« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

裏山に初雪!

[初雪] ブログ村キーワード

0時5分の出港に合わせ家を出て車に乗り込む。

夕方から降り続いていた雨の中、港へ向けて車を走らせる。

あともう少しで港というところまで着たとき雨の様子がなんだか変?

車の窓に当たる雨の音が微妙に変わり、それを良く見ると雨が霙(みぞれ)に変わってる。

季節柄これからはこんな日がだんだん多くなる。

Dsc00098_2

沖での作業も陸での魚はずしも、日に日にジリジリと体にこたえてくることだろう。

おまけに船でくだらない寒いギャグを飛ばす船頭(俺)がいるので若い衆や出面とりさんは大変。

俺のせいでみんな風邪気味かも(笑)

そんなこんなで仕事が終わり帰港するころには裏山は真っ白。

Dsc00143

初雪!

知床の現在の天気状況はこんなところ。

漁のほうはというとホッケの水揚げが大幅にダウン。

大漁ではないがコンスタントに揚がっていたスケソがこちらも今日は弱冠減る。

あと最近目に付くようになったのがカレイ。

Dsc00115

これは徐々に増えてきているようだ。

種類は、マガレ、宗八、アサバという三種類のカレイが主。

今日の報告はこんなとこっす。

いつもブログランキングに応援ありがとうございます。

感謝しています。<(_ _)>

2008年10月21日 (火)

最近の漁模様

今年の秋漁は最初のころ、このままではどうなることやらと悩み続け頭は薄くなり夜は悪夢にうなされ、昼間は謝金取りから逃げ惑いと、とてもとても怖いおもいを・・・(笑)

冗談はこのくらいにして、本題に突入でござる。

水温がまだまだ高く魚がこないのか?それとも魚自体がいないのか(汗)

これはお馴染みの、う~マンボウ(う~は余計)

この魚は数日前市場に揚げられていたのを発見しカメラに収める。

Dsc00025

このマンボウは本来ならここ知床よりまだ南の海に生息する。

毎年知床の海にも何匹か迷い込むらしいが今回のは体長が2メートルちかい大物だった。

ここまで大きくなると顔もけして可愛くない、なんともふてぶてしい面構え(笑)

秋漁ですが、今のところお世辞にも良い結果が出ているとは言えない。

ホッケの魚体は今だ小さめ、浜値のほうは前回据え置きといったところ。

しかし、望みが微塵も無いかというと、これがまたそうでもないようで、ここ最近の一週間は止め網、即席網と一日にニ度の出漁が出来るくらいのホッケが獲れるほどまでになってきた。

Dsc00032

けして大漁、豊漁と手放しで喜べるものでは無いが、10月初めの頃に比べれば天と地ほどの違い。

それというのも今年の秋漁初めのころが、それはそれは悲惨なもんだったから。

振り返るのも怖いくらい、まずは夏場の昆布漁の不漁に始まり追い討ちを掛けるように燃料の高騰。

そして始まった秋漁も初日から数日は全くダメ、魚どこに行った~と叫びたくなるほど。

あのころはマジに頭が薄くなる寸前だったのかもしれん(笑)

Dsc00063

いつも言いますが、「捨てる神あれば救う神あり」というわけで、今回もなんとか俺も神に髪を救われたようです。

あのまま悩み続けたらきっと今頃は、生え際のCMに出れたかも(笑)

そんなわけで、現在こうしてブログの更新が出来たということは、生え際が無事だったということ。

そんなこんなで、なんとか今日をむかえております。

ここ何日かに比べホッケは昨日から少し漁が落ちてきたようだが、同じ漁場にこちらも少しづつだがスケソが増え始めている。

Dsc00033_2

スケソは例年なら秋漁の切りあげ近い12月いっぱいまで獲れている魚なので、淡い期待を懐きつつある。

あと、最近の近況といえば、気温が少しづつ下がりだんだん秋らしくなってきたことだろうか。

だんだん秋らしくという表現を使ったのは、もちろん今までが秋らしくなかったから。

それもここ2日くらいはメキメキと下がり始め日上がりの時間帯になるころには、けっこう寒さが凍みてくる。

真向いの国後島を染める朝焼けも気温の低下と共に毎日少しづつ紅見を増してきているようだ。

Dsc00051_3

これからは、日に日にどんどん寒くなってくることだろう。

秋はやっぱりこうして気温や水温がいつも通りにならなければ漁も出てこないのかも。

待っていたその寒さだが、しかし寒いとやはり人の体にはキビシイ。

この寒さの中、毎日の魚はずしに夜中から来てくれる出面とりさんには感謝しています。

季節の変わり目、風邪など引かないよう気をつけてくだされ。

Dsc00058_2

最後に、職業柄ブログ更新がまちまちで今回も久々の更新となりすんません。

こんな感じのブログにいつも訪問してもらえてありがとうございます。

これからも知床羅臼の近況や漁模様などを不定期ですがアップしていきますのでよろしく。

2008年10月 7日 (火)

秋漁6日目

[ホッケ] ブログ村キーワード

10月1日から秋漁に出て今日で6日目になる。

漁のほうは今ひとつと言ったところ。

ホッケは去年から比べサイズが小振りのようだ。

スケソもやっていたがこちらもまだ本格的に漁が出てこない。

まだまだ始まったばかりなので何ともいえないが今のところ少し期待はずれ。

Dscf1373

値段はというと、市場に揚がる全体漁も少ないので、そこそこの値段になっているようだ。

あとは少しホッケが増えてくれるとありがたいのだが、そうは簡単に問屋が卸さないから世の中おもしろいのかも。

それと気になっていた起床の問題だが、なんとか遅刻しないで起きれている。

と言えばカッコイイが、しかし真夜中に布団から出るのがとても辛い!

漁に出る前の9月は寝れるだけ寝て自然に目が覚めたときに起きていたから。

あのころは、就寝0時の起床は目が開くとき。

それが今は出港が現在0時5分ころなので、起床は11時35分ころと生活サイクルが真逆となる。

Dscf3818

今は出港時間にあわせて目覚まし時計と携帯アラームの2連発で強制的に目を開けている状態です。

目が開いてからの1分~2分くらいは夢遊病者のように部屋をうろうろと寝ぼけてさまよっている(笑)

まだこの時間帯の起床に慣れるには1週間くらいかかるかも・・・?

漁が始まってから今日までは、こんな感じでいたもんで、更新もなかなか出来ずにやっと今日です(汗)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ