« オジロ鷲が舞う | トップページ | 流氷が! »

2007年2月25日 (日)

流氷到来!

[流氷] ブログ村キーワード


1月から3ヵ月のあなぐら生活にピリオドを打つ日も

昼間何気なく部屋の窓から外を眺めると、ついに待ちこがれていた流氷を発見!

早速外へ出かけ撮影ッス♪

数週間まえから知床半島の先端や遠く水平線の影には確認できていたのですが、これほど接近したのは今年初です。

Dscf2575

今年の流氷接岸は例年に比べやや遅いかな、でも去年は接岸が一度もなかったので今年は存分に見せますよ流氷を!

Dscf2582

接岸、接岸といってますが、ほんとうに接岸してるのかいなとおもうでしょう。

では、接岸の瞬間をお見せしましょう。

Dscf2605

はい、接岸です!

流氷のなかをスケソ漁船が帰港中のようすも遠くにみえるでしょ。

もっとそばで見たいですかお見せしましょう。

Dscf2606

なになに、もっとそばでですか、わかりました・・・がんばります(^^)v

Dscf2611

えっ!もっとですか!

わかりました、なんとかしましょう。

<(`^´)>

Dscf2619

どうです、流氷前30センチの距離ですよ!

手に取れそうでしょ♪

えっ!にとって見たい・・・それはちょっと ^^;

う~ん・・・わかりました! それではオレが変わりにもちましょう。^^;

Dscf2617

どうです、ホンマもんの流氷ですよ♪

これを、グラスにいれてお酒も良いですよ~♪

なになに、ってみたいとおっしゃいますか ^^;

それでは、みなさんの代表としてオレが乗ります<(_ _)>

Dscf2629

どうです、流氷を存分に楽しめましたか♪

Dscf2613

このまま、風と潮の流れしだいで流氷は、半島に接岸したり離れたりを冬のあいだ繰り返すことでしょう。

« オジロ鷲が舞う | トップページ | 流氷が! »

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

流氷」カテゴリの記事

知床」カテゴリの記事

コメント

たけしさん、お晩でございます。

流氷の上、アッシも乗った事があります。
そのとき一度だけしか流氷を間近で見たことはありません。
朝6時まで飲み続けた後、朝一の特急で網走→ウトロと向かったのでございます。
おかげで札幌から網走まで5分くらいで着いた気がしました(途中方向転換で起こされましたが)。

頑張って行った甲斐がありました。
やっぱ感動しましたヨ。

☆ミノルさん

こんばんは、流氷の上にあがると何か流氷を征服したような気になりません^^;
ここにあがってみるとその雄大さにかんどうするね。
耳を澄ませば流氷の鳴き声も聞こえてきます。

いやー迫力ある写真に感動です。
こんなに身近にというか
上に乗ってしまって,羨ましいです。
しかし,危なくないんですか?

☆竹井さん、こんばんは。

迫力伝わって良かったです。
この日は、接岸してくれたのでうまく乗ることができました。

>しかし,危なくないんですか?

水深の浅いヒザくらいまでのところにあった流氷の上ですから大丈夫ですよ。

先日、テレビでどうして流氷が出来るか知りました。それ以来、流氷に関心が高くなりました。
もしかしたら、たけしさんのところでも話題になるかなと思っていたら、出ました!
臨場感あふれる映像。居ながらにして、流氷を体験したような気分になりました。ありがとう。

☆hikiさん

こんにちは、おひさしぶりです。

流氷楽しめましたか♪

>テレビでどうして流氷が出来るか知りました。それ以来、流氷に関心が高くなりました。

流氷は遠くシベリアはアムール川の氷が海に流れ出し、北の海(オホーツク海)を南下しながら冷たい北風や波しぶきを受けて大きく成長していき知床にやってきます。

>たけしさんのところでも話題になるかなと思っていたら、出ました!

おまたせしました。
数週間まえから、確認はできていましたが、みなさんにお見せできるほど接近していなかったもんですから、この日まで待たせてしまいまいすんません。

>臨場感あふれる映像。居ながらにして、流氷を体験したような気分になりました。ありがとう。

そういってもらえるとブログ冥利につきます。<(_ _)>
これからも、いろいろとこちらのことを記事にしていきますのでよろしくお願いします。

たけしさま、
わ~ヽ(^o^)丿、
い、いいな~っ♪
うらやましいです~・・・、(*^。^*)

☆こつ様

流氷の迫力は伝わったでしょうか。
毎年2月初め頃やって来て3月末くらいまで流氷を見ることができます。

でも、去年は接岸が一度も無く、今年もまだ一度だけですね、流氷の規模が年々小さくなってるのがその理由だとおもいます。

今年は沖に確認できるので、そのうちまた接岸があるでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/5486219

この記事へのトラックバック一覧です: 流氷到来!:

« オジロ鷲が舞う | トップページ | 流氷が! »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ