« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

いろいろ経費掛かります!

船を港に浮かべてからは、毎日のように船と家を行ったり来たりです。

Dscf3263_5 上架中に間に合わなかった諸々の個所を直してもらったり新に加えたりと金掛かります。

今、直してもらっているのはテントの骨組み。

当方ブログ初めてのかたや訪問間もないかたにはテントといっても「なんだそれ」ってところでしょうね。

「船にテント?キャンプでもやるんかいな」といった感じでしょう。

まず、船のテントとは、なんぞやというかたへ、これが船のテントです。

Dscf0157_2 船の前半分を覆うこの白いものがテントです。

これの役目は、主に作業中に雨風に当たらないようにするため。

それと、もうひとつ重要な役目が、網で獲った魚のためです。

雨風や太陽の直射日光魚に当てないようにする役目もします。

Dscf1629_1 ここまで言うと、良いことずくめのようですが、欠点もいくつかあります。

テントを船に張ることにより、作業中に頭がテントに遮られ屈んだ状態での作業が増える。

俺の船についてるテントは、高いところで170センチぐらい、低いところはこれより10センチ以上差が出ます。

立ち仕事ばかりでは無いのですが、長時間沖で作業するとなると首や肩への負担が大きいです。

そこで今回、テントの全体の高さを20センチちかく上げてもらうことにしました。

Dscf3303_1 今年は、漁が始まる前からエンジン整備テントの骨組み直し経費が掛かっています。

お金貸してください。

出世払いでお返しします <(_ _)>

でも、これ以上の出世は保障できませんが (汗)

一応、会社で言えば社長だから、会長になれたあかつきにはお返しできるかも・・・現在我が家に会長制度は無いですが。

最悪の場合は、船で逃亡するかも、広い海のどこかでワンピースをみつけたらお返しします。

「信用できない!」と、あちらこちらから聞こえたような・・・^^;

やっぱり、春漁で大漁して返していくことにします。

2007年3月29日 (木)

4月6日に向けて

4月6日は、これから6月までの3ヶ月を左右する大事な日です。

この日ですべてが決まるといってもいいくらい。

Dscf3295_7

続きを読む "4月6日に向けて" »

2007年3月25日 (日)

明日は船移動です

3月20日に、上架場から船を船台に乗せ港に浮かべました。

この日は、天候も良く作業はスムーズに進む。

Dscf3205

まだ、この時期はスケソ専業船が漁期間を終えていないので、海に下ろされた船を現在、漁を行なっているスケソ専業船の邪魔にならない場所にひとまず係船することに。

Dscf3217

船を係船する場所を求め港内をウロウロすること10分。

この日から何日かの間、船を仮に係船する場所を見つけ船を着ける。

Dscf3236

絶好の場所を見つけ係船です。

ここなら、専業船が漁を切り揚げるまでの約10日間ほど風波をしのげる。

Dscf3208

今年は、去年の秋に傷めたエンジンの修理を上架中にやってもらっていたので、化粧直しが間に合いませんでした。

Dscf3214

でも、修理のおかげで機関場(エンジンルーム)はピカピカ♪

修理代もけっこう掛かったし今年の春はこれで我慢しよう。

Dscf3211

そしていよいよ明日は、スケソ専業船の切り揚げ!

俺たちの春漁に使う港が明日開放となるので、明日は現在の場所からまた移動です。

Dscf3253

こうして、に何度も足を運ぶようになってくると、やっと始まるんだなって気持ちが沸々と湧き出てくる。

穴倉生活よ さらば!

2007年3月16日 (金)

毎度国後島です。

3月20日に船を上架場から下ろすことに、「下ろす・降ろす」どっちだろう?(日本語はむずかしい)

Dscf2890

いよいよ船を海に浮かべるとおもう漁が始まるんだなって実感がわいてきます。

あとは、当日の天候が良いことを祈るばかり。

今日の国後島も天候に恵まれとても綺麗でしたよ。

Dscf3174

国後島ばかり毎日見せられて飽きたでしょうね、でも目の前には国後島しかないんです。

てなわけでもう一枚(汗)

Dscf3184_1

毎日少しづつですが、季節の変わり目で変化している国後島を皆さんの感性でお楽しみください(汗)

とはいいましても、今だ雪に覆われあまり変化がありません。

これは、国後島に限らず知床連山も一緒です。

Dscf3150

頂上付近が雲で覆われ、やや不明の点もありますが、知床連山というか知床半島もこのとおり、真っ白。

Dscf3149

この二枚の知床半島を写した写真を見て疑問を懐いた方も、もしかしたらいるのでは。

なぜに、漁に出ていない俺が沖から知床の全貌を収めた写真を撮れるのか!

解かっている方には、くだらないことなんですが実は、これは陸から撮った写真です。

ここは、知床半島を陸にいながらほぼ全域を眺めることの出来るスポットです。

名称未入力

ここから眺めると

Dscf3133_1

国後島はこのように見え

Dscf3153

知床半島はこのように見えます。

春漁が始まったら、本物の沖から撮った白銀の知床を載せますのでご勘弁くだされ。

2007年3月14日 (水)

減税?増税?

今日は、いつもより少しばかし早起きです。

玄関を開けてビックリ!

昨日除雪したばかりなのに~。。

Dscf3123_1

早速、本日も朝から雪投げ作業にかかる。

今日の雪投げは急いでます。

実は根室市というところへ行く予定だから。

用事はタイトルどおり、確定申告とあともろもろです。

すべてを午前中に済ませたいので、除雪急ピッチ!

Dscf3115_2

やっと完了、自宅前庭から国道までの道が出来上がりいざ出動!

昨夜の大雪がうそのように、いい天気です。

Dscf3077

国道沿いに見える海も眩く輝いて綺麗でしたね。

途中、あともう少しで根室というあたりで、なにやらうごめく白いものを発見?

急ぎの用事があるのに悪い癖でまた寄り道を少々(汗)

国道をはずれ車で近くまで行き、確認するとそこにはアヒルが?ちがった白鳥が!

Dscf3099

近くまでよって何枚かデジに収めていくことに決めちゃいました。

Dscf3082_1

そして、ふとにかえる!

「白鳥の湖」で遊んでる場合じゃな~い。

Dscf3109

そしてやっと今度こそ根室向けです。

そして申告深刻な顔で済ませる・・・なんて。

所得税額って減額になるらしいけど、それってお得なんですか

確かに減額の分手取りが増えるけど6月には住民税定率減税がなくなるってことは、所得税の減税より住民税の増額のほうが大きいと思うから・・・

そのぶん増税になるってことかいな、儲かったとおもっていられるのも5月までかい。

などと、無い頭で考えても解決しないしブログ趣旨がちがうので、ここでオシマイ!

2007年3月12日 (月)

寒のもどり

もうそこまで来ている春の知らせを打ち消すようなここ何日かの寒さ。

発達した低気圧の影響もあり、知床はまた冬に逆戻りです。

Dscf2959

今朝の状態がこうです。

昨日も雪が降り、除雪をやったばかりの玄関まえがまたこのとおり。

去年もでしたが、今年も3月の季節外れの大雪に悩まされるかも。

気温も寒のもどりか、2月より寒く感じるようです。

まさに、三寒四温といったところでしょうか。

Dscf3019

しばらくツララも屋根に出来ることがなかったのに最近また見え始めました。

やっぱり、気温が下がってきているんだろうね。

知床の春はこれで、まだ先のことになったようです。

Dscf2985

この雪の山は、低気圧が知床を通り過ぎる3日間にタイヤショベルで自宅前を除雪したもので、高さはゆうに3メートル以上となりました。

この雪の山は、いつ融けることやら (汗)

また、お向かいさんの国後島もここ何日かの雪でまた、真っ白に雪化粧してましたね。

Dscf2971

裏山もこのとおり、冬真っ盛りといった感じになりつつあります。

Dscf2965

ところ変われば、の便り、日本列島の広さを感じる今日この頃!

2007年3月10日 (土)

いろいろあった一年

もうすこしで、春漁がはじまる!

もうすこしでブログもはじめてから一年となる!

Dscf2871

漁の方は、やっとはじまるって感じで待ち遠しかったです。

休業期間中に作っていた鱈網とホッケ網で、おもいっきり魚を獲らせてもらいます。

この3ヶ月の穴倉生活にやっとピリオド!

ブログのほうも、4月で一周年となります。

柄にもなく、過去に掲載した記事を読み返して反省したり、顔を赤らめたりと・・・

Dscf00411

いろんなかたとも知り合えいろいろと教わり、ブログに挑戦してからの一年は充実した一年でした。

たくさんの人との「出逢いも」どれも今までにあじわったことのない経験です。

言えるのはブログはじめてよかったということ。

Dscf0557_1

そんなわけで、春漁のはじまりとブログ一周年が同時となる4月からは、いろいろとリニューアルしていこうかなと?(未定です)

もしかして、題名も「おじさんからよろしく!」とかに変わっているかも ^^;

でも気持ちはいつまでも若いつもり、あたまの中身は若すぎというか幼稚といったほうがあってるかも。

2007年3月 6日 (火)

ジャニーズの嵐でした

船の整備状況化粧直しの確認をしに久しぶりに上架場へ行ってきました。

Dscf2904

去年秋に痛めたエンジンの修理がすっかり完了していたのでまずは一安心。

でもこれから修理代の支払いが待ってます (T_T)

化粧直しのほうは、まだ順番がまわってきてませんというか、整備のため化粧直しを後にまわしてもらっていたのでもしかしたら間に合わないかも?

Dscf2874

あと、今年は船の「一級小型船舶操縦士」の海技免状を更新する年にあたり、ついでに船から必要書類をおろしにいってました。

4月のはじめころに、更新講習が何時間かあるようです。

海技免状無線技師船舶レーダー技師とかあと諸々と・・・

漁師も色々とたいへんなんですよ、網を海に入れて魚獲ってるだけじゃないんです。

Dscf2901

船から必要な物を持ち帰ろうとしていたとき、上架場から少し離れたあたりの港内がなにやら騒がしい

目を凝らして見てみると、そこには若い女の子が大勢こっちをみて「キャーキャー」いってるぞ!・・・そんなわけない ^^;

彼女達の目線を追い沖に目を向けるとそこには、2艘のクルーザーが、なにやら引っぱっている。

よく見るとそれは流氷のようです。

Dscf2887

そこには、数人の男性が乗り、まわりのクルーザーから撮影しているようです。

撮影クルーの乗っていた船は、(有)知床ネイチャークルーズというところの船のようで、何かの撮影らしい。

時間もなく詳しいことはわかりませんが、興味のある方は下記のサイトで調べてみてくだされ。

http://www.e-shiretoko.com/ここがサイトのURLですので、数日後には何か載るかもしれませんね。

帰りしなにギャラリーの女の子に「何の撮影」と聞いたら、ジャニーズというグループの収録ということでした。

「嵐」・・・ん?

Dscf2895

これって亀梨くんとかの・・・いやちがう、あれはまた違うグループのはず!

オジサンは、ジャニーズと聞くとSMAPキンキぐらいが最後の砦です。

これからあとのメンツは、顔と名前と所属グループが一致しない ^^;

Dscf2880

彼女たちいわく、「あっ○○君がこっちをみたよ」って、オレにはどの人が○○君でどの人が撮影クルーでどの人がマネージャーなのか、ぜんぜんわからんです?^^;

こうして、少しのあいだ野次馬となり見学をして帰ってきました。

収録見学に来ていたあの子達はきっと、いつ戻るとも知れない船をまち、最後にサインとか握手とかしてもらうんだろうね。

こんど綺麗な女優さんとか来てくれないかな・・・

2007年3月 5日 (月)

流氷が!PART2

いま、考えてることはPART(パートと書いたつもり)のスペルあってるだろうか?

まちがっててもニュアンスでわかるかな ^^;

野暮用を兼ね昼間ちょっとばかし出かけておりました。

Dscf2836_1

知床半島羅臼側を海岸沿いに続く国道335号線を標津方面に向かうこと約20分のところに薫別(くんべつ)という小さな漁師町があります。

ここは、羅臼町の隣町にあたる標津町というところの管轄になる町です。

Dscf2820_2

この町は数年前にサケの溯上で一時有名になったとこで、川一面がサケで真っ黒になるほどでした。

さて、話が反れそうなので本題に移ります。

この薫別町を少し過ぎたあたりでふと海に目をむけると、そこには羅臼の海岸を離れそのまま南下を続けていたであろう懐かしの流氷が姿を現しはじめる。

Dscf2851

先月26日に突如姿を消したあの流氷は、一週間のあいだ知床の海をさまよい続けていたのでしょう。

そして今日、偶然また再会です。

先日羅臼での撮影場所からここまでの距離は約30キロ、ここまで来るあいだでだいぶその姿かたちも変わったようです。

Dscf2858

こちらは、流氷の真陸から撮った写真です。

まだ流氷は接岸とまではいきません。

目検討ですが、この時点でまだ陸から、2キロ以上は離れていたとおもいます。

こうして、流氷の写真をカメラに収めて目的の用事を済ませにまた走り出す。

用事は買い物が主で中標津町という、この流氷があった場所からさらに30キロちかく車で走ります。

ここでの野暮用をすべて済ませ羅臼向けになるまでの時間は、はじめに流氷を見てから約2時間といったところでしょうか。

Dscf2870

前に潮で一夜で消えたと話しましたが、今回はまさにその反対!

こんどは潮で一気に接岸です!

Dscf2866

今年二度目の接岸写真を楽しんでくだされ。

Dscf2869_1

Dscf2868_1

Dscf2867

今年二度目の流氷接岸報告でした。

2007年3月 4日 (日)

いまさらながら河童です!

「いまさらながら」って何のことかというと、ブログ記事のことです。

今年に入ってからは更新もめっきり減り、めんぼくないッス <(_ _)>

やっぱり漁師は陸(おか)にあがるとダメだね。

Dscf2777

陸にあがった河童になりそうです ^^;

でも、もし河童になったら食器洗浄器で頭洗えるのだろうか・・・・・それ便利かも♪

過去記事をざっと見ると、二日平均で記事載せていたようです。

今はというと一・二週間に一度くらいかな?

沖に出てると、これも書こうあれも書こうと船長室で舵を握りながら思っていたのに。

秋漁が終わり去年の暮れには、「これでゆっくり毎日ブログの更新だぁ!」・・・とおもってたのにね。

Dscf2795

むずかしいもんです。

「記事があれば時間が無い!」

「たっぷり時間があると記事が無い!」

天はニ物をあたえてくれませんでした ^^;

「モテないのに、お金が無い」こちらは、神様しっかりとニ物を与えてくれました(汗)

Dscf2784

ここにおいでくださる皆さんのブログを見るとうらやましいです。

皆さん、毎日精力的に更新していて、話題性があってオレにはとても真似できません。

「漁師の語る日々の出来事」なんてかっこよくはじめましたが、かっこわるいッス。

日々の出来事は、「朝起きて顔洗って飯食って仕事してテレビ観て風呂入って寝てます」 ^^;

充電期間と自分に言い聞かせながらなんとかここまで来ました。

Dscf0806_5

あと、漁まで一ヶ月を切ったのが唯一心の支えかな。

こんな調子で、忘れたころに更新してますがよろしく。

4月からはまたショウモナイこと書き始めるけど勘弁してくだされ
<(_ _)>

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ