2009年12月29日 (火)

12月25日で漁を切り揚げました。

12月25日で今年は漁を切り揚げた。

理由はいろいろあるが、やめようとおもった一番の理由は上架場のクジ引きだった。

このクジ引きは毎年漁期の最後ころに行われるもの。

なぜ、こクジ引きがあるかというと漁をしている船数と漁期と船を巻く日取りと上架場に関係する。

31

順調に漁に出ると、秋漁の漁期は毎年12月27日まである。

それに対し上架場の業務期間は12月29日までとなる。

このうち年内に船巻きを希望する船が50隻以上はかるくいる。

今の上架場の体制では1日に巻き上げる船は多くて約10隻。

これら全船を27日から3日で巻くのはとても無理なこと。

2009090313260002

秋漁に出ている船数に対し船を巻き上げる上架場の設備と人数がとても追いつかない。

だから27日から29日までの3日間では到底全船を巻き上げるのは不可能!

そこで、考えられたのが船巻きの抽選、つまりクジ。

このクジ引きにより、27日の漁最終日から29日の船巻き最終日までの船を決める。

これにハズレた船はこの日にち以外を選択するしかない。

2009090314050003_2

いつかというと、27日以前かもしくは年明け数日たってからの上架場業務開始日になったときとなる。

冒頭で書いたようにこのクジにハズレてさらに敗者復活クジにもハズレたオレは船巻きをなくなく25日に決め、上架場へと船を走らせる。

理由はこれだけでないのも事実で、実はもうひとつある。

それは、魚を獲りすぎて、儲かりすぎたので他の船の船長に悪いから早めにハンデを与えたのである!・・・といいたいが残念ながらそれはない。

オレの性格上、もし本当に一番獲っていても勿論やめない(笑)

3

では、何が理由かというと、魚の値段が漁をこの日でやめる決断をさせた。

漁期最後のほうで主に行っていた漁は真ダラ漁という漁だった。

この真ダラがいつもは12月暮れともなると、キロ当たり800円前後するのだがなんと今年の暮れは半値にもみたらないキロ当たり300円前後!

人件費や燃料費や獲る漁を考えると、「やってらんね~!」

と、この船巻きのクジと真ダラの値段がオレの今年の漁期日数を決めた。

101

今年もブログを訪れた皆様にはたくさんの応援や励ましの言葉をいただき感謝です。

来年の4月からの春漁が始まるまでは、オレも陸に上がったカッパとなりますが、変わらぬお付き合いをよろしくお願いします。<(_ _)>

2009年10月 9日 (金)

台風18号接近!

日本列島を横断しながら北上を続けていた台風18号がついに知床半島の近くまで接近!

現在は根室の東にあり進行方向を東北東に向け進んでいる。

Nami

結果から言えば、今回の台風18号は数日前に出された予想進路図より南東に大きくそれ、これにより知床への被害は予想していたより格段に減ったことだろう。

とは言っても、そこはやはり台風、現在でもその勢力は最大瞬間風速40m/s、中心気圧980hpaと油断できるものではない。

高波や突風を心配してほとんどの船が昨日、羅臼港に各港から避難してきている。

オレも例に洩れず松法港という普段使用している港から昨日、羅臼港に船を移動してきた。

2009100908230000

港は普段と違い、それぞれ各港から避難してきた漁船で溢れ返っている。

港に入ってから、すぐに船型の合う漁船を探し、そお脇に自船を並べてモライをとる。

高波や突風で船が流されたり壊れたりしないようにモライという太いロープで船と港に何本も張り巡らす。

2009100908400000

これ以上は人の力ではどうすることも出来ないので、あとは台風が通り過ぎるのを静かに待つのみ。

台風が通り過ぎるまでの間は、数時間に一度船のモライ綱や船に風や波の影響による傷がついていないかなどの点検に行っている。

2009100908180001

この台風18号も明日には、知床半島から離れるのでそれまでの辛抱です。

離れると言っても、勢力範囲から大きく外れるわけでもないので出漁は無理かもしれない。

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。<(_ _)>

2009年9月15日 (火)

昆布漁が終わって秋漁の準備で上架場へ

[知床] ブログ村キーワード

昆布漁が8月31日で終わり、それから今まで昆布のヒレ刈りとヒレ詰めという仕事を今やってます。

ヒレ刈りっていうのは天日乾燥させた昆布を製品にする前に実の薄い両端をハサミで切り落とす作業なんです。

2009090408300001_2

これを一枚一枚人の手ですべての昆布にやります。

一日に乾燥する昆布の量は多いときは100枚以上になりこれを天気の良い日は毎回やっているので、その総数は天文学的数量に・・・言いすぎでしたそんなにはならんです(笑)

でもこのヒレ刈りは合計で数千枚の昆布を刈るわけでけっこう大変な作業なんです。

と、話がまたまた脇道に行きそう(笑)

先日、10月から始まる秋漁の準備で上架していた船をおろしてきました。

夏に船を上架(巻く)したときときに、ケチって船の化粧直しを船底だけにしたもんでサイドのサビが気になる。

2009090313250000

きっとコイツも怒っているだろう (`ε´)

春漁のほっけが安かったので勘弁してもらおう (;゚∇゚)/

今日は上架場での船下ろしを簡単に説明します・・・と言ってもオレが下すわけでも責任者でもないので邪魔にならないところから写真とるだけです(笑)

2009090313260003

まず仙台じゃなくて船台というタイヤ付の大きな台に船を乗せます。

2009090313260002

無事船台に乗りました、説明が我ながらとてもシンプル ( ̄○ ̄;)!

2009090313270002

次に船台に乗せた船をタイヤショベル(重機)でヨイショヨイショと海まで運ぶ。

もしかしたらヨイショと言わないで運んでいるかも知れないがその辺は定かではない!

2009090313290000

こうして血と汗の努力の結果船は無事港の斜路にたどり着き海へと帰される。

血と汗の作業に見えたが作業員に聞いたわけではない!

そう見えただけだが、たまに冗談言って笑ってた気もする ( ̄▽ ̄)

2009090313590000_2

簡単でしたが上架場の作業説明はこれでもちろん終わりです。

ホントです。本業以外はこれ以上わかりません(笑)

そしていよいよ3か月ぶりの大海原へワンピースを求め旅立つのであった。

ちが~う!羅臼港を出港し秋漁で使う別の港へGO!

2009090314040002

久々に本船から観る知床半島とその海はやっぱりいい。

10月1日からはこの知床の海でまたホッケ漁やスケソ漁を始めます。

ブログランキングに参加してます。

よろしければポチっとよろしくです <(_ _)>

2009年8月 1日 (土)

今日から6時間!

[昆布] ブログ村キーワード

7月中の昆布は殆どが4時間操業だったが8月からは6時間操業となる。

そんなわけで今日から6時間ぶっ通し昆布採りやってました。

朝の6時に操業開始で昼の12時まで昆布採りはキツイ!

「ナマラコエ~」(すごく疲れる~)

2009071807110001

さらに今日は昆布漁が始まって以来、久々のの青空となり陸の仕事もナマラ忙しい!

2009072811280000

昆布洗いに、昆布干しに、乾燥機への昆布掛け!と、ここまではいつもの仕事だが今日はこれにもうひとつ、日入れという作業も加わる。

2009072811310000

ひとつ上とひとつ下の写真は生昆布を天日で干したもの。

2009072811310001

このまま日が傾くころまで干した生昆布を一度集めて、さらに昆布乾燥機にぶら下げ朝方まで乾かす作業に入る。

2009072711490000

ここまでの作業を終えて時計を見ると午後2時をまわっている。

忙しい日だったので日入れ作業の写真を撮る暇がなくて日入れの写真が今日は無いので次回でも載せますm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

入れ替えに湿りという作業のため、またまた昆布をカンバに広げる。

2009072018480001

この湿りというのは、前日に乾燥させた昆布を、もう一度夜露に当て湿らせる作業。

乾燥してガラガラに乾いた昆布を製品にするためには少し昆布を柔らかくしないとならないのでこの湿りという作業を必ずやります。

2009072911370000

この湿りという作業がまたクセモノでガラガラの昆布が作業できる程度に柔らかくなるまでに平均の9時ちかくになる、空気の乾燥してる日などは夜中の12時をまわることも珍しくない。

待ち望んでいた天気だが、いっぺんにアブラを搾られたぁ!

2009年5月15日 (金)

寒い

[雪が降ってきた] ブログ村キーワード

五月も半分が過ぎようとしている今、知床では雪 Σ( ̄ロ ̄lll)

昨晩から今日の出港時間少し前まで霙まじりで降っていた。

Dscf2346

さすがにこの季節ともなると降った雪も積もることはなく地面に落ちては消える。

そんな季節はずれの状態なもんで今日は寒かった (´;ω;`)ウウ・・・

おまけに風も強かったので体感温度はそれ以上かも (;´д`)トホホ…

海のほうはというと低気圧の通過もあってこちらも風波がある。

半数以上の船が風波のため今日の出漁を止めた

俺の船団はというとやっぱり操業をすることに (;´д`)トホホ…

操業現場に向かうあいだ波が高く少々ビビリ気味 ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

Dscf3926 注意していないと何枚かに一度大きい波がくるので行きも帰りも船の回転を下げトコトコと現場向けと港向け (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

いつもより時間をかけやっと到着 ツイタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

さっそくホッケ網につかまり巻き始める。

網が見えてきて最初の半分くらいはいつもホッケの姿がないのだが今日はちょっと違う・・・みたいなぁ(笑)

数は多くはないけど最初からホッケの姿が網に見えている。

この調子でいくとここ何日か低迷が続いていたホッケも今日あたり若干復活の兆しかも。

そんなこんなで立て続けに三本のホッケ網を巻いていく (*゚∀゚)=3 ムッハー!!

結果は三本のうち昨日より減の網もあったが合計では今日の勝ち (v^ー゜)ヤッタネ!!

Dscf5633

時化模様なのでこの三本のホッケ網を巻いて今日は帰ることに オワタ┗(^o^ )┓三

昨日は帰る時点で五本のホッケ網を巻いていたので二本少ないがホッケの箱数は今日のほうが若干ではあるが多い キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

やはり昨日にくらべ良い兆しなんだろうか (0゜・∀・)ワクワクテカテカ?

明日もこの調子でホッケがいれば良いのだが ( ゚д゚)ホスィ…

そうなればホッケが増えてきたっていう実感が湧いてくるのかも

明日は今日よりさらにホッケがいることを願って締めくくろう。

さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

ブログランキングに参加しています。

よろしければポチっとワンクリックお願いします <(_ _)>

2009年5月 6日 (水)

今日から漁再開!

[羅臼] ブログ村キーワード

3日・4日・5日と3連休あった漁師の連休も終わり今日は網の刺しこみをやってきた。

出港時間は平常どおり深夜族で真夜中0時!(´△`)Zzzz・・・。o○

連休中は網を巻けないので海には一本も網を入れてなかったので今日すべての投網することに。

入れてきた網はホッケ網が5本とタラ網が1本 ( ̄▽ ̄)

今日の投網は久々のガス(霧)模様となり他の船見たり浮き物探したりとちょっと忙しい目にあう キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

Dscf2015

それでも投網を無事済ますことができ午前3時少し前に帰港となる オワタ┗(^o^ )┓三

港には午前3時20分ころ到着、外はまだ薄暗い ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

港に着いてからの今日の作業は、魚はずしがないので網タキ(船に次の日使う網を並べる作業)のみ。

と、予定していたが時間的に早いし明日から平常どおり網を巻きだすと作業終了時間が遅くなるので今日は使わない網の整理もすることにしよう ψ(`∇´)ψ

たしか4月に使っていたスケソ網が黄色い網を入れる籠と袋とに分かれて岸壁に残ってあるはず?

Dscf2109

それをさがしトラックに積み込む へ(´∀`ヘ)へ))カサカサ

トラックに積んできたスケソ網は自宅前浜の空き地に並べて保管し次の出番までお休み  さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

これで今日の作業は完了 オワタ┗(^o^ )┓三

あとは明日からまたホッケ網とタラ網を巻くいつもの操業にはいる (σ・∀・)σゲッツ

ブログランキングに参加しています。宜しければワンクリックお恵みください<(_ _)>

2008年10月30日 (木)

裏山に初雪!

[初雪] ブログ村キーワード

0時5分の出港に合わせ家を出て車に乗り込む。

夕方から降り続いていた雨の中、港へ向けて車を走らせる。

あともう少しで港というところまで着たとき雨の様子がなんだか変?

車の窓に当たる雨の音が微妙に変わり、それを良く見ると雨が霙(みぞれ)に変わってる。

季節柄これからはこんな日がだんだん多くなる。

Dsc00098_2

沖での作業も陸での魚はずしも、日に日にジリジリと体にこたえてくることだろう。

おまけに船でくだらない寒いギャグを飛ばす船頭(俺)がいるので若い衆や出面とりさんは大変。

俺のせいでみんな風邪気味かも(笑)

そんなこんなで仕事が終わり帰港するころには裏山は真っ白。

Dsc00143

初雪!

知床の現在の天気状況はこんなところ。

漁のほうはというとホッケの水揚げが大幅にダウン。

大漁ではないがコンスタントに揚がっていたスケソがこちらも今日は弱冠減る。

あと最近目に付くようになったのがカレイ。

Dsc00115

これは徐々に増えてきているようだ。

種類は、マガレ、宗八、アサバという三種類のカレイが主。

今日の報告はこんなとこっす。

いつもブログランキングに応援ありがとうございます。

感謝しています。<(_ _)>

2008年10月21日 (火)

最近の漁模様

今年の秋漁は最初のころ、このままではどうなることやらと悩み続け頭は薄くなり夜は悪夢にうなされ、昼間は謝金取りから逃げ惑いと、とてもとても怖いおもいを・・・(笑)

冗談はこのくらいにして、本題に突入でござる。

水温がまだまだ高く魚がこないのか?それとも魚自体がいないのか(汗)

これはお馴染みの、う~マンボウ(う~は余計)

この魚は数日前市場に揚げられていたのを発見しカメラに収める。

Dsc00025

このマンボウは本来ならここ知床よりまだ南の海に生息する。

毎年知床の海にも何匹か迷い込むらしいが今回のは体長が2メートルちかい大物だった。

ここまで大きくなると顔もけして可愛くない、なんともふてぶてしい面構え(笑)

秋漁ですが、今のところお世辞にも良い結果が出ているとは言えない。

ホッケの魚体は今だ小さめ、浜値のほうは前回据え置きといったところ。

しかし、望みが微塵も無いかというと、これがまたそうでもないようで、ここ最近の一週間は止め網、即席網と一日にニ度の出漁が出来るくらいのホッケが獲れるほどまでになってきた。

Dsc00032

けして大漁、豊漁と手放しで喜べるものでは無いが、10月初めの頃に比べれば天と地ほどの違い。

それというのも今年の秋漁初めのころが、それはそれは悲惨なもんだったから。

振り返るのも怖いくらい、まずは夏場の昆布漁の不漁に始まり追い討ちを掛けるように燃料の高騰。

そして始まった秋漁も初日から数日は全くダメ、魚どこに行った~と叫びたくなるほど。

あのころはマジに頭が薄くなる寸前だったのかもしれん(笑)

Dsc00063

いつも言いますが、「捨てる神あれば救う神あり」というわけで、今回もなんとか俺も神に髪を救われたようです。

あのまま悩み続けたらきっと今頃は、生え際のCMに出れたかも(笑)

そんなわけで、現在こうしてブログの更新が出来たということは、生え際が無事だったということ。

そんなこんなで、なんとか今日をむかえております。

ここ何日かに比べホッケは昨日から少し漁が落ちてきたようだが、同じ漁場にこちらも少しづつだがスケソが増え始めている。

Dsc00033_2

スケソは例年なら秋漁の切りあげ近い12月いっぱいまで獲れている魚なので、淡い期待を懐きつつある。

あと、最近の近況といえば、気温が少しづつ下がりだんだん秋らしくなってきたことだろうか。

だんだん秋らしくという表現を使ったのは、もちろん今までが秋らしくなかったから。

それもここ2日くらいはメキメキと下がり始め日上がりの時間帯になるころには、けっこう寒さが凍みてくる。

真向いの国後島を染める朝焼けも気温の低下と共に毎日少しづつ紅見を増してきているようだ。

Dsc00051_3

これからは、日に日にどんどん寒くなってくることだろう。

秋はやっぱりこうして気温や水温がいつも通りにならなければ漁も出てこないのかも。

待っていたその寒さだが、しかし寒いとやはり人の体にはキビシイ。

この寒さの中、毎日の魚はずしに夜中から来てくれる出面とりさんには感謝しています。

季節の変わり目、風邪など引かないよう気をつけてくだされ。

Dsc00058_2

最後に、職業柄ブログ更新がまちまちで今回も久々の更新となりすんません。

こんな感じのブログにいつも訪問してもらえてありがとうございます。

これからも知床羅臼の近況や漁模様などを不定期ですがアップしていきますのでよろしく。

2008年7月27日 (日)

2日延びて

[漁師] ブログ村キーワード

今月26日に始まる予定だった天然羅臼昆布漁が今日まで2日延びている。

理由はがあり昆布漁には適さない状況との判断が下されたため。

昆布漁師の俺にとってこの休みが続くとちょっと気が抜けた気分になる。

Dscf3244

例えるとスタートラインに構えてスタートの合図をまつランナーのようにこの2日間の沖止めは、昆布漁の始まりに向けて昂っていた気持ちに水を差す。(といったらちょっとカッコつけすぎ)

でも天候が悪いんだから、それも仕方ない。

そして今現在の天候はというと、空は快晴、海はベタ凪

このまま天候に変化が無く順調にいけば明日は天然羅臼昆布漁初日となるだろう。

あとは、体力の続くかぎり昆布採りに集中するのみ。

その昆布漁だが明日は出港時間がAM 5:00出港AM 6:00昆布漁開始AM 9:00まで行われる。

Dscf0026

予定通りだと28日29日と2日間この時間帯で昆布漁を行い30日漁休日となる。

1年間のうち7月半ば過ぎから8月いっぱいの約1ヶ月半だけ行なわれる昆布漁は、毎年のことだが、開始直後の数日間は体が昆布採りに慣れてなく大変!

漁最中に疲れがピークに達しもうぶっ倒れそう。

こんな日が数日続くと言ったが、最近このサイクルが少しづつ延びている。

若い頃は、1日で取れていた疲れもこの歳になるとそうもいかないね(汗)

そんな昆布漁だが明日はおそらく開始されることだろう。

明日は覚悟を決めて昆布漁に行ってこよう。

2008年6月28日 (土)

本日をもって春漁終了!

[知床旅情] ブログ村キーワード

本日6月28日をもって、4月から3ヶ月にわたって行なわれていた春漁の最終日となる。

前にも書いていたことだが、今年のは近年稀なホッケの不漁が続き不安な日々を凄しながらの出漁だった。

頭を過ぎるのは、水揚げで賄えるのか不安な諸経費!

国後島をぼんやり見つめながら、どうにかなるさと安易に気持ちを維持しようとするも、やっぱり一瞬頭をよぎるのは。

Dscf0745


若い衆たちの給料・今年使った網の代金・船の燃料代・故障箇所の整備費・新しく購入した無線などの代金
・・・と数えたら切が無いね(汗

そんな毎日からもやっと今日開放され、ほっとを撫で下ろしている。

しかし終わってみれば最終的に総水揚げは去年を上回り諸経費の支払いは、なんとかなりそうとのこと♪

前回の記事にも少し書いたが理由は4月初めから5月中ころまでのスケソの水揚げが良かったことと不漁だったホッケだが値段がいつもの年の近かったため。

Dscf3522

生産者として値段の差って凄いなとあらためて実感する年となる!

その今まで低迷を続けたホッケだが昨日は久しぶりの豊漁となり、最近の一日平均水揚げ高を大きく上回る、これがホントのラストスパートってやつだね^^

そして最終日の今日はというと、これまた嬉しいことに80箱と昨日よりもホッケの箱数が多い♪

Dscf0863

このラスト2日間にはホント助けられたね、現在ホッケは浜値で1箱平均6000円はするのでホッケだけでも高水揚げとなるが、これに今日昨日と思いがけない伏兵も付いていた。

その伏兵とは4月・5月水揚げを助けてくれたスケソ鱈!

このスケソが昨日は100箱くらいあり、こちらは約1800円で取引きされていたね^^

Dscf0842_3

最後の最後になる、この2日間は久しぶりに活気にあふれていた。

本音を言えば一番良いのはこのような漁が毎日続けば良かったのだが・・・

それでもこのは、無いよりはずっと良いというか、もの凄~く良い!

本日で漁も終了なので本船からの写真撮影はあと約3ヶ月後となるので今日は、普段めったに見られないというか漁師以外なかなかお目にかかれない操業中の船から撮った北方領土のひとつ国後島どあっぷを一枚載せておきます。

Dscf0784_2

最後に昨日の記事のコメントにも「終わりよければすべて良し」とブログ仲間の方からコメントを頂き、まさにそのとおりと実感していたね。

そして最終日の今日をむかえ、に付いてくるを見ながら心思うことは。

「終わりよければすべて良し!」・・・グウ~

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ