« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月29日 (火)

12月25日で漁を切り揚げました。

12月25日で今年は漁を切り揚げた。

理由はいろいろあるが、やめようとおもった一番の理由は上架場のクジ引きだった。

このクジ引きは毎年漁期の最後ころに行われるもの。

なぜ、こクジ引きがあるかというと漁をしている船数と漁期と船を巻く日取りと上架場に関係する。

31

順調に漁に出ると、秋漁の漁期は毎年12月27日まである。

それに対し上架場の業務期間は12月29日までとなる。

このうち年内に船巻きを希望する船が50隻以上はかるくいる。

今の上架場の体制では1日に巻き上げる船は多くて約10隻。

これら全船を27日から3日で巻くのはとても無理なこと。

2009090313260002

秋漁に出ている船数に対し船を巻き上げる上架場の設備と人数がとても追いつかない。

だから27日から29日までの3日間では到底全船を巻き上げるのは不可能!

そこで、考えられたのが船巻きの抽選、つまりクジ。

このクジ引きにより、27日の漁最終日から29日の船巻き最終日までの船を決める。

これにハズレた船はこの日にち以外を選択するしかない。

2009090314050003_2

いつかというと、27日以前かもしくは年明け数日たってからの上架場業務開始日になったときとなる。

冒頭で書いたようにこのクジにハズレてさらに敗者復活クジにもハズレたオレは船巻きをなくなく25日に決め、上架場へと船を走らせる。

理由はこれだけでないのも事実で、実はもうひとつある。

それは、魚を獲りすぎて、儲かりすぎたので他の船の船長に悪いから早めにハンデを与えたのである!・・・といいたいが残念ながらそれはない。

オレの性格上、もし本当に一番獲っていても勿論やめない(笑)

3

では、何が理由かというと、魚の値段が漁をこの日でやめる決断をさせた。

漁期最後のほうで主に行っていた漁は真ダラ漁という漁だった。

この真ダラがいつもは12月暮れともなると、キロ当たり800円前後するのだがなんと今年の暮れは半値にもみたらないキロ当たり300円前後!

人件費や燃料費や獲る漁を考えると、「やってらんね~!」

と、この船巻きのクジと真ダラの値段がオレの今年の漁期日数を決めた。

101

今年もブログを訪れた皆様にはたくさんの応援や励ましの言葉をいただき感謝です。

来年の4月からの春漁が始まるまでは、オレも陸に上がったカッパとなりますが、変わらぬお付き合いをよろしくお願いします。<(_ _)>

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ