしたが、本当の漁師にも似たような事故や家庭内の問題がありいろいろと考えさせられる3時間でした。

このようにドラマは構成されていました。

どこの漁師も今はいろいろと問題を抱えながら沖に出ている。

Dscf1034

後継者の問題や燃料の高騰、魚資源の減少や安値、それに反比するように漁具などの値上げ!

後編は、吾郎(大間の若い漁師)のもとでワタルが漁師修業をする。

たっつぁん(父)は、それを認めようとしない。

そんな父が亡き妻が残してくれた貯金で新しい船を買い大間での漁に復活!

ある時化の日、漁に出る父に認めてもらうためワタルもひとり漁に出る。

父は何度もワタルに港へ帰れと無線をするが、ワタルは帰ることをしない。

そんなとき父に当たりが!

250キロを超える大物にさすがの父も苦戦!

それを見たワタルは父の船に自分の船をつけ父の船に乗り移る。

助け舟に入ったワタルは父とともに釣り糸を引き格闘の末、大物のマグロを揚げる。

言葉には出しませんが、父は息子ワタルを大間のマグロ漁師として認めてくれたように取れた。

そして港へ帰港するシーンでエンディングをむかえます。

Dscf1396_1

↑こちらも知床・羅臼港に帰港中の漁船

「北の漁場」はどの漁師町もこんな感じです。

このドラマに俺も昨年中の漁を思い出していました。

大間だけの問題ではなくこれは日本全国の漁師にも共通する課題です。

« 北国 | トップページ | また爆弾低気圧接近! »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

漁師」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

私も見ました。
エンディングにせりふがなく、入港するシーンで終わる流れが、会話のなくても通ずる親子関係と相通ずる感じがしました。
役者も大変でしょうけど、カメラマンも大変だったでしょうね。
石原プロならでは・・・・でしょうか。

☆みわひめこさん

エンディングはドラマを見た人たちがそれぞれ持った印象でいろいろな台詞を頭に浮かべてもらう狙いがあるのかも知れませんね。

アクションシーンは石原プロのカメラマンならではという撮りかたでした。
ラストは少し物足りないようも感じましたが、ここからズルズルとお涙頂戴にしていかない切れが尚このドラマに深い想像力をかきたてるのかも。

たけしさま、
一般人の家庭にも、いろいろ~な、人間模様がありますわ~・・・、(^-^)

☆こつさん

>一般人の家庭にも、いろいろ~な、人間模様がありますわ~・・・、(^-^)

そうですね、このドラマは漁師をとおして全ての人に家族の絆を伝えているのでしょうね。

私も北国の網元育ち、父は直接船で漁には出ませんが、何人もの漁師さんを家族同様に心配していました。
帰港する船を見るまでは家族の心配は続きます。
漁師家庭の絆の深さ・強さは命がけですから・・・。
たけし様の、今年のご無事と豊漁を祈り上げます。
ところで、昆布の予約追加は可能でしょうか。

☆ばら色婆ァバさん

海が荒れ模様のときなどはオカで待つ家族は船が見えるまで心配しているようです。

>たけし様の、今年のご無事と豊漁を祈り上げます。

ありがとうございます。

>ところで、昆布の予約追加は可能でしょうか。

追加はいつでもOKです。
詳しくはメールでお返事しますね。

五島は夜中ずう~っと大嵐でしたよ。
先ほどからやっとおさまってきました。

そちらは台風以上の風が吹くといってますね。なにごともないように祈ります。

道内は大荒れの天気ですが
そちらの方も大変な事に
なっているんでしょうか
北見は雪は止みましたが
風がついてます。
漁の方も無理なんでしょうね
自然の力はすごいです。

☆なぎささん

北海道も今朝から低気圧の影響が出てきました。

知床(羅臼側)も風は強いですがまだ被害の報告はないですよ。

今日は用事で釧路というところまで行ってきましたが、行きも帰りも風や雪は影響なかったです。

ご心配掛けてすみません。

☆竹井さん

こっちは今朝から風が強いです。
でも、雪は降っていませんね雨です。

この時期の雨も何年振りでしょうか。
北見はどうですか、オホーツク側ほど影響出そうですね、お気をつけください。


今日は時間があったので過去の記事までゆっくり拝見しました。雄大な美しい写真を沢山アップしていて下さったのでとっても楽しめました。今年もすばらしい思い出をいっぱい作りましょう!

☆花さん

過去記事も見てくれたんですね、ありがとう

今年もチャンスをみていろいろ撮ってみようとおもいます。

今年もよろしく!

たけさん、やっぱり見ましたね。私も見ました。ホントはね、私、石原プロの人、渡哲也、舘ひろし、神田正樹・・などなど、好きじゃないんです。
天海祐希は、大好き、高橋克典も好きですが・・
今回はそれを度外視して見ました。良かったです。引き込まれていってしまいました。
これで、若い人が漁に関心を持ってくれるといいなとか思ってみていました。
現実はそんなに甘くはないでしょうが・・

☆ノアさん

「マグロ」見たんですね、あのドラマは漁師の生活というより、全ての人にいえる「家族の絆」がテーマだね。

天海祐希も高橋克典もいい味出してた。

>これで、若い人が漁に関心を持ってくれるといいなとか思ってみていました。

そうだね、今は漁師も後継者が少なくなってきています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/4817288

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「マグロ」:

» 大作TVドラマ、甲種合格ですなあ。 [この広い空のどこかで今日もいい日旅立ち]
ほぼ想像したとおり、期待通りの運びで、夫婦役ではなじんでいる渡⇔松坂コンビ、はずむ展開である。(ただし、松坂のメイクはとても猟師の妻には見えないが…)それもご愛嬌。家族ドラマに傾斜しているこのところの石原プロ作品としてはいつもながらチームワークもよろしくゆったり楽しめた。... [続きを読む]

« 北国 | トップページ | また爆弾低気圧接近! »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ