« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月28日 (金)

秋漁終了!

10月1日から約3ヶ月に渡り行なっていた秋漁も今日で終了!
今年の主な漁はスケソカレイだった。

Dscf5605

北国最東端、知床半島羅臼は今年の秋も氷点下地獄との闘い。
漁最中最も冷え込んだ日には氷点下10度を上まわる!
12月に入ってからは日中でもプラスの気温になることが殆んどない、知らぬ間に鼻水がたれ落ちる・・・^^;

Dscf5616

また真夜中零時に出港し漁に出ている海での体感気温はそれをさらに上まわる厳しさ。
世界自然遺産としての華やかな知床の半島に隠された漁師達の厳しい一面と言ったところでしょうか。

Dscf5607_2

その厳しい環境での秋漁も無事今日で終了、いろいろありました。
若い衆出面さんに厳しく当たったことも・・・ゴメンな<(_ _)>
沖への出漁は昨日まで今日は漁具の後片づけが主な仕事となる。 知床はこれからまだまだ寒くなっていくことでしょう。

Dscf2327

皆さんの所もこれからの時期寒さが日に日に増し厳しくなることでしょうね、どうかお体ご自愛くだされ。

2007年12月26日 (水)

あと一日!

十月から三ヶ月間に渡りおこなってきた秋の漁も、いよいよ明日最終日を迎える。

想い起こせば俺にも若い衆たちにも、この三ヶ月いろんなことがにあった。

Dscf5619

楽しかったことや辛かったことなど、紙面上では書ききれないくらい・・・

泣いて笑ってと、そうこうしている間に切り揚げ(漁終了)です。

肝心な漁のほうはというと、今年は何年かぶりに前浜は豊漁となる!

魚種的には、三ヶ月のメインが今年の秋はスケソだった。

Dscf5588

毎年メインになるホッケが今年は不漁、おまけに真イカ安値が続き、このスケソにはホント助けられた。

気がかりはホッケ、どうしたもんか今年は全然獲れなかった。

来年のことを考えると少し不安なとこも・・・

水温が関係しているのか詳しいことはわからないけどね?

ただ、明るい希望というか兆しというか、この切り揚げまでのラスト何日かになり、今まで皆無状態だった真ホッケが羅臼の前浜に少しですが戻って来たようです。

Dscf5629_2 スケソを獲るために仕掛けているスケソ網に、ここ何日かホッケが付いてくるようになってきていたので三日前に、イチかバチかホッケ網を投網(仕掛ける)してみることに。

次の日恐るおそるホッケ網を巻き上げてみると、いるじゃないですか真ホッケが!

この日獲ったホッケは市場で高値キロ700円のセリ値がつく。

Dscf5631

ホッケすべてのサイズの平均値でも500円以上し水揚げは約400キログラムラッキー♪

漁がないので、高値で買われたらしい。

また今年の秋は、去年と違い人手がある程度そろい大助かりだったね、出面取りさん達感謝です。

Dscf5578_2

寒い中ご苦労さんでした、明日の最終日もヨロシク!

去年は漁が良くなってきた肝心な場面で人手不足となり、おもった漁が満足に出来なかったことも暫し、人手が無いと、どうしても獲り不足するようです。

これが最近の近況といったところ。

明日は最終日、優秀の美で閉めたいね!

2007年12月23日 (日)

Happy Merry Chistmas そんなのかんけぇ~ねぇ?

今年もまたこの辛いイベントがやって来る?

イベントとは言わないかな?仏教徒の多い日本人にはイベントみたいなもん。

何が辛いかって、今年のイブも一人さびしく過ごさねばということ。

街はクリスマス一色、街歩く人たちが皆幸せそうに見えてくる。

今年はもう間に合いそうにない、ケーキでも買ってヤケ食いしてやろうか ^^;

などと、ふざけている場合じゃない!

Dscf5598

秋漁切り揚げ(終了)まで、あと4日と迫ってきている。

何とか最後まで魚が切れないで獲れてもらいたい。

そして切り揚げたら、おもいっきり遊んでやりますッ!

と、おもっていたら、この記事を書いてる途中で友人からの電話が鳴る。

友人「たけし、切り揚げたら何か仕事やるのか?」

俺「なんもやらん、おもいっきり遊ぶ」

友人「ダメだぁ、仕事手伝え」

俺「えっ・・・仕方ないお前の頼みなら行ってやる」

てなわけで、来年の1月遊べなくなってしまった!

せっかく彼女探そうとおもってたのに ・・・(T_T)

2007年12月14日 (金)

明日は時化?

皆さん、お仕事ごくろうさま お疲れさんです。

今日の羅臼は久々に暖かい日でした。

気温はプラスの1度~3度くらいはあったとおもう。

海も低気圧が近づいているわりには穏やか

Dscf5514 夜中の出港時にはいつもの雪に変わり雨まじりの雪、はやい話が霙だった。

この気温の上昇はおそらく現在北海道の南東海上を発達しながら北東に進んでいる低気圧が原因だろう。

この低気圧は北海道を抜けてから猛烈に発達するとのことだが、明日はどうなることやら。

天気図

Yahoo!天気情報 参点

今のところ風、波ともにそれほど強いという感じがしない、これから徐々に波風も強くなっていくのだろう。

残り日数も少なくなってきたので、漁に出られない程の大時化はいらないね。

それと、週間天気によると来週からは真冬並みの寒波が北海道に近づき気温がぐっと下がるらしい。

Dscf5570_2

予想気温を見ても-5度~-10度くらいの予報がだされているようだ。

寒いにも限度ってものが!あんまり寒いのも勘弁してもらいたいね ^^;

2007年12月 9日 (日)

最近の漁

先週の土曜日もいつもの朝帰り、好きで出てるんだけど最近ちょっとキツイかも(汗)

それでも、一週間短い睡眠時間で漁に出て寒い中で働いて土曜になると飲んで騒ぎたくなるから気付くと街に出てる。

12月に入り漁のほうも最後のラストスパート!

Dscf5584

残り日数は後15日くらい、今年はいつもの年にくらべスケソの水揚げも少し多かったのでこの調子で最後までいきたいとこだね。

しかしそのスケソが先週の木曜日くらいから弱冠漁が減ってきている、切り揚げまでのもう少しのあいだなんとか続いてくれることを願い明日も沖に出る。

Dscf5567

他の魚種はというと、今年は肝心の羅臼真ホッケが近年にない不漁だった。

俺が漁師を始めてから今までで一番の不漁年だったのでは。

なんせ、箱にまとまったホッケを目にすることがこの3ヶ月で何回あったことだろうか。

あとはカレイですが、こちらはまずまずといったとこ。

Dscf5589

値段もある程度の高値を維持し、水揚げ的にも悪くなかったとおもう。

主に獲れたのが宗八カレイと真ガレイという二種類で最近はアサバガレイという種類のカレイが増えてきたようだ。

Dscf5592

魚種には拘りが無いが少し数と値段が良ければ良いのだが。

これが最近の近況報告といったところ、あとは切り揚げまでのラストスパートに賭ける!

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ