2010年1月 2日 (土)

何これ?謎の生物?ラッシー?

今日は不思議な画像を、雪だるまの妖精の僕が管理人に代わり紹介します。

Dscf2413

2010年最初の話題を探そうと、このブログの管理人である
アホが過去に撮った画像をせっせと見ていると。

「何これ」とおもわず目が止まる画像を発見!

管理人は、こんなのいつ撮ったんだろう?と小さい目を丸く
したということです。

日付を見ると2007年のものらしい。

その写真は、漁に出ているとき船から海上を撮った写真とのこと。

これを見たとき管理人はこうおもったそうです。

「知床は神秘の海だからこんなのもありか~」と、うそぶく。

Dscf3388_2

でも内心は「スクープ発見!一躍有名人!サインの練習せねば!」
だとおもいます(笑)

話は飛びましたが、実際これが何だか管理人もよくわからんとのこと。

まずは画像を見るのが一番!

百聞はなんとかってやつです。

ここからは北キツネのコンがご案内します。

Dscf0659_2

オレがおもうに、そうそう不思議なことは起こらないし存在もどうだか?

そこで考えられる最近知床の海であがる生物はというと。

まずはこれ↓

Dsc00025

本来は南の海に棲む魚であるマンボウ。

次にこれ↓

Dscf1814

知床でお馴染みのキングサーモン(マスのスケ)

これも大きいものになると体長が1メートル前後になる。

次に考えられるのはこれ↓

Dsc00150

これも知床名物の巨大魚でなまえはオヒョウという。

この魚も、大きいものは畳一枚ぐらいになる。

そして忘れてはいけないのがこれ↓

Dscf4417

モカ鮫という鮫の一種でこれも大きいものは体長5メートルくらいになる。

あと考えられるのが最近知床でブームになりつつあるクジラ

Dscf0318

これも、知床に棲む巨大生物、よく見かけるのがこのミンククジラやマッコウクジラ。

しか~しと、ここからはこのカモメのゴメぞうが解説を変わります。

Dscf4175




わたしゴメぞうも長い間知床の海に棲んでいますが、この
味覚人未確認の生物?アシカやアザラシ?漂流物?どうもちがう・・・

この物体は先に載せたどの画像とも違う気がします。

ここまで延ばしに延ばしたわりにこれから載せる写真がそれほど
衝撃的でない場合の保証は出来かねますのでご了承ください。

ではいきます、これが問題の写真です。

この画像を見たい方はこちらまで・・・冗談です<(_ _)>

上のこちらまでをクリックしても何も起きませんo(_ _)oペコッ

ではあらためていきます。

お待たせしました。これです↓

Dscf0457_4

管理人が自ら撮った写真なのですが、こんなもの写っているとは知らず
に今までピクチャーに埋もれておりました。

管理人いわく率直な感想は、「ま~いいか、知床だから」だそうです。

また、「いつか網で獲ってやる」とも、うそぶいておりました。

画像がもっと鮮明なら解決したかも知れませんが、これのほうが夢が
あって良いかとおもう^^

ネス湖がネッシーなら知床・羅臼の海だからラッシーといったところ・・・
どっかで聞いた名だ(笑)

2009年12月29日 (火)

12月25日で漁を切り揚げました。

12月25日で今年は漁を切り揚げた。

理由はいろいろあるが、やめようとおもった一番の理由は上架場のクジ引きだった。

このクジ引きは毎年漁期の最後ころに行われるもの。

なぜ、こクジ引きがあるかというと漁をしている船数と漁期と船を巻く日取りと上架場に関係する。

31

順調に漁に出ると、秋漁の漁期は毎年12月27日まである。

それに対し上架場の業務期間は12月29日までとなる。

このうち年内に船巻きを希望する船が50隻以上はかるくいる。

今の上架場の体制では1日に巻き上げる船は多くて約10隻。

これら全船を27日から3日で巻くのはとても無理なこと。

2009090313260002

秋漁に出ている船数に対し船を巻き上げる上架場の設備と人数がとても追いつかない。

だから27日から29日までの3日間では到底全船を巻き上げるのは不可能!

そこで、考えられたのが船巻きの抽選、つまりクジ。

このクジ引きにより、27日の漁最終日から29日の船巻き最終日までの船を決める。

これにハズレた船はこの日にち以外を選択するしかない。

2009090314050003_2

いつかというと、27日以前かもしくは年明け数日たってからの上架場業務開始日になったときとなる。

冒頭で書いたようにこのクジにハズレてさらに敗者復活クジにもハズレたオレは船巻きをなくなく25日に決め、上架場へと船を走らせる。

理由はこれだけでないのも事実で、実はもうひとつある。

それは、魚を獲りすぎて、儲かりすぎたので他の船の船長に悪いから早めにハンデを与えたのである!・・・といいたいが残念ながらそれはない。

オレの性格上、もし本当に一番獲っていても勿論やめない(笑)

3

では、何が理由かというと、魚の値段が漁をこの日でやめる決断をさせた。

漁期最後のほうで主に行っていた漁は真ダラ漁という漁だった。

この真ダラがいつもは12月暮れともなると、キロ当たり800円前後するのだがなんと今年の暮れは半値にもみたらないキロ当たり300円前後!

人件費や燃料費や獲る漁を考えると、「やってらんね~!」

と、この船巻きのクジと真ダラの値段がオレの今年の漁期日数を決めた。

101

今年もブログを訪れた皆様にはたくさんの応援や励ましの言葉をいただき感謝です。

来年の4月からの春漁が始まるまでは、オレも陸に上がったカッパとなりますが、変わらぬお付き合いをよろしくお願いします。<(_ _)>

2009年11月28日 (土)

どの魚を主にするのか?

11月も、もう残り少なくなってきたのだが今でも何を主に漁をすれば良いのか定まらない。

毎日、帰港中にこのことばかり考えるのが最近の日課。

104

現在、前浜の漁場にはスケソ・ホッケ・真イカ・カレイ・真ダラ・ソイと色々な魚がいる。

こう書けば、なんでもいる最高の海のように感じるでしょうが、正確にはちょっと違う。

どれもこれも獲れば良いのだが、なんの問題もないというわけでもない。

ひとつは、魚の値段が安いのですべての魚に手を出すだけの人が雇えなく人員は圧倒的に少なすぎる!

9

もうひとつは、種類ごとに回遊している魚の数、こちらも圧倒的に少ない!

いろいろな種類の魚は来ているのだが、それぞれ種類ごとの漁獲量はどれも少なすぎ。

例年ならこのいろいろな魚の中から漁獲の高いものか値段の高いものが一つ二つ出るのでその魚を主に漁を行う。

しかし今年は漁獲も値段もどちらもクリアできない魚ばかりでこれからの漁で主にする魚を決めかねている。

101

まあ、こんなこと書いてるけど魚がいるのだからまだ幸せなほうだろう。

どの魚もいなくなれば、どれを獲ったら良いのかなんて贅沢な悩みも持てないからね。

そんな中、一つの電話が入る。

受話口から聞こえてきた内容は取材。

相手は朝日新聞の記者さん。

オレのことをサイトとブログ:羅臼昆布・魚介類直販どっとcomで知ったらしい。

このサイトで昆布とホッケをオレが商品として出しているのをネットで見つけ取材を申し込まれる。

なんでも出たがりのオレの返事は勿論、一発取材OK(笑)

二日後の午前中に帰港後、取材を受ける約束を交わす。

100

取材内容は、朝日新聞でグルメ特集を組むので是非!是非!是非!取材させてほしいとのこと。(是非は一回だったかもしれません笑)

そして昨日、漁を終え帰港すると記者さんは、港で寒い中待っていた。

帰港してすぐ、船に乗り込みいろいろと写真を撮り、若い衆たちに取材をしていた。

105

この取材での詳しい内容は、また次の機会にでもブログで立ち上げようとおもいます。

今日のところはこんな感じでさわりだけお伝えしておきます。

あと残り一ヶ月となった秋漁ですが悔いの残らないようラストスパートに入ります。

変わらぬ応援よろしく!

ブログランキングに参加しています。こちらもよろしくお願いします。<(_ _)>

2009年11月12日 (木)

雪の中(秋本番)

[知床旅情] ブログ村キーワード

数日前から羅臼も雪がちらつくようになってきた。

寒いが、こうなってこないと羅臼も秋漁本番となってこない。

22_2

現在メインでおこなっている漁はスケソ漁となっているが今年は今のところ不漁。

雪も降り季節的にも良くなってきたので今後に期待して待つ。

41_2

あと、この時期に獲っているのが真イカ、こちらも今のところ少し漁が少ない。

真イカもこれからに期待するしかない、シツコイが季節的には万全なわけだから(笑)

23_2

気温が下がり、雪がちらつくようになると海の水温も下がりだすとおもうので、今後なんとかなることでしょう。

これは安易な気持ちで言ってるわけなく、前向きな気持ちでのつもり!

43_2

話は変わりますが今月は羅臼にとって大きく関係することがひとつありました。

ここ数日、連日のように報道されているように森繁久彌さんが10日午前、東京都内の病院で老衰のため96歳で死去した。

森繁久彌さんは羅臼にとって縁が深く有名な代表作にあの「知床旅情」がある。

「知床旅情」

作詞: 森繁久彌

作曲: 森繁久彌

知床の岬に はまなすの咲くころ
思い出しておくれ 俺たちのことを
飲んで騒いで 丘にのぼれば
遥か国後に 白夜は明ける

旅の情か 酔うほどに さまよい
浜に出てみれば 月は照る波の上
君を今宵こそ 抱きしめんと
岩かげに寄れば ピリカが笑う

別れの日は来た ラウスの村にも
君は出て行く 峠を越えて
忘れちゃいやだよ 気まぐれカラスさん
私を泣かすな 白いかもめを

2009090217420000

「心からご冥福をお祈りします。」

ブログランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします。<(_ _)>

2009年10月28日 (水)

明日は出港します。

台風20号も無事過ぎ明日は、いよいよ出港です。

33



おもっていたより台風の速度が上がり今日も出漁する気になれば出港できたのですが、前日のうちに若い衆には明日は出漁は無理かもしれないと言っていたので出漁を断念(笑)

オレ自体やタックの船団も今日の海が、こんなにも凪るとおもってもいなかったので今日の出漁は考えていなかったのも事実です。

31

他の船団は今日も出漁したところもあり、朝も電話で漁師仲間4人から凪も良くなったしホッケも増えてきたようだと連絡をもらいました。

漁師仲間に沖の情報をもらえる自分は幸せ者とあらためて実感、本当にありがたいです。

明日は、仲間漁師にいただいた情報をもとにホッケのソクセキをやろうとおもっています。

30

追伸

神奈川のM様、ご心配かけて申し訳ございませんでした。

北海道はインフルエンザ流行っているようです。

幸か不幸か、おバカなもんで風邪はここ4年ほど引いておりません(笑)

蟹も遅れてすんません<(_ _)>

----------------------------------------------------------------

新潟のS様、台風は無事過ぎて行きました。

明日は出港の予定です。

いつもご心配をお掛けして申し訳ないです。

----------------------------------------------------------------

ブログを観欄していただいてる皆さんから、心配のメールやお手紙をたくさんいただき感謝しています。

この場を借りてでもうしわけございませんが、皆さんありがとうございました。

ブログランキングに参加しております。よろしければポチっとご協力お願いします<(_ _)>

2009年10月26日 (月)

今度は台風20号!

[台風20号] ブログ村キーワード

今年は、知床も台風の当たり年なのか随分と予想進路がこちらを向く。

まだ今のところ予想だけど知床のすぐ下をかすめる感じ。

10月9日に知床に近づいた台風18号のときと進路こそ違うが最終的な接近位置が似ている。

この台風20号は今のところ日本列島へ上陸する可能性は低そうだが、あまり各地に被害をもたらさないといいですね。

知床も、このままの進路で台風が進めば、何かしらの影響はあるとおもうのでまずは用心に越したことはない。

前回の台風18号は予想進路図から大きく逸れてくれたため、知床への目立った被害もなく沖への出漁も台風が去って日をおかないですぐ始められた。

2009100908180001

今回も被害のないことを願って、通り過ぎるのを待つしか自然への対処はない。

話は少しだけそれるが、漁師にとって台風の影響がすべて悪いことばかりというわけでもない。

前にも話したかどうか、台風や低気圧により海が海底深くからもめるような時化(シケ)は魚を漁場に運んでくれるというメリットも正直あります。

2009100908210002

台風や低気圧は恐いけど、そのウネリに乗ってやってくる魚への期待。

ここ最近、漁が減って死活問題となる漁師にとっては一概に迷惑ともいえないのが本音。

自然相手の商売をしている者にとっては、台風が紙一重で恩恵とも迷惑ともなる。

ブログランキングに参加しています。よろしければ応援よろしくお願いします。<(_ _)>

2009年10月 9日 (金)

台風18号接近!

日本列島を横断しながら北上を続けていた台風18号がついに知床半島の近くまで接近!

現在は根室の東にあり進行方向を東北東に向け進んでいる。

Nami

結果から言えば、今回の台風18号は数日前に出された予想進路図より南東に大きくそれ、これにより知床への被害は予想していたより格段に減ったことだろう。

とは言っても、そこはやはり台風、現在でもその勢力は最大瞬間風速40m/s、中心気圧980hpaと油断できるものではない。

高波や突風を心配してほとんどの船が昨日、羅臼港に各港から避難してきている。

オレも例に洩れず松法港という普段使用している港から昨日、羅臼港に船を移動してきた。

2009100908230000

港は普段と違い、それぞれ各港から避難してきた漁船で溢れ返っている。

港に入ってから、すぐに船型の合う漁船を探し、そお脇に自船を並べてモライをとる。

高波や突風で船が流されたり壊れたりしないようにモライという太いロープで船と港に何本も張り巡らす。

2009100908400000

これ以上は人の力ではどうすることも出来ないので、あとは台風が通り過ぎるのを静かに待つのみ。

台風が通り過ぎるまでの間は、数時間に一度船のモライ綱や船に風や波の影響による傷がついていないかなどの点検に行っている。

2009100908180001

この台風18号も明日には、知床半島から離れるのでそれまでの辛抱です。

離れると言っても、勢力範囲から大きく外れるわけでもないので出漁は無理かもしれない。

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。<(_ _)>

2009年10月 4日 (日)

思った以上に事態は深刻?

10月1日から、沖に出ています。

とりあえず始まったばかりなので様子見にホッケ網とスケソ網をひとつづつだけ投網。

次の日一晩止めでホッケ網を巻いてみることに。

秋の漁が始まる前から漁師仲間に魚がいないと聞いてはいたが、

これほどとはおもわなかった。

2009090314000001

すごいね~ひどいね~びっくりしたね~

巻いたホッケ網には合計18匹のホッケしかかかっていない。

しかも、ホッケの浜値は過去に例が無いほどの安値・・・

値段と網にかかったホッケの数を掛けあわせて、その日の経費で引いてみる。

結果は、言うまでもなく惨敗!

というか、超惨敗!!

2009071708090002

まあ~始まってすぐは、いつも良い漁から始まるほうが稀なんだけども。

しっかし今年の秋はちょっと過去に例がないくらいの始まり方だったね。

一日に掛る経費は人件費や燃料費、資材代と最低でも数万円。

これに対し、この日の水揚げはというと、恥ずかしながら数千円。

今は、こんな日ばかりではないと自分に言い聞かせ大漁を夢見て沖に出るしかない。

まだ始まったばかりだけど、なんとか対策していかないといけない時代なんだろうね。

余談だけど、カウンターがもうすぐ123456になりそう、なんか数字並ぶと気持ちイイかも、次回は1234567だから何年いや何十年先のことやら(笑)

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。<(_ _)>

2009年9月19日 (土)

秋の空

昆布漁が終わったら毎日しっとい(すごい)天気いい。

2009082510050000

この天気が昆布漁最中にもっと続けば仕事も順調に行ったな~
昆布漁最中はガス模様で気温の低い日多かったもんで

2009080707160000

昆布採ってても寒い!

2009091014010000

そんなこと考えながら用事で港に向っていたら半島の先に虹

同じ知床半島なのに端のほうは雨のようだ

2009091014010002

細長い知床半島だからこんなのよくあること

用事がすんで帰る頃には日もすっかり落ちていた。

むこうもそろそろ雨降ってきたかな?

2009090217410000

着いてみると予想と反して天気は変わらず、雨は一度も降ってない。

細長い半島に細長い町の羅臼ではよくあること。

ブログランキングに参加しています。

よろしければポチっとお願いします<(_ _)>

2009年9月15日 (火)

昆布漁が終わって秋漁の準備で上架場へ

[知床] ブログ村キーワード

昆布漁が8月31日で終わり、それから今まで昆布のヒレ刈りとヒレ詰めという仕事を今やってます。

ヒレ刈りっていうのは天日乾燥させた昆布を製品にする前に実の薄い両端をハサミで切り落とす作業なんです。

2009090408300001_2

これを一枚一枚人の手ですべての昆布にやります。

一日に乾燥する昆布の量は多いときは100枚以上になりこれを天気の良い日は毎回やっているので、その総数は天文学的数量に・・・言いすぎでしたそんなにはならんです(笑)

でもこのヒレ刈りは合計で数千枚の昆布を刈るわけでけっこう大変な作業なんです。

と、話がまたまた脇道に行きそう(笑)

先日、10月から始まる秋漁の準備で上架していた船をおろしてきました。

夏に船を上架(巻く)したときときに、ケチって船の化粧直しを船底だけにしたもんでサイドのサビが気になる。

2009090313250000

きっとコイツも怒っているだろう (`ε´)

春漁のほっけが安かったので勘弁してもらおう (;゚∇゚)/

今日は上架場での船下ろしを簡単に説明します・・・と言ってもオレが下すわけでも責任者でもないので邪魔にならないところから写真とるだけです(笑)

2009090313260003

まず仙台じゃなくて船台というタイヤ付の大きな台に船を乗せます。

2009090313260002

無事船台に乗りました、説明が我ながらとてもシンプル ( ̄○ ̄;)!

2009090313270002

次に船台に乗せた船をタイヤショベル(重機)でヨイショヨイショと海まで運ぶ。

もしかしたらヨイショと言わないで運んでいるかも知れないがその辺は定かではない!

2009090313290000

こうして血と汗の努力の結果船は無事港の斜路にたどり着き海へと帰される。

血と汗の作業に見えたが作業員に聞いたわけではない!

そう見えただけだが、たまに冗談言って笑ってた気もする ( ̄▽ ̄)

2009090313590000_2

簡単でしたが上架場の作業説明はこれでもちろん終わりです。

ホントです。本業以外はこれ以上わかりません(笑)

そしていよいよ3か月ぶりの大海原へワンピースを求め旅立つのであった。

ちが~う!羅臼港を出港し秋漁で使う別の港へGO!

2009090314040002

久々に本船から観る知床半島とその海はやっぱりいい。

10月1日からはこの知床の海でまたホッケ漁やスケソ漁を始めます。

ブログランキングに参加してます。

よろしければポチっとよろしくです <(_ _)>

より以前の記事一覧

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ