« ページを表示できません。 | トップページ | 希望 »

2008年6月 3日 (火)

知床羅臼春の海

朝日の昇るこの時間、羅臼の海は、まだまだ寒い

真夜中の出港時より日の上がり際の寒さが一番キツイ!

Dscf0575

それでも日中はというと、羅臼の海もやっと少しずつ暖かくなってきているようだ。

気温が上がると、プランクトン小魚が浅い海に集まりそれを求めて海鳥の大群ハシボソミズナギドリも姿を見せはじめる。

海鳥はエサをさがしに。

ということは、ホッケもきっとこの下にエサをさがしに来てるはず^^

Dscf0600_2

Dscf0599

俺は、そのホッケをさがしに此処へ・・・^^

この海鳥が大群で見られるようになると、いつも不思議とホッケの漁も良くなってきているので、なんだかちょっと楽しみ♪

本来はクジラを見せに知床の海に出ている観光船だが最近はこの海鳥の大群を目当てに観光船(クルーザー)を出しているようだ。

Dscf0551

このすれ違った観光船知床ネイチャークルーズ長谷川キャプテン、今日もたくさんの観光客を乗せてのクルージング、すれ違ってから目で後を追うとやはり海鳥の大群の前で船を停止させているようだ。

Dscf0621

下の写真は操業中に遭遇したミンククジラを撮ったものだが慌ててピントをはずす(汗

船から5メートルほどのところをゆっくり、のんびりと気持ち良さそうに泳いでる。

体長は目測で6~8mといったところか。

Dscf0318

海の穏やかで暖かい日には、操業中にこうしてクジラをちょくちょく目撃するので次回はもっと良いのを載せれれば良いのだが。

Dscf0594

今日の記事はやっとらしく暖かくなり始めた羅臼の海での一日の出来事といったとこ。

« ページを表示できません。 | トップページ | 希望 »

ほっけ」カテゴリの記事

世界遺産」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

知床」カテゴリの記事

羅臼」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^^♪
寒さが一番キツイ、日の上がり際はの写真が一番素敵です(笑

海鳥とほっけとたけちゃん・・・誰が一番賢いか?・・もち・たけちゃん!note
大漁してください(^^♪

クジラの写真期待していますよ!
ホエールウォッチングが出来るなんて、やっぱり知床は良い所です(#^.^#)

ミンククジラ、、、穏やかな海、群がる海鳥、知床はやっと春が来たのですね。
こちらは梅雨入りです。

☆ろんちゃん、こんちわ。

朝日の昇るこの時間は空気も澄んでいるのか、景色は最高だねnote
海鳥とホッケと俺、一番賢いのはどれだろうsign02
ホエールウォッチングは、この時期調子の良いときなら毎日だよ。
でもカメラに収めようとおもってからは、なかなか姿みせなくなったよ、残念><

☆ナベショーさん、こんにちは。

知床の春はホントやっと来たって感じですね。
桜もほんの少し前に咲いたとこです。
そちらは梅雨の入りですね、今年は寒いと噂に聞きますがとうかお体ご自愛くだされ。

大変懐かしい風景を見ました。

羅臼から転勤になってもう20年以上になります。

羅臼で次男が生まれ、初の社宅生活を営み
朝野球の高松宮杯で全道大会に出場するなど
大変に思い出深い土地です。

あのころお世話になった渕野商店、羅臼電工社の斉藤さん、秋田さん、惣万さん、濱田さん、嶋崎さん、酒井建設さんなどまだまだお世話になった方はおります。

今もみなさん元気なんでしょうか。

☆会さん、こんばんは。

20年前、羅臼に住んでいたんですね。
写真で羅臼を思い出してもらえて光栄です。

>あのころお世話になった渕野商店、羅臼電工社の斉藤さん、秋田さん、惣万さん、濱田さん、嶋崎さん、酒井建設さんなどまだまだお世話になった方はおります。

俺の知っている方の名前もあります。
元気でやっていられる方もたくさんいますよ。

これからも知床羅臼が懐かしくなったら遠慮なく此処を開いてお使いください。

たけしさん、昨日は七夕ですよ!(笑)

少しづつさかのぼって楽しませていただいております。ってか、写真うますぎです。
自然の美しさをと共に暮らしてらっしゃるのがよくわかります。きっと写真に残せなかったすばらしい瞬間もたくさんご存じなんでしょうね。ぽちぽち。

☆きんととさん

七夕だったみたいだね、いつも忘れるから大金持ちになる願い叶わないのかも(汗
遠慮なくどこまでもさかのぼって観てくだされ。
写真は正直ド素人なんです。
デジカメはブログやるようになってから安物を買い撮ってます。
強いて言えば、知床の自然が腕の悪さをカバーしてくれてるんだろうね^^

>自然の美しさをと共に暮らしてらっしゃるのがよくわかります。

そうです、だからこんなに素朴で綺麗な心の俺が生まれました・・・(笑)

>写真に残せなかったすばらしい瞬間もたくさんご存じなんでしょうね。

これはマジに答えるけど知床の海に出ているとカメラではとらえようのない感動の一瞬というのがあるよ。
長年住んでいても、その一瞬には感動するね。
ポチありがとう、またバナナも頂きに行くね。

はじめてご訪問させて頂きます。
岩手沿岸はご存知のように震災での被害と闘っています。
その中で、会社をたちあげようとしている方からパンフレットのデザインを頼まれました。
朝日、ウミネコの写真を探しておりました所、貴方様の2008の知床羅臼春の海が目にとまりました。もしよろしかったら、パンフレットの中に希望の朝日というイメージで使わせて頂きたいと思ってのメールです。いかがでしょうか?不躾なお願いですがもしよろしければお願いいたしたいと思っております。

返事が遅れてすみませんでした。
最近は、こちらでの更新が少なくコメントを見逃しておりました。

画像はご自由にお使いください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/21388681

この記事へのトラックバック一覧です: 知床羅臼春の海:

« ページを表示できません。 | トップページ | 希望 »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ