2010年1月 2日 (土)

何これ?謎の生物?ラッシー?

今日は不思議な画像を、雪だるまの妖精の僕が管理人に代わり紹介します。

Dscf2413

2010年最初の話題を探そうと、このブログの管理人である
アホが過去に撮った画像をせっせと見ていると。

「何これ」とおもわず目が止まる画像を発見!

管理人は、こんなのいつ撮ったんだろう?と小さい目を丸く
したということです。

日付を見ると2007年のものらしい。

その写真は、漁に出ているとき船から海上を撮った写真とのこと。

これを見たとき管理人はこうおもったそうです。

「知床は神秘の海だからこんなのもありか~」と、うそぶく。

Dscf3388_2

でも内心は「スクープ発見!一躍有名人!サインの練習せねば!」
だとおもいます(笑)

話は飛びましたが、実際これが何だか管理人もよくわからんとのこと。

まずは画像を見るのが一番!

百聞はなんとかってやつです。

ここからは北キツネのコンがご案内します。

Dscf0659_2

オレがおもうに、そうそう不思議なことは起こらないし存在もどうだか?

そこで考えられる最近知床の海であがる生物はというと。

まずはこれ↓

Dsc00025

本来は南の海に棲む魚であるマンボウ。

次にこれ↓

Dscf1814

知床でお馴染みのキングサーモン(マスのスケ)

これも大きいものになると体長が1メートル前後になる。

次に考えられるのはこれ↓

Dsc00150

これも知床名物の巨大魚でなまえはオヒョウという。

この魚も、大きいものは畳一枚ぐらいになる。

そして忘れてはいけないのがこれ↓

Dscf4417

モカ鮫という鮫の一種でこれも大きいものは体長5メートルくらいになる。

あと考えられるのが最近知床でブームになりつつあるクジラ

Dscf0318

これも、知床に棲む巨大生物、よく見かけるのがこのミンククジラやマッコウクジラ。

しか~しと、ここからはこのカモメのゴメぞうが解説を変わります。

Dscf4175




わたしゴメぞうも長い間知床の海に棲んでいますが、この
味覚人未確認の生物?アシカやアザラシ?漂流物?どうもちがう・・・

この物体は先に載せたどの画像とも違う気がします。

ここまで延ばしに延ばしたわりにこれから載せる写真がそれほど
衝撃的でない場合の保証は出来かねますのでご了承ください。

ではいきます、これが問題の写真です。

この画像を見たい方はこちらまで・・・冗談です<(_ _)>

上のこちらまでをクリックしても何も起きませんo(_ _)oペコッ

ではあらためていきます。

お待たせしました。これです↓

Dscf0457_4

管理人が自ら撮った写真なのですが、こんなもの写っているとは知らず
に今までピクチャーに埋もれておりました。

管理人いわく率直な感想は、「ま~いいか、知床だから」だそうです。

また、「いつか網で獲ってやる」とも、うそぶいておりました。

画像がもっと鮮明なら解決したかも知れませんが、これのほうが夢が
あって良いかとおもう^^

ネス湖がネッシーなら知床・羅臼の海だからラッシーといったところ・・・
どっかで聞いた名だ(笑)

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとう

012

あけましておめでとうございます。

昨年同様に今年もよろしくおねがいします。

2009年12月29日 (火)

12月25日で漁を切り揚げました。

12月25日で今年は漁を切り揚げた。

理由はいろいろあるが、やめようとおもった一番の理由は上架場のクジ引きだった。

このクジ引きは毎年漁期の最後ころに行われるもの。

なぜ、こクジ引きがあるかというと漁をしている船数と漁期と船を巻く日取りと上架場に関係する。

31

順調に漁に出ると、秋漁の漁期は毎年12月27日まである。

それに対し上架場の業務期間は12月29日までとなる。

このうち年内に船巻きを希望する船が50隻以上はかるくいる。

今の上架場の体制では1日に巻き上げる船は多くて約10隻。

これら全船を27日から3日で巻くのはとても無理なこと。

2009090313260002

秋漁に出ている船数に対し船を巻き上げる上架場の設備と人数がとても追いつかない。

だから27日から29日までの3日間では到底全船を巻き上げるのは不可能!

そこで、考えられたのが船巻きの抽選、つまりクジ。

このクジ引きにより、27日の漁最終日から29日の船巻き最終日までの船を決める。

これにハズレた船はこの日にち以外を選択するしかない。

2009090314050003_2

いつかというと、27日以前かもしくは年明け数日たってからの上架場業務開始日になったときとなる。

冒頭で書いたようにこのクジにハズレてさらに敗者復活クジにもハズレたオレは船巻きをなくなく25日に決め、上架場へと船を走らせる。

理由はこれだけでないのも事実で、実はもうひとつある。

それは、魚を獲りすぎて、儲かりすぎたので他の船の船長に悪いから早めにハンデを与えたのである!・・・といいたいが残念ながらそれはない。

オレの性格上、もし本当に一番獲っていても勿論やめない(笑)

3

では、何が理由かというと、魚の値段が漁をこの日でやめる決断をさせた。

漁期最後のほうで主に行っていた漁は真ダラ漁という漁だった。

この真ダラがいつもは12月暮れともなると、キロ当たり800円前後するのだがなんと今年の暮れは半値にもみたらないキロ当たり300円前後!

人件費や燃料費や獲る漁を考えると、「やってらんね~!」

と、この船巻きのクジと真ダラの値段がオレの今年の漁期日数を決めた。

101

今年もブログを訪れた皆様にはたくさんの応援や励ましの言葉をいただき感謝です。

来年の4月からの春漁が始まるまでは、オレも陸に上がったカッパとなりますが、変わらぬお付き合いをよろしくお願いします。<(_ _)>

2009年11月28日 (土)

どの魚を主にするのか?

11月も、もう残り少なくなってきたのだが今でも何を主に漁をすれば良いのか定まらない。

毎日、帰港中にこのことばかり考えるのが最近の日課。

104

現在、前浜の漁場にはスケソ・ホッケ・真イカ・カレイ・真ダラ・ソイと色々な魚がいる。

こう書けば、なんでもいる最高の海のように感じるでしょうが、正確にはちょっと違う。

どれもこれも獲れば良いのだが、なんの問題もないというわけでもない。

ひとつは、魚の値段が安いのですべての魚に手を出すだけの人が雇えなく人員は圧倒的に少なすぎる!

9

もうひとつは、種類ごとに回遊している魚の数、こちらも圧倒的に少ない!

いろいろな種類の魚は来ているのだが、それぞれ種類ごとの漁獲量はどれも少なすぎ。

例年ならこのいろいろな魚の中から漁獲の高いものか値段の高いものが一つ二つ出るのでその魚を主に漁を行う。

しかし今年は漁獲も値段もどちらもクリアできない魚ばかりでこれからの漁で主にする魚を決めかねている。

101

まあ、こんなこと書いてるけど魚がいるのだからまだ幸せなほうだろう。

どの魚もいなくなれば、どれを獲ったら良いのかなんて贅沢な悩みも持てないからね。

そんな中、一つの電話が入る。

受話口から聞こえてきた内容は取材。

相手は朝日新聞の記者さん。

オレのことをサイトとブログ:羅臼昆布・魚介類直販どっとcomで知ったらしい。

このサイトで昆布とホッケをオレが商品として出しているのをネットで見つけ取材を申し込まれる。

なんでも出たがりのオレの返事は勿論、一発取材OK(笑)

二日後の午前中に帰港後、取材を受ける約束を交わす。

100

取材内容は、朝日新聞でグルメ特集を組むので是非!是非!是非!取材させてほしいとのこと。(是非は一回だったかもしれません笑)

そして昨日、漁を終え帰港すると記者さんは、港で寒い中待っていた。

帰港してすぐ、船に乗り込みいろいろと写真を撮り、若い衆たちに取材をしていた。

105

この取材での詳しい内容は、また次の機会にでもブログで立ち上げようとおもいます。

今日のところはこんな感じでさわりだけお伝えしておきます。

あと残り一ヶ月となった秋漁ですが悔いの残らないようラストスパートに入ります。

変わらぬ応援よろしく!

ブログランキングに参加しています。こちらもよろしくお願いします。<(_ _)>

2009年11月12日 (木)

雪の中(秋本番)

[知床旅情] ブログ村キーワード

数日前から羅臼も雪がちらつくようになってきた。

寒いが、こうなってこないと羅臼も秋漁本番となってこない。

22_2

現在メインでおこなっている漁はスケソ漁となっているが今年は今のところ不漁。

雪も降り季節的にも良くなってきたので今後に期待して待つ。

41_2

あと、この時期に獲っているのが真イカ、こちらも今のところ少し漁が少ない。

真イカもこれからに期待するしかない、シツコイが季節的には万全なわけだから(笑)

23_2

気温が下がり、雪がちらつくようになると海の水温も下がりだすとおもうので、今後なんとかなることでしょう。

これは安易な気持ちで言ってるわけなく、前向きな気持ちでのつもり!

43_2

話は変わりますが今月は羅臼にとって大きく関係することがひとつありました。

ここ数日、連日のように報道されているように森繁久彌さんが10日午前、東京都内の病院で老衰のため96歳で死去した。

森繁久彌さんは羅臼にとって縁が深く有名な代表作にあの「知床旅情」がある。

「知床旅情」

作詞: 森繁久彌

作曲: 森繁久彌

知床の岬に はまなすの咲くころ
思い出しておくれ 俺たちのことを
飲んで騒いで 丘にのぼれば
遥か国後に 白夜は明ける

旅の情か 酔うほどに さまよい
浜に出てみれば 月は照る波の上
君を今宵こそ 抱きしめんと
岩かげに寄れば ピリカが笑う

別れの日は来た ラウスの村にも
君は出て行く 峠を越えて
忘れちゃいやだよ 気まぐれカラスさん
私を泣かすな 白いかもめを

2009090217420000

「心からご冥福をお祈りします。」

ブログランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします。<(_ _)>

2009年10月13日 (火)

ホッケの即席網を始める。

台風18号も無事通り過ぎ、昨日から漁を再開する。

数日前から台風接近を警戒して海にはオレをはじめ、殆どの漁師が海に網を刺して(投網)いないので数日水揚げがない(泣)

8

こうして漁に出るのを阻んだ台風だが悪いことばかりではなく良い影響も知床の海に残して去って行ったようだ。

この台風の影響により海は普段より数倍高いウネリが出たためここ最近低迷だったホッケとスケソが少しづつだが戻ってきたようだ。

これを逃すわけにはいかないので、まだ少し台風からの返し風とウネリが残る中、ホッケの即席網を始めることにした。

6

即席網というのは何かというと、簡単に言ってしまえば読んで字の如く、海に刺し込んだ網を時間をおかず数時間後に巻き上げてしまう即席で網を巻く漁法のことをいう。

この漁法は羅臼では主にホッケ漁で使われる。

10

ホッケの少ないうちは止め網という前日刺した網を次の日に巻き上げる漁法をとるのだが、海のウネリなどが高くなって魚に動きが出てきたら、一日に二度、同じ網を巻く即席という漁が始まる。

巻き上げる時間帯はというと、まずは前日海に差し込んだホッケ網を次の日の朝早く(AM 1:30~2:00頃)巻き上げる。

4

通常、ホッケ網を巻いた漁場に、船に積んできた次の新しい代わりの網を刺して、帰り翌日の朝早くにまた巻き上げる。

しかしこの即席という漁法では一日待たずに、差し込んでから数時間でそのホッケ網を巻き上げてしまう。

9

差し込んでから、巻き揚げるまでの時間はというと、それぞれの漁師(船長)の判断で違いはあるが、ほとんどが刺してから5時間~6時間後に巻き揚げられる。

ここにまた代わりの網を刺し、翌日朝AM 2時前後に巻き、さらに6時間前後時間をおき即席で巻き揚げる。

3

ホッケがいるうちはこのサイクルでホッケの漁を行う。

このほかにも、即席漁法は一日に網を二度巻くため魚を新鮮なうちに獲るという利点がある。

今は、こんな感じで秋漁を行って港に帰港するのが日課となりそう。

帰港中に寒くなってきたなと思いながら陸(おか)を見ると知床連山は真っ白な雪に覆われていた。

これからは日に日に寒くなることだろうなんて考えながら鼻水をすすり上げる(笑)

2009年9月19日 (土)

秋の空

昆布漁が終わったら毎日しっとい(すごい)天気いい。

2009082510050000

この天気が昆布漁最中にもっと続けば仕事も順調に行ったな~
昆布漁最中はガス模様で気温の低い日多かったもんで

2009080707160000

昆布採ってても寒い!

2009091014010000

そんなこと考えながら用事で港に向っていたら半島の先に虹

同じ知床半島なのに端のほうは雨のようだ

2009091014010002

細長い知床半島だからこんなのよくあること

用事がすんで帰る頃には日もすっかり落ちていた。

むこうもそろそろ雨降ってきたかな?

2009090217410000

着いてみると予想と反して天気は変わらず、雨は一度も降ってない。

細長い半島に細長い町の羅臼ではよくあること。

ブログランキングに参加しています。

よろしければポチっとお願いします<(_ _)>

2009年8月 6日 (木)

経験と体力?

昆布採りは、経験と体力勝負とおもっています。

経験のほうは、それなりに積んできたつもり。

問題は体力!のほう (@Д@;

まだまだハナタレの頃に親から受け継ぎ昆布漁をやりだして気がついたら十数年!

若手若手とおもっていたら、いつの間にか中堅より上になっている ( ̄Д ̄;;

昆布採り最中に周りを見渡せば キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

自分より10才以上若い昆布漁師がゴロゴロしている!

アイツらは、マシンのように6時間休まず昆布を採り続けている。

どう転がっても逆立ちしても体力勝負では敵わない (u_u。)

こうなったら手段は一つ!

変顔つくって他の昆布漁師を笑かそう `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

と、まあ~それは冗談です ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

とった手段は選んで質の良い昆布を少しでも多く採ろるということ。

経験の違い、と自分に言い聞かせガンバルことに ヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

それでもやっぱり4時間操業のときと違い6時間操業になってからは経験だけでは埋まらない壁がある。

それは年齢の差と体力の差? (。>0<。)

この他にも誤算はあった!(lll゚Д゚)

なんとアイツら若手も昆布を選び採り始めたヤバ Σ( ̄ロ ̄lll)

これは悪いことでもなく天然羅臼昆布全体の品質向上には欠かせない、むしろ良いこと。

でも、まだまだ負けるわけにはいかないから、さらに良い昆布を採らねば ( #` ¬´#)

こんなことなら昆布漁始まる前に筋トレやっとくべきだったかな~(笑)

2009年7月23日 (木)

一昨日、今日と二日出て計3回出漁!

[休漁] ブログ村キーワード

7月18日から始まった昆布漁だったが、いきなり19日~20日と2日日間天候不良で昆布採りが中止、21日になってやっと雨もあがり昆布漁再開!

しか~しこのあとも天候の移り変わりが激しく22日はまた雨と風波のため中止!

先の2日間の休みと中一日開けての計3回の休みはさすがに堪える、でも昆布漁の初日に腰を痛めたオレにとってはこれが不幸中の幸いとなってくれた。

他の昆布漁師には悪いがこの休漁中に痛めた腰も殆ど完治してくれ今日は腰をかばうことなく昆布を採ることができた。

2009071708030001

肝心な昆布だが、一昨日はまだ少し腰をかばいながらだったので、おもいっきり浅瀬で採ることにした。

この浅いところで体を慣らし今日の昆布漁を深いところで採る目論みを立てる(笑)

浅いといっても見当がつかないとおもうのでもう少し詳しくいうと、水深にして約50~80センチ程度。

2009072106560000_2

もっとも浅いところになると長靴でも濡らさないで歩けるようなところもある。

21日は、この浅い漁場で一番短い昆布採り竿を使い体慣らしをすることに。

2009070912130002

写真でもこの浅さがお解りでしょうか、本当に長靴でも隣の船に渡って歩けそうな深さに昆布が生息しているのです。

手でも掴めるほどで、これだけ浅いと船の座礁の心配しないとなんね~(笑)

2009072106570001

この判断が功を奏し体もだいぶ慣れてきたようなので今日は少し深い漁場へと移動する。

こちらは水深がいきなり前日の10倍以上で5メートル~7メートルあるところです。

休み明け2日間の海はどうだったかというと21日は休み中降った雨や波が海底をかき回すため沈殿物が浮き上がり海中は濁り昆布を見つけにくい状態。

これが理由で21日は水深50センチという超浅瀬での昆布漁をしていた。

ここまで浅瀬になると、どんなに海が濁っても大丈夫で昆布を見つけることが出来る。

どうしてかというと、昆布自体が濁った海水より上にでてしまってるから。

2009072106570002

こうなると、さすがの昆布も漁師から隠れる術がな~い(v^ー゜)ヤッタネ!!

しかし問題もないわけでもなく、昨日採ったこの浅瀬の昆布はすごく細い!

天然の羅臼昆布は頭から10センチ下がりのところの横幅で等級が決まる。

ここの幅があればある程等級もランクが上がるから。

これだけが等級を決めるものではなく確かに昆布の実入りや表面の美しさも基準の一つだが、まずは昆布の横幅がないことには始まらない。

2009072018480000

いくら実入りが良かろうが、表面が美しかろうが横幅が規定に達しないものはそれだけ等級も下がる。

説明が長~くなってしまったが、これが理由で今日は多少濁りの心配もあったが、おもいきって深い漁場で昆布を採ることにしました。

心配しながら向かった水深の深い漁場だったが着いてガラス箱(水中を見る道具)で海底を覗いてみると濁りこそ完全には取れていないが昆布は採るのに支障がない程度で見えている!

今朝ここの漁場に着いたのが早いほうだったので、まだ着かない仲間や最初からここをあきらめ浅いところに向かっていた仲間にも携帯で昆布が見えてることを伝え漁開始。

2009072110100000

おもったとおり昆布は横幅もあり表面の肌も綺麗で上質なものだった
(v^ー゜)ヤッタネ!!

明日も出来ればこのまま海が濁らずここの昆布を採りたい、しかし世の中そんなに甘くないというか神様いじわるするのか今日の昆布漁終了間際のラスト30分はまたまた濁りだしてきていた。

このまま明日も濁りが取れないのかそれとも潮の流れか風の向きでも変わり海中の濁りをどこか遠くへ運んでくれるのか。

不安だけど泣いても笑っても結果は明日の昆布漁で出るのさ!

2009年7月16日 (木)

昆布漁やっぱり延びました。

予定通りなら今日は昆布漁初日となるはずだった。

今朝の天候はというと、それほど悪いというわけでもなかったがこの中止は昨日のうちに決まっていたこと。

2009070912160003

昨日はというと、前回の記事で書いた状況があのまま続いていました。

晴れたり雨降ったりラジバンダリでもう大変(笑

そんで昨日も雨!しかもけっこうな量の大雨Σ( ̄ロ ̄lll)

この上下二枚の写真くらい天気も良く海も澄んでいれば昆布採りには最高なんだけど。

2009070912110000

今は天候もだいぶ回復してはいるが、海のほうがまだどんよりとし濁り気味。

風も強くはないが東よりで止むことなく吹いている。

おそらくは今日出ても昆布が見えなかったので良い判断だったとおもう。

2009070615280001

海の状態がこれじゃ~今日の昆布採り中止も仕方ないこと。

仕切り直しで明日ガンバルべ~ ヽ(゚ω゚ )ノ おぅっ!

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。<(_ _)>

より以前の記事一覧

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ