2009年11月28日 (土)

どの魚を主にするのか?

11月も、もう残り少なくなってきたのだが今でも何を主に漁をすれば良いのか定まらない。

毎日、帰港中にこのことばかり考えるのが最近の日課。

104

現在、前浜の漁場にはスケソ・ホッケ・真イカ・カレイ・真ダラ・ソイと色々な魚がいる。

こう書けば、なんでもいる最高の海のように感じるでしょうが、正確にはちょっと違う。

どれもこれも獲れば良いのだが、なんの問題もないというわけでもない。

ひとつは、魚の値段が安いのですべての魚に手を出すだけの人が雇えなく人員は圧倒的に少なすぎる!

9

もうひとつは、種類ごとに回遊している魚の数、こちらも圧倒的に少ない!

いろいろな種類の魚は来ているのだが、それぞれ種類ごとの漁獲量はどれも少なすぎ。

例年ならこのいろいろな魚の中から漁獲の高いものか値段の高いものが一つ二つ出るのでその魚を主に漁を行う。

しかし今年は漁獲も値段もどちらもクリアできない魚ばかりでこれからの漁で主にする魚を決めかねている。

101

まあ、こんなこと書いてるけど魚がいるのだからまだ幸せなほうだろう。

どの魚もいなくなれば、どれを獲ったら良いのかなんて贅沢な悩みも持てないからね。

そんな中、一つの電話が入る。

受話口から聞こえてきた内容は取材。

相手は朝日新聞の記者さん。

オレのことをサイトとブログ:羅臼昆布・魚介類直販どっとcomで知ったらしい。

このサイトで昆布とホッケをオレが商品として出しているのをネットで見つけ取材を申し込まれる。

なんでも出たがりのオレの返事は勿論、一発取材OK(笑)

二日後の午前中に帰港後、取材を受ける約束を交わす。

100

取材内容は、朝日新聞でグルメ特集を組むので是非!是非!是非!取材させてほしいとのこと。(是非は一回だったかもしれません笑)

そして昨日、漁を終え帰港すると記者さんは、港で寒い中待っていた。

帰港してすぐ、船に乗り込みいろいろと写真を撮り、若い衆たちに取材をしていた。

105

この取材での詳しい内容は、また次の機会にでもブログで立ち上げようとおもいます。

今日のところはこんな感じでさわりだけお伝えしておきます。

あと残り一ヶ月となった秋漁ですが悔いの残らないようラストスパートに入ります。

変わらぬ応援よろしく!

ブログランキングに参加しています。こちらもよろしくお願いします。<(_ _)>

2009年9月15日 (火)

昆布漁が終わって秋漁の準備で上架場へ

[知床] ブログ村キーワード

昆布漁が8月31日で終わり、それから今まで昆布のヒレ刈りとヒレ詰めという仕事を今やってます。

ヒレ刈りっていうのは天日乾燥させた昆布を製品にする前に実の薄い両端をハサミで切り落とす作業なんです。

2009090408300001_2

これを一枚一枚人の手ですべての昆布にやります。

一日に乾燥する昆布の量は多いときは100枚以上になりこれを天気の良い日は毎回やっているので、その総数は天文学的数量に・・・言いすぎでしたそんなにはならんです(笑)

でもこのヒレ刈りは合計で数千枚の昆布を刈るわけでけっこう大変な作業なんです。

と、話がまたまた脇道に行きそう(笑)

先日、10月から始まる秋漁の準備で上架していた船をおろしてきました。

夏に船を上架(巻く)したときときに、ケチって船の化粧直しを船底だけにしたもんでサイドのサビが気になる。

2009090313250000

きっとコイツも怒っているだろう (`ε´)

春漁のほっけが安かったので勘弁してもらおう (;゚∇゚)/

今日は上架場での船下ろしを簡単に説明します・・・と言ってもオレが下すわけでも責任者でもないので邪魔にならないところから写真とるだけです(笑)

2009090313260003

まず仙台じゃなくて船台というタイヤ付の大きな台に船を乗せます。

2009090313260002

無事船台に乗りました、説明が我ながらとてもシンプル ( ̄○ ̄;)!

2009090313270002

次に船台に乗せた船をタイヤショベル(重機)でヨイショヨイショと海まで運ぶ。

もしかしたらヨイショと言わないで運んでいるかも知れないがその辺は定かではない!

2009090313290000

こうして血と汗の努力の結果船は無事港の斜路にたどり着き海へと帰される。

血と汗の作業に見えたが作業員に聞いたわけではない!

そう見えただけだが、たまに冗談言って笑ってた気もする ( ̄▽ ̄)

2009090313590000_2

簡単でしたが上架場の作業説明はこれでもちろん終わりです。

ホントです。本業以外はこれ以上わかりません(笑)

そしていよいよ3か月ぶりの大海原へワンピースを求め旅立つのであった。

ちが~う!羅臼港を出港し秋漁で使う別の港へGO!

2009090314040002

久々に本船から観る知床半島とその海はやっぱりいい。

10月1日からはこの知床の海でまたホッケ漁やスケソ漁を始めます。

ブログランキングに参加してます。

よろしければポチっとよろしくです <(_ _)>

2009年8月 1日 (土)

今日から6時間!

[昆布] ブログ村キーワード

7月中の昆布は殆どが4時間操業だったが8月からは6時間操業となる。

そんなわけで今日から6時間ぶっ通し昆布採りやってました。

朝の6時に操業開始で昼の12時まで昆布採りはキツイ!

「ナマラコエ~」(すごく疲れる~)

2009071807110001

さらに今日は昆布漁が始まって以来、久々のの青空となり陸の仕事もナマラ忙しい!

2009072811280000

昆布洗いに、昆布干しに、乾燥機への昆布掛け!と、ここまではいつもの仕事だが今日はこれにもうひとつ、日入れという作業も加わる。

2009072811310000

ひとつ上とひとつ下の写真は生昆布を天日で干したもの。

2009072811310001

このまま日が傾くころまで干した生昆布を一度集めて、さらに昆布乾燥機にぶら下げ朝方まで乾かす作業に入る。

2009072711490000

ここまでの作業を終えて時計を見ると午後2時をまわっている。

忙しい日だったので日入れ作業の写真を撮る暇がなくて日入れの写真が今日は無いので次回でも載せますm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

入れ替えに湿りという作業のため、またまた昆布をカンバに広げる。

2009072018480001

この湿りというのは、前日に乾燥させた昆布を、もう一度夜露に当て湿らせる作業。

乾燥してガラガラに乾いた昆布を製品にするためには少し昆布を柔らかくしないとならないのでこの湿りという作業を必ずやります。

2009072911370000

この湿りという作業がまたクセモノでガラガラの昆布が作業できる程度に柔らかくなるまでに平均の9時ちかくになる、空気の乾燥してる日などは夜中の12時をまわることも珍しくない。

待ち望んでいた天気だが、いっぺんにアブラを搾られたぁ!

2009年7月18日 (土)

天然羅臼昆布漁の解禁!

[夏] ブログ村キーワード

天然羅臼昆布漁解禁!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

7月18日の今日、念願の天然羅臼昆布漁が初出漁となる。

昆布漁の時間は、AM 6:00からAM 9:00までの3時間。

天候は、あいにくの曇り空で気温も春夏の合間にしては低目。

2009071807110000

前回降った雨と今日の波で海水が濁り、海の状態はあまり良くない。

それでも、二日延期となったこともあり今日は中止にならない。

昆布は調査どおりいつもの年より範囲も広く生息しているようだ。

実入りも最高とは言わないが、まあまあ~(・∀・)

こんなもんでしょう(笑)

2009071809090000

少し気がかりなのが、ウニ食い跡が目立つこと!

ウニ食い跡とは、こちらも同じ海域に棲息するウニが昆布を食べて表面に丸いウニの型を付けたり最悪は穴をあけたりもすることを言う。

こうなるとランクは傷昆布と同じで等級も落ちる。

これが今年の大ざっぱな昆布状況といったところ。

2009071807100000

そしてこの昆布漁最中に腰を痛めたらしい!

昆布始まるまでの期間、何もせず食っちゃ寝してたのが祟ったかも (ノ∀`) アチャー

痛めたといっても動けないほどでもなかったので昆布漁をそのまま続けることに。

昆布漁の間は初日ということもあり夢中で昆布を探し採っていたためか腰の痛みをさほど感じもせず終了の合図まで昆布採りをしていた。

痛みがピークになったのが昆布採りが終わって前浜に向け船を走らせた直後!

2009071809080002

なんとか昆布漁最中を乗り切った安心感と疲れもどっと出たせいかこの写真を撮った直後に激痛が走る!

それでも昆布は人手のいる作業なので陸(おか)に帰ってから休んでもいられず楽なポジションに付かせてもらい作業することに。

先に書いたように動けないほどでもなかったので、持ったり運んだりラジバンダリの力仕事以外を担当することに (;´д`)トホホ…

すぐに休んで横になるより軽く体を動かして筋肉を徐々に和らげるのが良いかとの自己診断で動き出す。

これがなんとなんと功を奏したのか今は、だいぶ腰も楽になる (・∀・)イイ!

予定通りなら明日も昆布漁となるので更新後はシップ貼ってこのまま少し横になり様子をみることにしよう。

2009年7月17日 (金)

さらに延びる?

[昆布] ブログ村キーワード

朝4時40分に 昆布の監視員から天候不良のため協議に入るので待機せよと連絡がくる!

その天候はというと空は、おもいっきり快晴で昆布漁には申し分ない?

2009071708220001

だがしかし北西からの風が日の出前から切れ間なく強い ┐(´д`)┌ヤレヤレ

そのため、朝の7時過ぎまで漁に出るか出ないかの協議となる。

いつでも船を海に出せる状態にして浜で連絡待ちの待機をすることに。

2009071708260002

その間も風は強く吹いたり弱く吹いたりと、でも止みはしないようだ。

この調子だとなんだか今日もダメっぽいかも・・・

そうこうしてるうちに携帯が鳴る。

結果は予想どおり今日も昆布漁中止との連絡。

昆布漁も延期二日目となると上げていたテンションも急降下 ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

2009071708180000

明日に持ち越しになるが、その明日からの天候はというと週間天気の予報では18日、19日と連続の雨と出ている・・・ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

こうなると、去年の昆布漁での苦い思い出が脳裏をよぎる。

あの年は、もう最悪!

天候の回復が遅れ、待てども待てども天気にならずおまけに時化つづき。

天候が回復してやっと沖に出たのが、もう7月の最後のほう。

2009071708120000

たしか記憶では7月中に一度か二度しか漁に出てなかったはず。

今年の昆布漁は、始まりも早めの設定だから、ここまでひどくはならないとはおもう。

ただ去年とくらべ今年は昆布の豊漁が予想されてる年なので少しでも昆布の質が良いうちに早く採りた~い・・・のである。

  さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

2009年7月16日 (木)

昆布漁やっぱり延びました。

予定通りなら今日は昆布漁初日となるはずだった。

今朝の天候はというと、それほど悪いというわけでもなかったがこの中止は昨日のうちに決まっていたこと。

2009070912160003

昨日はというと、前回の記事で書いた状況があのまま続いていました。

晴れたり雨降ったりラジバンダリでもう大変(笑

そんで昨日も雨!しかもけっこうな量の大雨Σ( ̄ロ ̄lll)

この上下二枚の写真くらい天気も良く海も澄んでいれば昆布採りには最高なんだけど。

2009070912110000

今は天候もだいぶ回復してはいるが、海のほうがまだどんよりとし濁り気味。

風も強くはないが東よりで止むことなく吹いている。

おそらくは今日出ても昆布が見えなかったので良い判断だったとおもう。

2009070615280001

海の状態がこれじゃ~今日の昆布採り中止も仕方ないこと。

仕切り直しで明日ガンバルべ~ ヽ(゚ω゚ )ノ おぅっ!

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。<(_ _)>

2009年7月10日 (金)

今日はやっぱり雨です

昨日の更新から僅かな時間で天候が、がらりと変わる。

あれだけ暑い暑いと騒いでいたのが嘘のように今日は朝からの長雨。

これが昨日↓

2009070912180002

これが今日↓

2009071012470002

なんだか、「たいして変わらんぞ~」と、みなさんのクレームの声が聞こえてきそうヽ( )`ε´( )ノ

そうなんです、そのとおりなんです(u_u。)

少し雨が小振りになったころ写真を撮りアップしてみると、ナントナントそんなに変らん(lll゚Д゚)

でもホントに一時はすごい雨で海も濁り、気温も急激な落ち込みだったのさ(信じて~)

これが昨日の海で↓

2009070912160001

これが今日の海↓

2009071012470000_2

おまけに雨で川水の量も増え山から流されてきたとおもわれる流木がこのあと流れ着く。

2009071012460001

今朝6時ころの気温は11度で、今現在14度!

昨日の今頃は、25度以上はあったとおもう。

この気温の急激な変化は、さすがに田舎育ちで屈強な野性児のオレでも降参(@Д@;

屈強な野性児はもちろん冗談です(笑)

ここまで書いてまたまた懲りずに昨日と今日の違いをとおもい写真をアップすることに。

これが昨日↓

2009070912140002

そしてこれが今日↓

2009071012470001

と、負け惜しみ半分で載せてはみたが、雨が小振りになってから撮っても迫力に欠ける。

変化があるとすれば、雨で濡れた地面と川水で茶色に濁った海の色ぐらい。

負け惜しみついでに言えば、今日の記事は昨日の天気が急激に今日変わったので最近は天候と気温が不安定だよって書きたかっただけなんです(笑

ただ雨がつづくと写真のように海が濁りその結果、海底に生息する昆布が見えにくいので水揚げにも影響が出るのが今は一番の気がかりです。

この雨が今月16日から始まる天然羅臼昆布漁に悪影響をあたえなければよいのだが。

ブログランキングに参加してます。よろしければポチっとクリックお願いします<(_ _)>

2009年7月 9日 (木)

暑い!

[暑い] ブログ村キーワード

暑い!ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ

2009070914200000

記事をアップしようとおもい初めに叩いたキーがATUI 変換

ブログの始まりがここから始まる。

つまり日本語打ちで「暑い」となる。

何を書こうかといつもは迷うのだが今日は開口一番この言葉を口ずさみながら同時に指が独りでに走っていた (笑

なんせ暑いです、ここは間違いなく知床羅臼のはず・・・

2009070912180001

でも暑いんだからしかたない ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

気温は推定27度?体感温度は30度越えカモ (笑

なぜこんなに暑いのか、昨日は雨、一昨日は晴れ、その前も雨と最近は一日一日天候が変化する。

そして明日はというと予報ではまた雨らしい (ノ∀`) アチャー

こんなに天気が目まぐるしく変わっていく今年の夏はいったいどうなるのか?

昆布漁が始まれば暑いのはなんとか我慢できるというか我慢しないといけないし、昆布を自然乾燥させるには青空と気温の高いことが必須事項なわけ sun

2009070912140002

だから準備期間の今はこんなに暑くならなくっていいからとお天道様に叫んでもなんだか我関せずみたいな~ (∩゚д゚)アーアーきこえなーい

あと気になるのが、この目まぐるしく変わる天候 sunrainsunrain・・・

今日晴れたとおもえば明日は雨、それもどしゃ降り雨!coldsweats02

どうなってるの ┐(´д`)┌ヤレヤレ

ここまで書いて大事なこと忘れてた、肝心な今年の天然羅臼昆布漁ですが、例年に比べ少し早い、決め通り何事もなく始まれば7月16日からと決まりました。

2009070912160001

つまりあと1週間で始まる!

この間に天候がある程度安定してくれれば良いのだが ?

まぁ~相手は自然だから、あとは運任せ・・・

今日も最後までお付き合いお疲れさんでした。

さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

ブログランキングに参加してますブログ記事に感銘を受けた人も受けない人も出来ればバナーをポチッとクリックお願いします <(_ _)>

2008年9月 6日 (土)

生活リズムはどっち?

[生活リズム] ブログ村キーワード

昨日今日と気温も高く凪も良く気持ちが良い。

どうしてこの天気が昆布漁最中には無かったんだろう。

精進悪かったかな、過ぎたことだからまあいいか。

Dscf1096

昆布漁も終わり朝はゆっくりまったりとしてますと言いたいところだが、

水揚げ少なかったから、そんなにえらそうにしてる場合じゃない(汗)

でもやっぱり最初は気が抜けるというか落ち着かないというか。

今は朝飯食ったら倉庫へ行って昆布の選別や梱包など後片づけが主。

天気が良ければ、昆布の日入れ作業。

日入れというのは昆布が製品となる直前の最後の天日乾燥のこと、下の写真が日入れのためにカンバに干された昆布、この乾燥で全国の各店頭に並ぶ製品となる。

Dscf1180

毎年おもうことだけど生活サイクルの中から出漁の二文字が急に消えると何か変だね。

漁師は朝が早いというか、仕事開始が夜明け前になることが多いので日が昇ってからの起床となると何だかペースが乱れる。

結局午前中はダラダラと流れ作業を済まし、本番は目が冴える夜となる!

こっちのほうがオレのペースに合っている、でも昼間も一応動いてるのでちょい寝不足気味

沖に出ているときの時間帯がモロこっち(夜中)だから、仕事は夜中が捗るのでどうしてもこの時間にフラフラと作業場へと足が向く。

Dscf0269

長年漁師を職業としていると体内リズムはどうしても夜中中心となるようだ。

船で漁に出ているときは夜中オンリー、毎年この時期約1ヵ月だけは陸(オカ)での作業なもんで昼間は眠いっす(笑)

これももう少しの辛抱、昆布の選別と梱包が済んだらまた沖に出れるからね。

ここで毎年問題がもう一つ起きる!

昆布漁が終わって間もなくの頃は慣れない昼間作業に泣かされ、しかしそれも日を追うごとに体内リズムが上手く調整してくれる。

だがここで更なる問題が、やっとこのペースに慣れ始めた一ヵ月後に待っているのが沖への出漁!

Dscf5969

ということは、やっと慣れたこの生活だが短期間にまたまた生活リズムを変えなければならん(汗)

こんなオレは雑誌によくある生活リズム診断(占い)に答えが出ない。

「あなたは朝型・夜型」と問われても両刀使いだから(笑)

2008年9月 1日 (月)

不完全燃焼で終わった昆布漁

7月から始まった昆布漁が昨日終了!

7月から始まったといっても、7月は時化や天候不良が続き出漁はたったの一回のみ。

そして、迎えた8月はというと、ここにきても時化や天候不良が治まらず出漁日数がいつもの年の半分と厳しい年だったね。

終わった今、頭をよぎる文字は不完全燃焼の五文字。

今年の昆布漁は、オレの経験した中では過去最低という嬉しくない結果だけが虚しく残る。

Dscf1064

昆布漁が始まる前から、昆布の生息調査や流氷での被害報告などある程度情報として入ってきていたので覚悟はしていたが、

でも昆布漁を向かえ、いざ自分の目で現状を確かめるまでは淡い期待がどこかにあった。

そして始まった昆布漁、ブログにも何度か書いてきたがやっぱり現実は厳しいもの。

今年はそれに追い討ちをかけるように燃料の高騰時期と昆布漁が重なったから、なおだね。

しかし、悪いことばかりは続かないというのがオレの持論!

Dscf1066

事実、種昆布(来年の昆布)といわれる来年の昆布漁で採取されるいわゆる昆布の子供が今年の漁で海を覗くといつもの年に比べ多い。

これがこのまま順調に育ってくれれば来年はある程度の豊漁が期待できるだろう。

今年の昆布漁はブログでの報告で暗い結果となったが、これも事実だし嘘の報告しても意味ないしね。

水揚げ減少分、オレが酒と女遊びを控えれば良いこと・・・女は冗談(笑)

これからの作業は本船での刺し網漁に出るまでの期間に昆布を選別し等級分けする最後の昆布作業となる。

Dscf0116_2

これも昆布が少ないからいつもの年に比べ早めに片付きそう。

結果、倉庫に潜り込んでの作業時間も短い!

ということは、それだけ酒と遊びに使う時間が目の前にぶら下がる。

あ~どうしよう、意志の弱いオレの前にこんな美味しいニンジンぶら下がると(笑)

それと昆布期間中、作業を手伝ってくれた地元のパートさん長い間ご苦労さまでした。

助かりました、ありがとう<(_ _)>

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ