« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

春漁終了part2

[世界遺産登録] ブログ村キーワード

春漁の終了のpart2ということで、今日は主に景色や操業風景でいこうとおもう。

操業中目にする景色や風景にはおもしろいものや二度と目に出来ないものと色々ある。

ブログの題名が知床からよろしく!ということで今回は主に世界自然遺産の知床半島でいこうとおもう。

↓の写真は春漁開始直後4月中頃の知床半島、山々はまだ深い雪に覆われている。

Dscf0116

実は今回俺が載せているものには、そんな大それたものはないので気楽に見てやってくだされ。

まずは、操業風景から刺し網を巻いているところ、これが毎日行なわれる大事な作業。

こうして巻き上げられた網についてくるホッケやスケソなどの魚をこのあと船の甲板で網から外す作業になる。

写真は網についているホッケを外す作業。

Dscf0862

これは羅臼沖約4kmから見た知床半島で写真ほぼまん中にある一番高い山が知床半島最高峰の羅臼岳。

Dscf0715

これも同じ知床半島で撮影時間は日の出直後のAM 3:30ころ。

朝日が知床の空をピンク色に染める。

Dscf0622_2

その朝日がこちらで、この時期朝日は国後島から昇る。

Dscf0176

操業中に毎日見る景色だがその日の気温や天候でその色あいが変わっているのがおもしろい。

2008年6月28日 (土)

本日をもって春漁終了!

[知床旅情] ブログ村キーワード

本日6月28日をもって、4月から3ヶ月にわたって行なわれていた春漁の最終日となる。

前にも書いていたことだが、今年のは近年稀なホッケの不漁が続き不安な日々を凄しながらの出漁だった。

頭を過ぎるのは、水揚げで賄えるのか不安な諸経費!

国後島をぼんやり見つめながら、どうにかなるさと安易に気持ちを維持しようとするも、やっぱり一瞬頭をよぎるのは。

Dscf0745


若い衆たちの給料・今年使った網の代金・船の燃料代・故障箇所の整備費・新しく購入した無線などの代金
・・・と数えたら切が無いね(汗

そんな毎日からもやっと今日開放され、ほっとを撫で下ろしている。

しかし終わってみれば最終的に総水揚げは去年を上回り諸経費の支払いは、なんとかなりそうとのこと♪

前回の記事にも少し書いたが理由は4月初めから5月中ころまでのスケソの水揚げが良かったことと不漁だったホッケだが値段がいつもの年の近かったため。

Dscf3522

生産者として値段の差って凄いなとあらためて実感する年となる!

その今まで低迷を続けたホッケだが昨日は久しぶりの豊漁となり、最近の一日平均水揚げ高を大きく上回る、これがホントのラストスパートってやつだね^^

そして最終日の今日はというと、これまた嬉しいことに80箱と昨日よりもホッケの箱数が多い♪

Dscf0863

このラスト2日間にはホント助けられたね、現在ホッケは浜値で1箱平均6000円はするのでホッケだけでも高水揚げとなるが、これに今日昨日と思いがけない伏兵も付いていた。

その伏兵とは4月・5月水揚げを助けてくれたスケソ鱈!

このスケソが昨日は100箱くらいあり、こちらは約1800円で取引きされていたね^^

Dscf0842_3

最後の最後になる、この2日間は久しぶりに活気にあふれていた。

本音を言えば一番良いのはこのような漁が毎日続けば良かったのだが・・・

それでもこのは、無いよりはずっと良いというか、もの凄~く良い!

本日で漁も終了なので本船からの写真撮影はあと約3ヶ月後となるので今日は、普段めったに見られないというか漁師以外なかなかお目にかかれない操業中の船から撮った北方領土のひとつ国後島どあっぷを一枚載せておきます。

Dscf0784_2

最後に昨日の記事のコメントにも「終わりよければすべて良し」とブログ仲間の方からコメントを頂き、まさにそのとおりと実感していたね。

そして最終日の今日をむかえ、に付いてくるを見ながら心思うことは。

「終わりよければすべて良し!」・・・グウ~

2008年6月27日 (金)

明日でいよいよラスト!

[ホッケ] ブログ村キーワード

明日でいよいよラスト!のタイトルどおり明日は春漁の最終日となる。

今年の春漁も流氷に始まり、いろいろとあったね。

漁開始直後は例年になくスケソが豊漁となり浜は活気で賑わっていた。

Dscf5747

この漁での賑わいも5月初めまでのことそれ以降は春の主漁ともなるホッケはさっぱり獲れない。

このままでは今年はどうなることやらと、眠れぬ日が続く・・・と、書くと少し大袈裟だね、毎日しっかり寝ておりました(汗

そのホッケですがラストまであと2日となる今日思いがけぬ豊漁となる。

Dscf0835

ここ何日かは、ホッケ正味15キロ平均の箱を15箱程度だったのが一気に70箱となる。

これでもまだまだ全体漁をみれば足りないのだが、獲れればやっぱり嬉しい

明日、ラスト一日も今日のような大漁になって最終の美を飾って締めくくりたい。

話は少し変わるが今年の春漁総水揚げはというと、これが終わってみると昨年春よりがっている。

Dscf0834

考えられる理由としてホッケの値段が上げられる。

水揚げ数量自体は完全にだったが、浜値がいつもの年の倍近くで取引されていたことにある。

あとは春漁開始直後のスケソが例年より豊漁となったのにだいぶ助けられたね。

まさに捨てる神あれば救う神あり^^

Dscf0801

でもこれを一概に喜んでばかりもいられないのが現状!

いくら値段が良くなっても、これ以上に魚が減ればそれも追いつかなくなるだろう。

原油の高騰もそれに拍車を掛けてくるだろうし、羅臼の漁師にとってこれからの課題はまだまだ山積みに残されている。

2008年6月20日 (金)

あれ舵が動かない?

PM11:35いつもどおり船のブリッジに入りエンジン始動!

AM12:00に若い衆に船を港から離すよう声をかける。

船が港から離れ舵を切りクラッチを前進に入れる。

右舷側に舵を切っているはずが船は直進するのみ?

Dscf0157

どうしたんだろうと、操舵器の針を見ると右舷に切っているのに中立の状態から動いていない。

この時点で一度港から離した船を急遽港に着けなおす。

真夜中にエンジンのディラーに整備を依頼するも舵の油圧系統やシリンダーに故障が見つからない。

Dscf2076

あとは電気系統に問題があるという結論に達し修理を依頼することに。

しかし、工員が出張のため修理は午後からとなる。

午後5時に船舶電器の行員がやっと到着。

早速作業にかかる、原因はやはり操舵器の電気系統に問題有りとのこと。

作業開始から約1時間、操舵器中身の基盤を取り換え修理完了!

明日は今日出港出来なかった分もガンバらねば ^^;

2008年6月11日 (水)

気持ちが折れた日

午後八時が近い、いつもならそろそろ寝ている時間。

しかし今晩は眠れそうにない。

なぜに眠れないかというと、実は今日沖(漁)を休んで遅くまで寝ていたから。

これは昨日のうちに決めたこと。

理由は一つ、魚が獲れないから!

Dscf0643

じっと辛抱したものの、一向に漁が良くならん。

船の燃料費やもろもろを計算して、休む決断を。

と、言えばカッコイイけど単に気持ちが折れただけかも?

昨日は操業中に、何かがプツンと音を立てて切れた気がした。

その瞬間、頭の中で「明日は休もう」という考えが駆け巡る。

時化でも漁休日でもないのに、やっぱ気持ちが折れたんだね・・・

明日は平常どおり沖に漁に出る、一日休んで気持ちも楽になったし。

2008年6月 6日 (金)

希望

出港時はガス(霧)模様、今は午前中から続く長雨

気温も低く俺にとっては、あまり好ましくない天候といったところ。

Dscf0589

長雨はどうも苦手、憂鬱な気分になるのが大嫌い!

おまけにホッケ今一、どうなっているのかね

6月漁日数もついに残り20日を切り、そろそろ少し太いとこホッケが来てほしい。

昨年春から続いているホッケの不漁もこれで一年になる。

Dscf0490

これでも何とかやってこれたのは、ホッケ値段が良かったおかげ。

しかしこのままホッケが減少していけば、それも追いつかなくなるかも?

を巻いて何匹とかの漁になると、それも焼け石に水!

Dscf0584

これからの残り20日間ホッケ復活することを祈り漁に出るとしますか。

復活の兆しが見えれば、これからに希望も出てくるってもんだね。

これが現状だから記事にしたけどホントは、まだまだ希望を捨てたわけでも負けたとも思ってないけどね^^

2008年6月 3日 (火)

知床羅臼春の海

朝日の昇るこの時間、羅臼の海は、まだまだ寒い

真夜中の出港時より日の上がり際の寒さが一番キツイ!

Dscf0575

それでも日中はというと、羅臼の海もやっと少しずつ暖かくなってきているようだ。

気温が上がると、プランクトン小魚が浅い海に集まりそれを求めて海鳥の大群ハシボソミズナギドリも姿を見せはじめる。

海鳥はエサをさがしに。

ということは、ホッケもきっとこの下にエサをさがしに来てるはず^^

Dscf0600_2

Dscf0599

俺は、そのホッケをさがしに此処へ・・・^^

この海鳥が大群で見られるようになると、いつも不思議とホッケの漁も良くなってきているので、なんだかちょっと楽しみ♪

本来はクジラを見せに知床の海に出ている観光船だが最近はこの海鳥の大群を目当てに観光船(クルーザー)を出しているようだ。

Dscf0551

このすれ違った観光船知床ネイチャークルーズ長谷川キャプテン、今日もたくさんの観光客を乗せてのクルージング、すれ違ってから目で後を追うとやはり海鳥の大群の前で船を停止させているようだ。

Dscf0621

下の写真は操業中に遭遇したミンククジラを撮ったものだが慌ててピントをはずす(汗

船から5メートルほどのところをゆっくり、のんびりと気持ち良さそうに泳いでる。

体長は目測で6~8mといったところか。

Dscf0318

海の穏やかで暖かい日には、操業中にこうしてクジラをちょくちょく目撃するので次回はもっと良いのを載せれれば良いのだが。

Dscf0594

今日の記事はやっとらしく暖かくなり始めた羅臼の海での一日の出来事といったとこ。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ