« 知床横断道路 | トップページ | 秋漁6日目 »

2008年9月15日 (月)

久しぶりに知床横断道路へ

[知床] ブログ村キーワード

ブログアップのため一度行こうとおもっていた知床横断道路だが、そのチャンスが今日やっと訪れる。

まだ漁に出ていない俺へ友人から仕事の手伝いを頼まれてウトロまで行くことになる。

Dscf1189

ウトロは知床半島の羅臼と反対側にあたる場所にある。

このウトロへ行くのに一番近い道が今日のタイトルにある知床横断道路である。

紙面上、これから後は知床横断道路のことを横断道路と略していきます。

この時期の横断道路はまだ紅葉には少し早く、山の木々は深緑一色だった。

Dscf1183

上の写真は横断道路の中腹あたりから国後島にカメラを向けてみたもの。

空も晴天とまではいかないがとりあえず移動中に気に入った場所で何枚かカメラに納めていく。

天候の良い日を選んで行きたかったが友人の仕事でのついでとなる横断道路だったのでそれも叶わずだったが救いは国後島が雲に隠れずはっきり見えていたこと。

次にもう少し峠を登り頂上付近まで来たところでさらにアップで国後島を撮ってみる。

Dscf1194

こうして国後島にカメラを向けるといつもおもうことがある。

根室海峡を挟んで目と鼻の先にあるこの北方領土のひとつ国後島は俺の安いデジカメの望遠でさえ、こんなに真近に写る。

しかし異国の管理下におかれているこの国後島には我々漁師も許可無く踏み入ることが許されない。

厳密には200海里条約で決められた中間ラインと呼ばれる知床半島と国後島の中間に定められた範囲を越しての無断操業も、もちろんダメ!

話がだいぶそれかかってきたので再び横断道路に戻し、次に向かった先が横断道路頂上。

ここでは恒例の羅臼岳(チャチャヌプリ)を撮ろうとおもっていたのだが、こちらは国後島のようにはいかず雲が山肌をすっぽり隠している。

Dscf1208

本来ならこの知床峠と書かれた背後には羅臼岳がどっしりと構えている。

横断道路の目的が俺にとって半分はこの羅臼岳の今を撮りたかったので残念!

仕方なくその辺ウロウロしながら目に付いたのがここ。

Dscf1218

横断道路頂上からは雲に隠れ全然見えなかった羅臼岳を裏から撮ってみた。

裏とは横断道路の頂上を過ぎ今度はウトロ側にやや下ったところ。

ここまで来てやっと雲間から山肌が一部見えだす。

友人の仕事の時間を裂いて途中途中寄り道をしながらだったのであまり時間もなく次を今日の最後の目的地とすることに。

Dscf1203

横断道路をさらにウトロ側へ向け下って行くと、右側に知床五湖とカムイワッカの滝へと続く道が現れる。

とりあえず、時計と睨めっこしながら知床五湖へとむかうが途中でタイムリミットとなる。

渋々断念、岩尾別というところで車を回しウトロに向け走り出す。

Dscf1212

今日の知床横断道路はここまで、チャンスがあれば冬季通行止めに入る前にもう一度ゆっくり来ようとおもう。

通行止め間際は紅葉の季節となり山肌も今とはまた違う顔を見せ始める。

時間の都合上今日アップ出来たのは殆んどが知床横断道路羅臼側からの景色となり正面に国後島というパターンが多くなったが続きは次回ということで。

« 知床横断道路 | トップページ | 秋漁6日目 »

世界遺産」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

知床横断道路」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
北海道はやはり雄大ですね。
一生に一度でいいから、自分もこの道路を
ドライブしたくなりました。
同じ山でも、近畿にある山の風景と
違うのは、生えている木が違うからですね。
北海道の木々の方が緑が深いようなきがしますね。

☆酒恋倭人さんへ

お時間の取れるときにでも是非一度、知床に足を運んでみてください。

俺が安物のデジカメで撮っている100倍良い景色です。

世界自然遺産登録後は訪れる人も増えましたが、まだまだ秘境知床は健在です。

俺、にわかガイドで案内しましょうか(笑)

知床きてま〜すhappy01

景色ブログと同じよheart04

shine神秘感じるゎ〜shine

空気が澄んでいるのが
写真からでもよく分かりますね。
カムイワッカの滝、若い頃行きましたよ。
なにもかもが雄大な知床でした。

☆クミさんへ

知床来てるですね。

存分に楽しんでいってくだされ

コメントありがとね^^

☆きんととさんへ

俺もこの知床の雄大な景色大好きです。

知床の自然を皆に伝えたいのもブログ主旨のひとつだから嬉しいね〜^^

私も「知床峠」の看板の前で写真撮りましたよ。
あの道路が知床横断道路だったんですね・・coldsweats01
私が訪れた時も、濃霧でほとんど景色は見えませんでした。
いつかまた、知床へ行きたいです。

☆やすぴーさんへ

はい、あの道路が知床横断道路です^^
やっぱり霧かかってましたか。
山の天気は変わりやすいから、チャンスを逃すと羅臼岳が見れませんね、残念です。

次回知床訪問の際はお知らせください、扇風機たくさん持って山の雲飛ばしときます(笑)

おはよー
横断道路は懐かしいです~
昔特攻船とやらが、エンジン2機を積んでカニ漁(?)が盛ん
だった頃の夏休みに横断したことがあります^^
その頃食べた、根室のカニ市場の花咲ガニのおいしさが
いまだに忘れられません^^

☆Angelさんへ

そういえば、前にコメントで知床横断道路に行きましたって言っていたよね^^
根室は花咲ガニの本場だから美味しい花咲ガニがいつでも味わえね。

Angelさんが旅行した頃と知床の町並みは少し変わったかもしれませんが、知床の景色はきっと昔のままだとおもいます。

チャンスがあれば是非もう一度おこしくだされ^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81463/23762578

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに知床横断道路へ:

« 知床横断道路 | トップページ | 秋漁6日目 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ