2008年4月 3日 (木)

冬本番?

これは、昨日の羅臼

まさに冬本番といった景色

Dscf5797

この日は、船に溜まった雪とりに向ったんだけど、道路はすごいことに

シャーベット状になった雪は滑る滑る

おのずと運転も慎重に身長

やっとのおもいで港に到着

ここでまたビックリ!(開いた口がふさがらん)

Dscf5800

これだもね・・・(汗

笑うしかない・・・

吹雪いてる!

いくら北海道だからって、いくら知床だからって、いくら羅臼だからって、これはないでしょ。

Dscf5798

と、愚痴りながらも雪とり開始!

2008年4月 1日 (火)

いつまで

四月に突入し日本列島のあちこちから春の便りが聞こえてくる。

例に洩れず知床も春爛漫となるはずが、山に行っても海に行っても財布を覗いても寒い!

Dscf5786

それもそのはず、もう四月だというのに今日の知床はまたまた大雪!

夜中から降り続けていた雪が辺り一面をまた真っ白くしている。

陸は真っ白な雪、海は真っ白な流氷、さながら冬本番といったところ・・・

Dscf5783

この雪は、今もしっかり降り続いてる。

Dscf5767

気温のほうは、徐々に例年並みに近づいているのでこの景色も長くは続かないとは思う?

ほんと知床は長年住んでいても毎年驚かされるね。

情報化社会の今、家に居ながらに全国各地の情報が目に耳に飛び込んでくる。

Dscf5686 そして、この時期この景色が見られる知床が、どちらかというと異常だったことに気がつく今日この頃・・・

2008年2月15日 (金)

一夜にして

朝目を覚ますと昨日までの景色が嘘のような一面銀世界

と、驚くほど今年の知床は今まで雪が少なかった。

Dscf2408

低気圧の接近で予報が悪かったので一降り来るなと覚悟を決めていたものの

一晩でここまでとはちょっと予想外。

日中は雪かき(除雪)に追われその殆んどが潰れることに

やっと終わった頃には風も止み雪も小降りになったが辺りは暗くなり夕暮れを迎えていた。

Dscf5665

もう何もしたくない、何も手につかない、冬だけ沖縄で暮らしたい・・・

玄関前の車一台通るスペースを除雪するのに何故に、ここまで苦労してたのかというと

実は幾度となく同じ作業を繰り返していたからだ。

計算ミスも手伝いこのようなざまに・・・

Dscf5663

今回の雪は少々甘くなかった。

その雪の量に加え予想以上の強風が除雪の邪魔をする。

いわゆる風による吹き溜まりである。

雪を取っても取っても風が後から後から雪を運んでくる(汗

降る雪よりも風に運ばれるこの雪がくせ者!

予定では今日の雪かきは、日中に一度の作業で済む筈だったのだが

予想以上の風に大いに苦戦し完璧に終わりと自他共に納得できたのがこの時間!

北国育ちで雪には慣れていたつもり

ましてや漁師で気象状況の判断には自信があったはず?・・・そろそろヤキがまわったかな?

Dscf5664

この記事を書いてる今現在は風の音も日中に比べだいぶ弱く雪も小降りに

しか~し これで終わらないのが北国の冬!

明日はどうなることやら・・・?

2007年10月16日 (火)

脳天気に前向き♪

10月1日から始まった秋漁も早いもんで半月が過ぎた。

ここ最近は、日増しに寒さがきつくなってきたような気がする。

夏場は、あんなに暑かったのにさすがにここは北国知床といったところ。

今では、朝(真夜中)の気温は3度前後だったと思う。

3日前に羅臼では初雪が、これは今年初でした!

オイオイ?

当たり前だよね、今年3回目初雪って普通言わないね(汗

初雪といっても麓は霙交じりといったとこ。

Dscf5422

この日もさすがに寒く、日の出ころには船に積んであった温度計もぴったり零度!

これからは、気温は下がるいっぽう、漁師は次から次へと厚着するいっぽう、数学的にこれを比例といえばいいのか反比例というのが正しいのか

数学に強いあなた答えはいらんです。

どうせ忘れますから・・・(汗)

この記事も、いろんな意味で さむい!

今年は夏が異常に暑かったのでこの冷え込みはオジサンにはチョイきついっす。

漁の方は今も殆んどスケソ獲りです。

Dscf5420

ホッケは相変らず今の漁場に姿を見せんダス。

でも嬉しいニュースも、スケソが漁初めの頃にくらべ倍近い値段になったこと。

しかしスケソは現在半減?これって意味ないかも な~^^;

値段上がったから、まっイイか、あとは数がかかればいいだけ♪

Dscf5427

と、脳天気な俺は何ごとも前向きです。

でも今ちまたでブームのプラス思考とは微妙に、いや大きくちがう!

プラス思考という言葉は正直好きじゃない、この考えにどっぷり浸かると後が怖いよ。

このプラス思考を良く語る俺の知人で、とっても暗くて貧乏なヤツがいるから ・・;

だからちょっと前向き位が調度良いんです。

どこが違うの?と聞かれてもうまく説明できないけどね。

苦しい時は苦しいし泣きたい時は泣けば良い悲しいときに笑えなんて言うのはもってのほか!

これじゃ~人間の喜怒哀楽メチャクチャだよ。

これは俺なりの変なこだわり、けして強要してません。

ただ、困ってどうしようもないときや苦しい時に、プラス思考で行こうよって俺には大きなお世話!ってだけのこと。

無理に性格と反するプラス思考になる必要はないと思うね。

最初はその気になった気分になるらしいけど・・・

後から来るギャップはまるでダイエットあとリバウンドみたいにコワイですね

だから一歩一歩無理なく自分のペースで進む前向き今の俺には調度良い(^^)v

2007年2月 2日 (金)

雪景色

先日の雪もそれほどの積雪量とまでは、いきませんでした。

でも、これでだいぶ冬らしくはなってきたようです。

Dscf2422_1

今日は全国的に雪で大荒れとの予報でしたので皆さんのところも今日は雪でしょうか。

載せている写真は昨日のもで、今日の知床は風は強いですが雪は降っていません。

Dscf2417_1

全国的に暖冬傾向にあるのか今年は、積雪も少なく一面の冬景色とまでは、まだまだといったところです。

Dscf2426

先日の雪降りがウソのように昨日今日と良い天気です。

セピア風に加工してみると何となく味がでてきたので、掲示板でも載せましたが、お気に入りなのでこちらにも載せておきます。

Dscf2400

それでは、皆さん暖かくお過ごしくだされ。

2007年1月31日 (水)

雪とオジロ鷲

朝8時から倉庫で網仕立てという網作りの作業をやってました。

これは、4月からの春漁に使う網の製作といったところです。

この作業は、8時に開始がデフォ

下の作業は、足棚付けという、網が海中に入ってから海底に付く部分を作っているところ。

今作っているこの網は、ちなみにホッケ網です。

Dscf0140_1

上の写真は、今日のものでありませんが今日の作業も同じ作業です。

昼までこの作業をやり、昼飯を食べに家に向かうことに。

途中何気なく裏山に目を向けると、山は久々の雪降り

Dscf2373

年明け例年に比べ雪の降る日が少なかったので、道産子の俺も久しぶりに、まとまった雪降りを体験です。

雪景色を何枚か撮っていると、何やら景色に写りこむ怪しい影が!

ちなみに心霊やUFOではないですよ ^^;

最初は意識していませんでしたが、そこには、こちらもご無沙汰のオジロくん

裏山でオジロ鷲を見つけるのは、これが今年はじめてでした。

わかりますか ^^;

Dscf2377

最初は、カラスかと思いましたが、よく見ると大きさが全然ちがうし、カラスはあまり単独で行動しないので間違いないようです。

Dscf2383_1

羽をひろげて飛び立つしぐさなどを見せてくれると有りがたいのですが、音を立てたり何かを投げてもヤラセになるのでこれで、ご勘弁くだされ。

そばに、大きさを比較できる他の野鳥などがいると大きさがよく解かるんですが、暫らく動画も挑戦、でも奴は微動たりしません・・・残念!!

2007年1月27日 (土)

少しは冬らしくなったかな

西の風、3m/s 天気、晴れ 日中の気温-8℃!

少しづつ、冬らしくなってきたようです。

下は羅臼から望む海峡と国後島。

Dscf2323_1

同じ知床半島の裏、オホーツク海側には、流氷も接岸したみたいです。

この調子だと羅臼に流氷が接岸する日もそう遠くないかも。

Dscf2283


流氷が来るとこの海全体が白銀の世界に変わります。

その光景は、はるか遠く国後島までつづくことも。

Dscf2328_1




山はというと、天気が良い青空の日は、知床連山の雪化粧もいっそう映えてます。

2007年1月23日 (火)

軒下に

今日は天気が良いので久々の窓全開。

Dscf2256_1

暖房でせっかく暖まった部屋ですが空気の入れ替えを

空は青空、いい天気、ここまでだとぽかぽかと暖かそう。

でも、なにやら写真に写りこむものが

Dscf2249

北の大地では、当たり前の光景!

つららです。

軒下からは屋根の雪などがしずくとなり垂れてくる。

しずくは、地面に落ちることなく冷気によって冷やされ凍りつく。

Dscf2255

軒下に手をのばし、その一本を

子供の頃こうしてよく遊んだ。

2007年1月 5日 (金)

北国

今年は北国にも冬の訪れがやや遅れているようです。

麓にはまだ例年ほどの雪もなく気温も少し高め。

それでも知床半島国後島は徐々に雪に覆われてきています。

Dscf2015

知床半島の全貌を収めるには地元からでは近すぎるので隣町にあたる標津町の道沿いから半島を撮りました。

そのまま右に目をやるとそこは異国の地日本固有の領土国後島

こちらも山は雪で覆われてきています。

Dscf2008

さらに知床をはなれること車で約40分のところまで来てみる。

そこからも知床連山に向けシャッターを切るが少し遠すぎるようです。

Dscf2004

国道を外れ車の少ない道に入り知床連山を狙う。

この辺りはのどかでどこまでも広い大地が続いています。

車を止めその辺をぷらぷらしてみることに

Dscf1994

なんにもいません

なんにも聞こえません

でも気持ちいい~♪

Dscf1970

あてもなく気の向くままに車を走らせ着いたこの場所は今年のお気に入り

Dscf2005

最後に自分も入って記念撮影♪

Dscf1980_1

おわ~り!

2006年12月16日 (土)

明日は少し積もるな~

日中はのち南西の風となり知床の気温も例年の今頃とくらべ高く午前11時にはプラスの6℃くらいまでいったようです。

気温は、このときのピークを境に今度は徐々に下がりはじめ空からはが、

こうなると今度は1時間ごとに1℃のペースで気温が下がり始める。

そして午後の4時を過ぎた頃には、いつもどおりの氷点下に、

気温の低下にともない降雪のほうは徐々に増えてきたようです。

おっきな綿雪、これが降り続けば明日の朝は積もるな、また雪かきでしょう。

早起き予定にしておこう。

より以前の記事一覧

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ