« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月28日 (土)

どの魚を主にするのか?

11月も、もう残り少なくなってきたのだが今でも何を主に漁をすれば良いのか定まらない。

毎日、帰港中にこのことばかり考えるのが最近の日課。

104

現在、前浜の漁場にはスケソ・ホッケ・真イカ・カレイ・真ダラ・ソイと色々な魚がいる。

こう書けば、なんでもいる最高の海のように感じるでしょうが、正確にはちょっと違う。

どれもこれも獲れば良いのだが、なんの問題もないというわけでもない。

ひとつは、魚の値段が安いのですべての魚に手を出すだけの人が雇えなく人員は圧倒的に少なすぎる!

9

もうひとつは、種類ごとに回遊している魚の数、こちらも圧倒的に少ない!

いろいろな種類の魚は来ているのだが、それぞれ種類ごとの漁獲量はどれも少なすぎ。

例年ならこのいろいろな魚の中から漁獲の高いものか値段の高いものが一つ二つ出るのでその魚を主に漁を行う。

しかし今年は漁獲も値段もどちらもクリアできない魚ばかりでこれからの漁で主にする魚を決めかねている。

101

まあ、こんなこと書いてるけど魚がいるのだからまだ幸せなほうだろう。

どの魚もいなくなれば、どれを獲ったら良いのかなんて贅沢な悩みも持てないからね。

そんな中、一つの電話が入る。

受話口から聞こえてきた内容は取材。

相手は朝日新聞の記者さん。

オレのことをサイトとブログ:羅臼昆布・魚介類直販どっとcomで知ったらしい。

このサイトで昆布とホッケをオレが商品として出しているのをネットで見つけ取材を申し込まれる。

なんでも出たがりのオレの返事は勿論、一発取材OK(笑)

二日後の午前中に帰港後、取材を受ける約束を交わす。

100

取材内容は、朝日新聞でグルメ特集を組むので是非!是非!是非!取材させてほしいとのこと。(是非は一回だったかもしれません笑)

そして昨日、漁を終え帰港すると記者さんは、港で寒い中待っていた。

帰港してすぐ、船に乗り込みいろいろと写真を撮り、若い衆たちに取材をしていた。

105

この取材での詳しい内容は、また次の機会にでもブログで立ち上げようとおもいます。

今日のところはこんな感じでさわりだけお伝えしておきます。

あと残り一ヶ月となった秋漁ですが悔いの残らないようラストスパートに入ります。

変わらぬ応援よろしく!

ブログランキングに参加しています。こちらもよろしくお願いします。<(_ _)>

2009年11月12日 (木)

雪の中(秋本番)

[知床旅情] ブログ村キーワード

数日前から羅臼も雪がちらつくようになってきた。

寒いが、こうなってこないと羅臼も秋漁本番となってこない。

22_2

現在メインでおこなっている漁はスケソ漁となっているが今年は今のところ不漁。

雪も降り季節的にも良くなってきたので今後に期待して待つ。

41_2

あと、この時期に獲っているのが真イカ、こちらも今のところ少し漁が少ない。

真イカもこれからに期待するしかない、シツコイが季節的には万全なわけだから(笑)

23_2

気温が下がり、雪がちらつくようになると海の水温も下がりだすとおもうので、今後なんとかなることでしょう。

これは安易な気持ちで言ってるわけなく、前向きな気持ちでのつもり!

43_2

話は変わりますが今月は羅臼にとって大きく関係することがひとつありました。

ここ数日、連日のように報道されているように森繁久彌さんが10日午前、東京都内の病院で老衰のため96歳で死去した。

森繁久彌さんは羅臼にとって縁が深く有名な代表作にあの「知床旅情」がある。

「知床旅情」

作詞: 森繁久彌

作曲: 森繁久彌

知床の岬に はまなすの咲くころ
思い出しておくれ 俺たちのことを
飲んで騒いで 丘にのぼれば
遥か国後に 白夜は明ける

旅の情か 酔うほどに さまよい
浜に出てみれば 月は照る波の上
君を今宵こそ 抱きしめんと
岩かげに寄れば ピリカが笑う

別れの日は来た ラウスの村にも
君は出て行く 峠を越えて
忘れちゃいやだよ 気まぐれカラスさん
私を泣かすな 白いかもめを

2009090217420000

「心からご冥福をお祈りします。」

ブログランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします。<(_ _)>

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ